« 今日の俺と文鳥 1/20 | Main | 今日の俺と文鳥1/20 »

俺と文鳥について

本当の男の中の男は常に鳥を飼っているものだと思う。

「なんでまた文鳥なんか飼うのか?」 「そんなに寂しいのか?」

「かわいそう」

「よっぽどもてないんだね。」

「文鳥かよ!?by サマーズ風」

などなどひどい言われようであるが、声を大にして再び言いたい

本当の男の中の男は常に鳥を飼っているものだと思う。

古くは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「鳴かぬなら****ホトトギス」
というような諺が今も残っているようにみんなホトトギスを飼っていた。
「殺してしまう」なのか「待つ」のか「鳴かせてみせる」のかそれは本人の問題なので問わないが
信長、秀吉、家康という漢(ここからこの字でおとこと読むぞ女子!!)のなかの漢が
ホトトギスという小鳥を飼っていたという事実には目が話せない。

そしてなんといっても宇宙一かっこいいとされている漢が鳥を飼っていることは俺の
意見を強力に裏付けている。

「トチロー」その人だ。

俺の敬愛する松本零二先生の作品「宇宙海賊キャプテンハーロック」を例にあげる。
その中の主人公「ハーロック」この漢もすこぶるかっこいい。
しかしこの漢をしてかっこいいと言わしめる漢それが「トチロー」だ。

「ハーロック」は「トチロー」が死んだ後、彼の魂の宿った宇宙船アルカディア号で冒険に出るのだが、その「トチロー」が形見として残したのが「トリ」と呼ばれる謎の怪鳥である。
「ハーロック」その鳥だけに、誰にも話せないような過去のつらい思い出などを話すのだ。

鳥とは己自身を映す鏡だと俺は考えている。
男はどんなにつらい事があっても、決して友達、ましてや女子などに相談してはならない。
そんなとき小鳥に相談するのだ。俺はいつもそうしている。

男子中学生、特に運動部は俺と同様小鳥を飼うべきだろう。
そうすれば、必ずもてる!!間違いない!!

PS:ここまで読んで何の話をしているか分からない女子は「男おいどん」を全巻一日で読むこと、以上。


|

« 今日の俺と文鳥 1/20 | Main | 今日の俺と文鳥1/20 »

★ 2:小鳥、文鳥、鳥好き必見!!」カテゴリの記事

Comments

You can use discussion groups and forums to convince visitors to stay logged in to your site for a longer time. Happy that the script is now working satisfactorily, I check my emails again - another 25 have arrived since I last looked, so I spend 45 minutes sorting them out. include organic SEO, Reciprocal and one way link building, web based content writing for online submissions, Blogging and the like.

Posted by: internet | 2014.06.29 at 08:42 PM

Now that the Verizon i - Phone has made its way onto the market, Verizon can look back and boast about some of its contract features that others do not have. However, if the cut is slightly bigger or it is a sidewall puncture, tire repair is not a practical solution and the flat tire needs to be replaced. "The whole purpose of this portion of the ordinance is to protect consumers from predatory towing - where the towing company driver decides which vehicle are parked illegally, etc.

Posted by: junk cars buyer | 2014.08.16 at 10:21 PM

Of course, breaking traffic rules isn't the only reason for getting towed or availing the services of a towing company. However, if the cut is slightly bigger or it is a sidewall puncture, tire repair is not a practical solution and the flat tire needs to be replaced. However, consumers should be responsible enough to check their engines and wheels before traveling.

Posted by: old cars cash | 2014.08.17 at 01:21 PM

By carrying out this you can slim down the cars and trucks you would like to bid on. Yes, it's a lot harder to find the cars, but that's part of the allure. If you are interested check out the Sustainability Series here at the Denver Classic Car Examiner where we review the sustainability as it relates to collector cars.

Posted by: Kennith | 2015.01.22 at 01:03 AM

The steel entire body of the auto is always worth one thing, even if it is getting scrapped. Yes, it's a lot harder to find the cars, but that's part of the allure. The thought of trying to sort through our stuff is so daunting, we just try to cope with drawers that won't close and closets you don't dare open.

Posted by: youtube.com | 2015.01.22 at 01:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/120274

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥について:

« 今日の俺と文鳥 1/20 | Main | 今日の俺と文鳥1/20 »