Main | February 2004 »

「ねえどしたん?」

DSCF0037.JPG

| | Comments (8) | TrackBack (0)

家族でオカマバーに行った話

俺が東京に住み始めてすぐの頃に、山口に住んでいる家族が東京にやってきた。
父、母、妹の3人。息子の東京暮らしを一度見に来るということを言い訳に、東京見物をしようというのだ。

「東京のどこに行きたいの?」

と俺が聞くと、厳格な公務員の父は

「オカマバーに行くことと決めている」

と断言した。母はそんな父を見て微笑んでいる。
オカマバー?何か聞き間違えたかな、という俺をよそに家族4人で「夜のはとバスオカマバーツアー」に行くことになった。

俺は高校の頃から一人暮らしをしている、しばらくいない間に家族に何があったのだろう。そのとき感じた。

家族4人で極彩色のオカマバーでオカマのダンスショウを見学した。

俺がまだ家族と一緒に暮らしていたときは、土曜サスペンス劇場でエロイシーンが出るだけで気まずい思いをしたものだが。時は流れ、気づけば俺は家族4人でオカマのおっぱいを見ている。ああここは東京砂漠。

そんなことを考えているとSMショウのようなものが始まった。
女王様の格好をしたきれいなオカマが、ムチをもって観客席を練り歩く。

「あなたちょっと来なさい」

きょろきょろする俺。明らかに俺の方を見ているオカマ。
仕方なく俺は壇上に上がった。

舞台の上にはいすが用意されている、俺はそこに座らされた。
ちょうどその俺をいすにするようにオカマが俺の上に座る。

「おっぱいもみなさい。」

小声で俺にそっとささやく。家族はじっと見ている。
仕方ないのでとりあえず、もんだ。もう何がなんだかわからない、とにかくもんだ。

オカマは今度、俺と向かい合うように俺に座った。

「おしりを触りなさい。」

小声でオカマが再びささやく。家族はじっと見ている。
仕方ないのでとりあえず、さわった。もう何がなんだかわからない、とにかくさわった。

その後俺はムチで数回たたかれて、家族のもとに戻った。
妹はちょうどそのとき大学に入ったばかりくらい、19歳くらいだろうか微妙な年頃。
俺に何も言わない。こんな兄ですまない。

母が俺の方を見ながらうれしそうに言った。

「あんた得したねえ」

その後1500円だしてオカマと家族4人で写真を撮った。
その写真は今でも実家の玄関に大事そうに飾ってある。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おっぱいとアフリカ

学生の頃、アフリカについて勉強していた。
スワヒリ語という東アフリカの公用語を勉強して2年ほどの月日が流れたときのことだった。

あるケニアの新聞の人生相談を読んで、俺は今まで何を学んでいたんだとショックを受けたことがあった。

その時の記事の内容を記しておく。
詳細は覚えているわけではないが、大枠としては下記のとおり。
間違っているという方は指摘してください。

Question:

「いつも人生相談楽しみにしています、僕はケニアのキクユ人の23歳の学生です。
 いますごく悩んでいることがあるので相談します。
 実は先日、彼女といちゃいちゃしていたのですが、つい夢中になってしまいおっぱいに吸いついてしまいました。
 
 大人がおっぱいに吸いついたら呪いがかかって死ぬと言われて育ってきました。
 このまま僕は呪いにかかって死ぬのでしょうか。吸い付いたのは一度きりです、それ以降は吸いついていません。 教えていただけると幸いですではでは。」

Answer:

「いつも読んでくれてありがとう。彼女といちゃいちゃしたからといって、おっぱいに吸い付くのは頂けません。
 おっぱいは子供たちのものです。ただ呪いというのは今のケニアではあまりありませんので死ぬことはないと
 思います。くれぐれも今後は吸いついたりしないように」


アフリカの文化を結構知った気になっていた当時の俺は、自分が勉強していた文化は

「おっぱいに吸いつくと呪われて死ぬ」

という文化だったということ知りショックを受けた。
ちなみにその新聞記事は授業でみんなで読んで、クラスメートは20人程度 9割は女の子だった。
多分、俺のショックはやつらにはわからないだろう。

その日より、俺はスワヒリ語を仕事にすることをやめた。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

どうしてそうなったの?

DSCF0008.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ちょっと凛々しい感じ。

DSCF0010.JPG

| | Comments (3) | TrackBack (0)

祝1000アクセス。

今日、俺と文鳥がこのサイトを見ているとアクセスカウンターが1000を回っていた。
すごく嬉しい。見に来てくれた人、見に来させられた人すべての人に感謝、ありがとう。

文鳥と訳のわからない絵というこのサイトにこれほど人が集まるとは思わなかった。
とりあえず、文鳥と一緒に暮らしている間はなるべく更新するつもりである。

文鳥は相変わらず、かわいい。
俺は一緒に暮らしてまだ一月ほどだが、なかなかの相棒だ。
みんなも飼うことをお勧めする。

手間はあんまりかからず、小さく、何より人になつく。

このサイトの文鳥の写真を見ると、灰色と白のまだらになっていてなんとなく汚らしい。
これはまだ幼鳥だからであって、あと数ヶ月もすれば真っ白な白文鳥になるとのことだ。
そんな鳥の成長もこのサイトでは楽しめるだろう。

文鳥と一緒に育っていく、このサイトをこれからもよろしく。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

手の中で寝るなよ、、、でもかわいい。

DSCF0021.JPG

| | Comments (24) | TrackBack (0)

ピュアがくるんじゃないか。

俺と文鳥くらい、人生も枯れてくると女の子とつきあっていちゃいちゃするとかは別にどうでもよくなってくる。

常日ごろ、飲み会の席で俺が言っていることなのだが、「そろそろピュアがくるんじゃないだろうか」。
このインターネット社会の中で、当たりまえのようにエロ画像が散乱し、男達は普通のエロでは満足できなくなってきている。

これはあくまでも友達の話なのだが、エロ画像を検索しようとして気づいたら「北欧」とタイピングしていたという。もう何かが一周以上して、訳がわからなくなっている。

満足できなくなった男達がどこへ行くかといえば、それはピュアなのではないだろうか。

ピュア、ピュアって何言っているんだと考えられる方々もおられるだろうかここで詳しく説明しよう。
たとえば、ここで俺がもっともピュアで素敵だと考えるシチュエーションは

場所は田舎、河川敷の自転車道を学生服姿の男女が自転車に乗っている。
多分受験まじかの高校生だろう。
女の子は後ろの荷台に腰をかけるように座っている。
風が結構強い、温かい春の日。

女の子が何か叫ぶ。でも風のせいで聞こえない。
男の子が必死に自転車をこぎながら聞く。

「ねえ、何か言った?!」

女の子はちょっと照れくさそうに

「なんでもないよー!!」

二人はどこまでも走っていく。

と書いていて、恥ずかしくてしかたないのだが、このシチュエーション悪くないといという猛者たちが世の中にきっと多いことだろう。これだよ俺が目指しているのは。

2004年は「ピュア」でいこう。会社、学校ではやらせよう。

PS:すいませんちょっと酔ってます。飲みすぎないでねみんなも。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

Star from Super Mario

star.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tシャツ

000.jpg

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥 1月24日

DSCF0041.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺と文鳥とゲームについて

もうタイトルは覚えていないが、星新一のショートコントにこんなのがある。

ある会社の駄目サラリーマン達が、とある会社の命令でとあるマンションの一室にとじこめらる。
マンションから出てはいけないこと以外はなんでもできる。
最初はとまどった駄目サラリーマン達であったが、そのマンションにいたら何でもできることがわかると
状況は一変する。

フランス料理が食べたかったら、注文できるし。ギャンブルがしたかったらいくらでも自分が好きなだけ
馬券が買える。かわいい女の子と話をしたければ、電話一本でつれてきてくれる。
欲しいものは何でも会社のお金で手に入る、毎日湯水のようにお金を使う生活が繰り広げられる。

ところが半年もすると、サラリーマン達はそんな生活に飽きてくる。
世界中のあらゆる楽しみという楽しみを味わい尽くした彼らだが、そんな毎日に飽きてしまったのだ。

彼らは自分達が楽しめる新しいゲームを作ろうと考える。
遊びつくした彼らは、自分達が楽しめる今までにない画期的なゲームを考える。
最初はつたないバランスだったが、彼らがそのゲームで遊ぶたびに改良が加えられ、最終的にすばらしいゲームが完成する。

そこにきてそのゲームを会社が売り出して、大ヒットする。
サラリーマンを一流にするまでかかる資金より、自由に遊ばせておいて新しい遊びを作り出させてほうが全然もうかるというのがオチ。

ゲームっていうものは、日常になくても全然大丈夫なものだけどあると結構ハッピーだ。
最近のTVゲームは面白くないという話もあるが、ゲームがたくさん発売され市場が飽和し、ユーザーが飽きまくっている時こそ実は新たな面白ゲームが生まれているのではないだろうか。

なぜならクリエイターは常に新しいゲームがプレイしたくて仕方ないからだ。
飽和している市場の中でも、自分がユーザーとしてプレイした時、飽きないようなゲームを考えているのである。

俺はゲームに携わる仕事をしているのだが、毎日の文鳥と静かなる生活を送っている。
ここらで1億円くらい俺にあずけて、マンションに閉じ込めると素敵なゲームができるかもしれない。

| | Comments (71) | TrackBack (0)

文鳥VS俺

DSCF0020.JPG

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥とキーボード

最近、文鳥がキーボードが気に入って俺が文章を書くのを邪魔する。

一つ一つのキーを押すたびに、そのキーをつつく。

というわけで今日は文鳥に邪魔されて、あんまり書けないのだ。

明日は寒くなるらしいのでみんな気をつけて。

俺も文鳥をいつもおいている台所から移す予定だ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥 1/21

DSCF0004.JPG

| | Comments (6) | TrackBack (0)

俺と文鳥と恋人について

俺と文鳥の同期に4年間彼女がいない奴がいる。

大学3年の時に彼女と別れて、気づいたら社会人3年目の今にいたるとのこと。

4年は長い。
昔某宗教団体の広報担当が

「私は7年間、セックスしてません」

と言っていたが彼は修行でやっていたということもあり俺から言わせればナンセンス。
俺の同期は、あくまでも自然体、気づいたらホモじゃないけど彼女がいない状態が4年間。
ある意味、一つ上のレイヤーに達したと言ってもいいだろう。

平日は仕事し、休日はアニメやゲームで悠々自適に過ごしているという。
「彼女、欲しくないの?」
と聞くと
「いやあ欲しいねえ(照れたきしょい感じ)」
とのたまうので、別にまったく興味がなさそうな感じではない。

彼いわく職場環境的に、男ばかりが多く、特に積極的でもない場合、出会いがないから恋愛もありえないとの事。
彼とまったく同じ環境で、同じような仕事を俺もしてるので今後4年間だれともお付き合いまま30を迎えるということはない話ではない。
あのヤフーですら、出会い系サイトを運営する昨今、男女の出会いは無理してでも作らないとないのかもしれない。

先日
「お前、一生彼女できないかもよ」
と言われたので
「文鳥がいるから、大丈夫だ」
だと答えると。
「鳥はそんなに長生きしない」と即答された。

春はまだ大分先だ。
文鳥にやさしくしよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日の俺と文鳥1/20

DSCF0006.JPG

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥について

本当の男の中の男は常に鳥を飼っているものだと思う。

「なんでまた文鳥なんか飼うのか?」 「そんなに寂しいのか?」

「かわいそう」

「よっぽどもてないんだね。」

「文鳥かよ!?by サマーズ風」

などなどひどい言われようであるが、声を大にして再び言いたい

本当の男の中の男は常に鳥を飼っているものだと思う。

古くは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「鳴かぬなら****ホトトギス」
というような諺が今も残っているようにみんなホトトギスを飼っていた。
「殺してしまう」なのか「待つ」のか「鳴かせてみせる」のかそれは本人の問題なので問わないが
信長、秀吉、家康という漢(ここからこの字でおとこと読むぞ女子!!)のなかの漢が
ホトトギスという小鳥を飼っていたという事実には目が話せない。

そしてなんといっても宇宙一かっこいいとされている漢が鳥を飼っていることは俺の
意見を強力に裏付けている。

「トチロー」その人だ。

俺の敬愛する松本零二先生の作品「宇宙海賊キャプテンハーロック」を例にあげる。
その中の主人公「ハーロック」この漢もすこぶるかっこいい。
しかしこの漢をしてかっこいいと言わしめる漢それが「トチロー」だ。

「ハーロック」は「トチロー」が死んだ後、彼の魂の宿った宇宙船アルカディア号で冒険に出るのだが、その「トチロー」が形見として残したのが「トリ」と呼ばれる謎の怪鳥である。
「ハーロック」その鳥だけに、誰にも話せないような過去のつらい思い出などを話すのだ。

鳥とは己自身を映す鏡だと俺は考えている。
男はどんなにつらい事があっても、決して友達、ましてや女子などに相談してはならない。
そんなとき小鳥に相談するのだ。俺はいつもそうしている。

男子中学生、特に運動部は俺と同様小鳥を飼うべきだろう。
そうすれば、必ずもてる!!間違いない!!

PS:ここまで読んで何の話をしているか分からない女子は「男おいどん」を全巻一日で読むこと、以上。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

今日の俺と文鳥 1/20

DSCF0005.JPG

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺の誕生日

1月19日は俺の誕生日。
ついに26歳になった。
26歳の誕生日を友人と3人でイタリア料理を食べて過ごした。

話最近のグラビアアイドルはどの子がかわいいとか
あの漫画、あのアニメが楽しかった、どうやったら女の子にもてるか。
ただひたすらどうしようもないのだが、俺は満足。
底抜けに楽しい時間をすごした。

どうしたら女の子にもてるかという話では
「ヨガ教室に通う」「ダンス教室に通う」「女子大の学祭に行く」などのくだらなく陽気な意見がでた。
確かに「ヨガ教室」に通っている女性というのは、ちょっと都会に疲れた美人OLというイメージがある。
4時間かけて出た、もてるための結論なので是非参考にされたし。
ただしヨガ教室に行って、ダルシムみたいな女性ばかりであっても保障の限りではない。

26歳ってのは20代も折り返しだということだ。
周りの同じ歳の人間は、マンション買ったり、結婚したりし始めている。
俺はそれと逆境するように、文鳥との二人暮しをはじめた。

ちなみにユーミンも1月19日生まれなのだが、ユーミンはどんな誕生日を過ごしてんだろ。
最近、ユーミンの曲が身にしみるよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

テスト

00

| | Comments (5) | TrackBack (0)

落書き

orebunn01

| | Comments (4) | TrackBack (0)

免許を取るぞ。

2003年は怒涛と年だったと思う。

まず勤めていたゲーム会社が合併してなくなった。
そして3年間付き合っていた遠距離恋愛の彼女と別れた。
最後に、免許の更新を10ヶ月も忘れていて仮免許からの再スタートとなった。
バイクの免許も持っていたのだが、バイクはただの置き物と化した。

そんな意味で2003年は結構いろいろと困ったことが多かった年だった。
運が悪いという言葉では片付けられない何かがある。
その時は相当へこんだ。

2004年は「再生」の年だと俺は考えている。
俺は2004年を文鳥とともに再生の道を歩む。
このblogは東京での俺と文鳥の再生の日々の記録なのだ。

とりあえず、車に乗るのは久しぶりなので鮫洲の自動車教習所に行って
練習をしてくることになった。
練習代は90分 1万円。
高いが仕方ない。

しかし鮫洲って行ったことないなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

俺と文鳥との出会い

2003年のクリスマス前の土日に、渋谷の西武百貨店の最上階にあるペットショップに文鳥を飼いに行った。

大阪から引っ越してきてはや3年の月日が流れていた。
東京の冬は寒い、遠距離恋愛中の彼女ともなかなかうまくいかなくなっていた。

この寒い東京を生き抜くには、粋でいなせな相方が必要である、俺はそう判断した。

文鳥しかなかった。
ペットショップに「よくなついています。かわいいです」
という付箋が貼ったかごに一匹の文鳥がいた。

俺はその場で籠やヒーターや餌などすべてをそろえて家に連れて帰った。

文鳥の名前はなんとなく「ルー」、チャーリエンジェルズで一番かわいかったルーシーリューから名前をつけた。

こうして、俺と文鳥と東京での日々が始まったのだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Main | February 2004 »