« January 2004 | Main | March 2004 »

2004-2-29

2004-2-29.jpg

ペットの缶詰
というサイトで紹介されました。感謝。

| | Comments (36) | TrackBack (0)

2004-2-28.jpg

もうすぐ春だなあ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥 2004-2-27

2004-2-27.jpg

「ええい、出さぬか!!、出せといっておる。」

| | Comments (10) | TrackBack (0)

ケニア伝説のゲーム「肉、肉、肉」

昔、俺がアフリカに行った時に教えてもらった遊びがある。それが「肉、肉、肉」という遊びである。「肉、肉、肉」という衝撃的な名前のゲームが過去あっただろうか、ちなみにスワヒリ語では「ニャマニャマニャマ」という名前である。スワヒリ語のほうがちょっとかわいい。

まず、ひき肉をハンバーグの大きさに丸める、それを通りすがりの女子高生に向かってぐるぐるどーんとぶつけるというのは嘘。

本当は、、、

まず集まるのは3人以上。
輪になれれば、何人でもかまわない。3人で輪になってジャンプする。そのときの叫び声が

「肉!!、肉!!、肉!!」

である。この叫び声からゲームの名前が来ている。基本、一人づつ「肉!!、肉!!、肉!!」と叫びながらジャンプするのだが、3回目の肉と叫ぶ時に、なんの動物の名前をあげてもいい。

その場合それが食べられる動物だったら、「肉!!」と叫びながら引き続きジャンプするのだ。もしも肉以外のものでつられて「肉!!」と叫びながらジャンプしてしまうと、「えええ、お前そんなもん食べるのかよ~」とからかわれるという遊びである。ためしにやってみると

「肉!!肉!!鳥!!」 「肉!!」ジャンプ  →これはOK
「肉!!肉!!へび!!」「肉!!」ジャンプ  →これは×

ところがケニア人とやっていると、文化的に微妙だったりする。

「肉!!肉!!うさぎ!!」 →ケニア人はうさぎを食べるのでこれはOK
「肉!!肉!!豚!!」   →これはイスラム教徒がいるとNO

あと、どんなゲテモノでも食べるというやつがいてもゲーム性は崩壊する。
最近は、鳥、豚も牛も微妙になってきたが、是非、明日の昼休みにでも会社でやっていただきたい。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

俺と文鳥と 2003-2-26

onna.jpg

元気でいます。

| | Comments (341) | TrackBack (0)

俺と文鳥と家族

俺と文鳥が高校2年も終わりの春、ちょうど今頃の季節の話。

学校から家に帰ると、母親が泣いている。それもすごいいきおいで大泣きしている。ただならぬ事態に俺は、あせった。母は普段泣く人ではない、それが涙をぼろぼろとこぼしながら泣いているのだ。瞬時に俺の頭の中には「離婚」「身内の不幸」「連帯保証人」3ワードが浮かんだ。すると母の横に立っていた妹が言った。

「お父さん単身赴任するんて、転勤が決まったけえ」※山口弁

母は泣き崩れながら

「お母さん、、、お父さんと離れて暮らしたくないっちゃ」※ラムちゃんではない

とりあえず最悪な事態ではなく、安心したが重い空気があたりにたちこめていた。泣くほどの事じゃねえだろとも思ったが、とてもそんな言葉言える雰囲気ではなかった。また引っ越す場所というのが、その時住んでいた場所から車でも1時間半~2時間はかかるという広島との県境に近い街で、そのことが母の悲しみに拍車をかけていた。

「一週間に3回は父さんに会いに行くけえ」

と晩飯の準備もせずに、時刻表を調べ始める母。
そんな時父が家に帰ってきた。

「大変だ、大変だ、引越しだ、引越しだ」

とおちゃらけながら、部屋に入ってきた。そのため更なる母の悲しみをかった。

俺はこのことがあるまで、父と母がこんなにも仲がよかったことを知らず、むしろ喧嘩ばかりしている印象があった。
夫婦というもんは、なんというか昔は恋人だった訳でやっぱり仲がいいものなんだろうきっと。

重苦しい空気の中、テレビのお笑い番組を見ていた父に俺は言った。

「俺が単身赴任するけえ、ええよ。」

「そうかあ、、、。」

父はテレビを見ながら、そう一言だけつぶやいた。

結局、春が来て高校3年の一年間俺はとある旅館に下宿し一人暮らしをすることになった。おかげで大学も落ちて浪人したが、今となってはいい思い出である。父はあの日以来やたら俺に優しい。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥と、、、2004-2-23

2004-2-23.jpg

最近は文鳥がカメラを怖がってあまり写真を撮らせてくれない。
多分、フラッシュの光だとか、シャッターの音だとかが怖いんだと思う。

家に来たときは、まだ足もしっかり立たず、ふらふらしていた。
俺はガラス細工を触るみたいに、この子を巣から出したのを覚えている。

今では足腰もしっかりしてき、部屋を飛び回る。
毛が生え変わっているためか、毛並みはあんまりよくない。
でも俺は元気でいてくれるだけで嬉しいよ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2004-2-22

2004-2-22.jpg

最近、俺が文鳥をかごに入れようとするととにかく逃げ回る。
そして騒ぎ立てる。

「どうして!!ねえどうして!!休日もちょっとしか遊んでくれない!!ひどい!!」

と言われている気がするが、気にしない。
この写真は逃げ回っている文鳥を撮った一枚。

それにしても必死に逃げ回っている割には、クールな顔だ。
当たり前か、文鳥だから。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

祝!!5000HIT!!

俺と文鳥がつづってきたこのWEBLOGも終に5000HIT達成!!
うれしい非常にうれしい。会社なんかで

「俺ブン!見たよWEBLOG!SMスナイパー俺も買ってた。」

などと言われると非常に嬉しい。その反面

「あのカウンター他のページ見るたんびにカウントされるね」

という鋭い指摘もあるが、いまさらカウンターを変えるのも面倒なのでこのままでいこうと思う。
過去ログを含めて、たくさんのページを見ていただきたい。

昨日、大学時代の先輩が中国からメールを送ってくれた。アルファベットで

「sabisii koto kaiteruna,oreha raou to betonamu to cyugoku no kokkyou hukin wo aruiteiru」

とのこと。なかなか会えない人達と連絡がとれるのはいいことである。
それにしても、中国の国境付近を一人で歩いている人に、寂しいと言われるというのはなかなかのものだ。

俺としてはまったくもって「寂しさ」を売りにするつもりはないのだが、文章や絵の端々に滲み出す何かがあるのだろう。東京も暖かくなってきたので、これからは明るい話題を提供していきたい。

PS:この文章を書いている時に、googleでSMスナイパーと検索してみた。なんと俺のBLOGが第二位!!google大丈夫なのだろうか、、、。


| | Comments (45) | TrackBack (0)

スターゲイザー

star01.jpg

昔、アフリカのケニアで夜行列車に乗ったことがある。
首都のナイロビから海沿いの町のモンバサまで、10数時間をかけてサバンナを列車は走る。
何もないサバンナでは、時々動物の目が暗闇で光る。しかしそれがライオンなのかヌーなのかは定かではない。
寝台車だったので、ベットにねっころがると窓の向こうに信じられないくらいの星空が俺を待っていた。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺とアヒル3兄弟

DSCF0097.JPG

俺はいつも風呂の温度が46度くらい。
自分自身をハードボイルドしていると言ってもいいだろう。

ところでそんなお風呂で俺を楽しませてくれるのがこいつらだ。
人生は浮き沈みがある、そのうち浮いてくればいいよとこいつらは教えてくれる。いつだって笑顔で。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

美大を受験しよう!!

随分も昔のことになるが、俺は芸術大学なるものを受験したことがある。

俺は高校3年の夏、学年で250人中、246番くらいの成績をとり、勉強をあきらめた。
もうこのまま勉強の道を歩んでもいいことない。
そう悟った俺は美大を受けるべくデッサンを2ヶ月くらい練習した。
もちろんそんな逃避行的な美大受験が受かるはずもない。
受けたところはすべて落ちた。

受験した学校の中の一つで京都市立芸術大学という大学を受けたのだが、その受験の事を今でも鮮明に覚えている。冬の寒い日で、京都は雪に覆われていた。

「配布したアルミ板で鳥と鳥かごを表現しなさい」

という試験で、俺はアルミ板を曲げたり、切ったりして、必死にかごらしきものを作っていた。
すると横の綺麗な女の子が開始10分もたっていないのに、もう完成した様子。
見ると、小さな立方体が三つ。鳥と鳥かごを表現するというのになぜゆえに立方体!?
と思っていると横に小さな字で

「この中に小鳥が三羽入っています」

と記されていた。
また

「A4の画用紙にサーカスを表現しなさい」

という問題で、俺は必死になってサーカスっぽい空中ブランコを抽象的にしたような絵を描いていた。
すると前の席の男が

A4の画用紙をどす黒い赤色で塗りつぶしている。

まるで彼の中のすべての悪を、画用紙に塗りつけているかのようだった。
これが、彼のサーカスなのか。
そんな風なことを考えながら、ふと横の席の綺麗な女の子を再び見ると

暗い木造校舎の教室の隅っこに、小さくうずくまる男が描かれていた。

俺の考える、サーカスとは大分違う。俺はとんでもなくレベルの高い大学を受けていると感じた。
2ヶ月ばかりデッサンを練習したところで、なんともならん領域だった。

禅問答の繰り返しのような試験だった。
彼らが合格したかは、定かではない。

俺は今でもあの日も模範解答はどんなだったかを考えることがある。
もちろん答えはでない。

| | Comments (12) | TrackBack (1)

sakana.jpg

実は先日タブレットを買った。
これを機に絵をちゃんと描こうと思うのだが、機能に俺はまだついていけない。
文鳥はやたらタブレットが気に入ったらしく、俺が絵を描いているとやたらつついてくる。
まだ慣れていないが、少ししたらよくなっていくだろう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥と家庭教師。

4歳の女の子の家庭教師のバイトをしたことがある。

その子の家は、27歳のお母さんと、2歳の弟、4歳の女の子の3人暮らし。旦那は専門学校に通うべく実家に帰っているという謎の家庭だった。27歳の団地妻との話はまた次の機会にとっておくとして、今日はその4歳の女の子について語る。

俺は小学校受験のための勉強を教えるために、その家に雇われた。所謂、「お受験」というやつである。
受験勉強を教えるといっても「ぞう」「うし」「ねこ」「カブトムシ」仲間はずれは誰でしょう?みたいな問題を教えるのだからすこぶる簡単だった。また27歳の団地妻が子育てに疲れていたため、単にベビーシッターが欲しかっただけで俺を雇ったところがあるらしくほとんど遊んでいた。

近くの公園で縄跳びを一緒にしたり、その子の大好きだったピカチューの絵を描いたり、バイト代は少なかったがなんとものんびりした日々が続いた。

「先生が来るの前の日から楽しみにしているんですよ」

27歳の団地妻が言うと、女の子は照れて団地妻後ろに隠れてこっちをみている。
俺は自分の子供を持つなら絶対に女の子だとそのとき思った。

ところが月日が流れ、俺がアフリカ短期留学に行くのと、その子の受験が迫っているというので家庭教師は終了することになった。バイトの最後の日、女の子の様子がおかしい。いつになくそわそわしている。団地妻が言う。

「先生来るの今日が最後だって言ってから、様子おかしいんですよ。」

3時のおやつを食べていると女の子が俺に冷蔵庫に貼っていたポケモンのシールを俺に持ってきた。

「先生、これを見て私を思い出してね。」

それにしてもませすぎている。今日OLでもそんな事言わない。
そんな事を思っていると団地妻が

「××ちゃん。そのシール一番大事にしてたやつやないの?ええの?」

「ええねん」と女の子。

団地妻に言わせると、女の子はずっと会えなくなるというのがよく分かっていないので、悲しいけれどそわそわするしかなく。なんとか自分の気持ちを伝えようとして、よく団地妻が見ていたドラマとかの別れのシーンを真似したのではないかとの事。

女の子は照れて、団地妻の影に再び隠れた。俺はポケモンシールを貰った時くらいから涙をこらえるのが必死だった。

2年前くらいに、年賀状が届いた。小学校でうさぎの飼育委員をしているとのこと。
元気に育って欲しい。
俺は子供に一番大事にされるゲームを作るべく、ゲーム会社へと入った。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と休日2

DSCF0094.JPG

昔の知り合いが、このページを見て
「大丈夫?元気なさそうだけど」と電話してくれた。
元気はないが、随分のこのサイトを訪れる人に助けられた。
ありがたい。

これからも一人、ホットドックプレスみたいなこのサイトをよろしく。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

「30歳まで彼女作りませんっ!!」宣言と武士道

隆慶一郎の時代小説「死ぬことと見つけたり」という時代小説、諸君は読んだことがあるだろうか。
この本は時代小説の読みやすい語り口で武士道とは何か、面白く描いた隆慶一郎の傑作だ。

「死ぬことと見つけたり」というのは武士道の真髄ともいえる精神である。武士は朝、起きる前に自分が戦って死ぬときのことをリアルに想像する。武士は主君にいつ呼び出されて、戦場に赴くか分からない身である。しかし、いつ死んでも平気な精神状態を保つことで、何があっても動じない強い精神を持つことができるのである。

俺と文鳥の「30歳まで彼女(彼氏もOK)つくりませんっ!!」宣言こそは、まさに現代社会を生きるうえでの武士道といえるであろう。

「いい人なんだけど、、、付き合うのはちょっと」

「お前のこと妹みたいに思ってるけど、付き合えねえよ」

などなどと一度でも言われた男女に実践してもらいたい。
年齢はいくつでもいいのだが、たとえば30歳まで恋人はいなくてもいいと考えた瞬間きっと世界が広がる。

どんな美男、美女と接してもどぎまぎすることもないだろう。

例えば俺と文鳥が明日、大好きなレニー・ゼルウィガーから告白されたとしよう。
今までの俺だったら、大喜びする反面、嫌われたらどうしようとか、英語苦手なんだよな。
などなどくだらないことで悩む。

ところが今の俺だったら。

「分かったレニーさん。俺ち来い。文鳥いるし」

とこんな感じだ。もともと30歳まで誰とも付き合う気がないわけで、棚ボタの金髪美人くらいにしか思わないだろう。


「なあ俺ブン、あの宣言って30歳まで彼女できなかった時の言い訳っしょ」

と俺に言ってくる失敬な連中もいるが、今後も「30歳まで彼女つくりませんっ!!」の精神を貫いていきたいものである。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥の祝日

DSCF0096.jpg

昨日、俺は朝まで会社の後輩と飲んでいたので文鳥とあまり遊んでやれなかった。
祝日の今日は遊んでやるよ。
すまん。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

羽を広げた文鳥

_049.jpg

羽を広げると、ちょっとかっこいい。
俺のうちに来た時は、まだ飛ぶのも苦手だったのだが。
最近すごく飛び回って困っているのだ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

ハート

ha-to.jpg

ここの所、周りで結婚したとか、結婚するだとか、そんな話をよく聞く。
みんな幸せになってくれ。

俺?俺と文鳥はここを守る。
いいか振り返らずに突っ走るんだ。
大丈夫、君らならできる。

俺と文鳥のことは気にするな。
まだここでやらなきゃいけないことがあるんだ。

またいつか会える日まで、友よ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺の考えるかっこよさとは。

俺と文鳥は今日も元気で暮らしているわけだが。
俺と文鳥が考える、かっこよさとは何かを考えてみたい。

俺の思うかっこいい人、ベストテン5をあげてみよう。

1、トヨエツさん

2、真田広之さん

3、TMネットワークさん

4、浅野忠信さん

5、田村正和さん

1~5位まで、俺が考えうる最高のかっこいい男たちが集まった。
俺は常に彼らみたいにかっこよくなりたいと考えて青春時代を過ごした、今この現状は惨憺たるものである。

努力はしたのだ。
TMネットワークさんにあこがれて、シンセやシーケンサーを買った。
トヨエツさんみたいにちょっとふちのあるメガネもかけてみた。ぼそぼそしゃべってみた。
真田広之さんのかっこよさを少しでも吸収しようと、六本木ヒルズにラストサムライを見に行った。
浅野忠信さんの映画は大体見ているし、田村正和さんの「古畑任三郎」が好きで黒いシャツをよく着ていた。

しかし何かがきっと足りなくて、いまここにいる。
もちろん彼らにいくら憧れたとしても、彼らみたいになれるわけもない。

それは分かっている、分かっているんだが、、、、

きっと俺は憧れ続けるしかないんだろう。

今、俺はトヨエツっぽい白いシャツと黒いズボンが欲しい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

女の子

onnanoko.jpg

誰かなぐさめてやってくれ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥 

_065.jpg

文鳥はキーボードの横のごちゃこちゃしたこの空間が大好きの様子。
どうしてなんだろうか。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

マグカップとパックマン

pacman.jpg

| | Comments (7) | TrackBack (0)

「30歳まで彼女はつくりませんっ!!」宣言

俺と文鳥は暮らしていると、時々猛烈に寂しくなってくることがある。
家に帰って扉を開けると、扉の音に俺が帰ったことに気づいた文鳥が

「かごから出して~!!一人ぼっちはもう嫌なの~!!」

という風に喚き散らしながら、かごの中で大騒ぎするのだが、そんな時俺は

「すまない、いつも遊んでやれなくて」

と常に痛切する。

俺が主婦で団地の3LDKのマンションに住んで、一日中家にいれば、こんな苦労を文鳥にさせることもなかった。

俺の家は今、東京中の寂しさが集まった、STAND ALONE COMPLEX(たぶん一人ぼっちの集まりという意味だと思う)と言ってもいいだろう。
寂しい男と寂しい文鳥が肩をひそめてひっそり暮らす、ああここは東京砂漠

そんな中、俺はたぶんもう二度と恋人なんかできないんじゃないかという恐怖に襲われている。
そこであえてこういう宣言をしたい。

「30歳まで彼女はつくりませんっ!!」

どうも今までの恋愛がうまくいかなかった理由に女性に優しくしすぎて、わがままモンスター化させてしまう、という傾向がある。こんなモンスター農場の牧場主になってしまった俺、次こそはサレブレットを生み出したいのだ。

そこで真剣に

「30歳まで彼女はつくりませんっ!!」

という宣言を高らかにする。
その間俺はすべての女性を邪険に扱うことにした。
すべての女性を今後「女子」と呼ぶ。会社で女子社員がしゃべってうるさかったとして
今までだと

「あの、、、ちょっと静かにしてもらえませんでしょうか、、、、、いや別に必要な話だったらいいんですけど。」

とまあ弱腰だった訳だが

「うっせーよそこの女子!!」

と2004年はこんな感じでいく。

最後に誤解がないように言っておくが
この宣言はよく女子諸君が彼氏と別れた後、飲み屋とかで

「私~最近、彼氏と別れちゃって・・・しばらく恋したくないな」

と目をうるうるさせて、じっと狙いの獲物を見るようなそういう戦略としての宣言ではない。
じゃあ何なんだと言う問いに対しては、今後答えていく予定だ。
今日の授業はここまで、男子中学生の運動部の連中は復習を忘れないこと。

PS:
俺と文鳥は今日も元気です。文鳥の羽は少しづつではあるが生え変わっている。
もうすぐ春だ。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥とアフリカ

_048.jpg

俺の好きな、文鳥とアフリカすべてが集まったブース。
仮面はケニアのお土産屋で3000円で買った。今考えると相当ぼられている。
確かケニアの軍人の月収が1万円くらいだったか。

謎の像はこれもケニアの首都ナイロビの露店で買った。
たぶん500円くらいだった。

風水的に玄関に緑があるといいからということで、ミリオンバンブーをおいたのだが。
おいてからすぐに彼女と別れた。

だからって俺はミリオンバンブーをむしったりしないよ。
こいつに罪はない。
次は期待しよう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

「逆転裁判3」が文鳥のお気に入り。

_059.jpg

とりあえず今、2章が終わったところ。
1つ1つの章が長く、複雑になっている気がする。
月並みだが前のやつのほうがよかった気がするが、3章、4章に期待。

このゲームをやっていると、やたら文鳥がよってきて俺が連打しているAボタンを一緒になってつつく。
何を考えているんだろうか、こいつは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「そんな悲しい目しないでください」BY 文鳥

01.JPG

| | Comments (10) | TrackBack (0)

トヨエツみたいになりたいです。

当初このサイトはおしゃれで、クールなライフスタイルを提示するために作られたのだが。

気づけば、2回連続SMの話。

どうして、いつもこうなるんだろうか。

このサイトを読んだ女の子が、このサイトの管理人はきっと素敵な人に違いないと思うようなサイトにしたかったのに。

こじゃれたBARとかを紹介していくつもりだったのに、気づいたらこんなことになってしまって。もう取り返しがつかない。

俺はいつだってトヨエツとか真田広之とかそんな感じでいたいのに

どうして、売れないお笑い芸人みたいなんだろうか。

今日は少し酔ってます。ごめんなさい。

俺と文鳥は今日も元気です。みんなも元気で。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

SMスナイパー

俺は中学生だったころ家にあった手錠でよく遊んでいた。
厳格な父は警察官であった。
古くなって、使わなくなった手錠を家で管理していたのだ。

その日俺は、当時はやっていた「あぶない刑事」の舘ひろしの真似事をするべくその手錠で遊んでいたのだが、その日は本当に自分の左手首に手錠をはめてしまった。
なんせ本物の手錠なのではずすことができない。

父が帰ってきたので鍵を貸してほしい旨を伝えた。
さんざん怒られたあげく鍵は警察署に置いてあるという。
仕方なしに一緒に警察署まで行く事となった。

手錠というものは手につけて初めてわかるのだが、非常に重く、そして冷たい。
そして一番ネックなのは目立つということだろう。
俺は犯罪者ばりに手にタオルを巻いて警察署の前の駐車場でじっと待っていた。

父は署内を駆け回って必死に探してくれたそうなのだが。
古い手錠なので鍵が見つからず、仕方なく鍵屋さんに行って開けてもらった。
鍵屋のおじさんも相当びっくりしていた。

事件がたって数週間たって、事件は思わぬ方向に展開していく。
学校から帰ると母が怒っている。

「あんたが手錠で遊んだから、母さん恥ずかしい思いをした。」

よくよく聞いてみると、どうも父が署内中を必死になって鍵を探しまわっていたのが曲がって伝わり

「母にかけた手錠が外れなくなくて必死になっていた」

「しかも息子のせいにしていた」

と署内でうわさになっていたとの事。
今になってやっとその恥ずかしさが分かる。
母さんあの時はごめん、俺は東京で文鳥と元気で暮らしています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »