« 俺といのししと山口と | Main | アップルシードについて »

ケニアに住もう。

このサイトをご覧になっている皆様は、ケニアでホームステイをしたことがあるだろうか。

俺はある。

ケニアの首都ナイロビから電車で2時間、その後バスで2時間、その後自転車で1時間、その後、道が土砂に流されていたので、自転車を押して30分の所にホームステイ先があった。場所はまさに秘境といった感じの趣。見たことのない植物が群生していた。そんな赤土の谷間にその村はあった。

大家族だったので、何人いたか忘れたが結構な人数の人たちが親切に私を出迎えてくれた。まず村の名所を案内してくれた。大ねずみが住んでいる滝、岩山、掘っ立て小屋みたいな教会などである。

日本から来た、若者を迎え入れるべくその日はご馳走が振舞われた。昼間家の周りにいた鶏を一匹絞めて、僕に振舞ってくれた。ちなみにケニアでは鶏肉が一番高価である。
鶏の肉とご飯をいためた食べ物、ウガリと呼ばれるとうもろこしの粉を練ったもの、鳥のスープなどなど。
彼らはおなか一杯食べさせないと、お客をもてなしたこととならないと考えていて、たらふく食べさせられた。

その日の晩は、脱穀機のある小屋にベットらしきものを設けてもらいそこで寝た。
夜中に部屋の中でがさがさ音がするので、目を覚ますと晩御飯で食べた鶏の同僚達が恨めしそうに寝ていた。もともと彼らの寝床だったのだ。

ごめんねお前達、おいしかったよ。と心でつぶやきながら寝た。

ちなみに朝目を覚ますと、30cmくらいのトカゲが天井に3匹も張り付いていた。

|

« 俺といのししと山口と | Main | アップルシードについて »

★ 5:アフリカについて」カテゴリの記事

Comments

うわ、いいなあー。
私の女友達にもケニアやらタンザニアを2年ほど放浪してたのがいます。
マラリアやらリーシュマニアやらに罹ったそうなんだけど、
それでもとてもうらやましく思います。
若いうちにいろいろ経験するってすごくステキなことですよね。(遠い目)

Posted by: 黒陣馬 | 2004.04.19 at 06:26 PM

黒陣馬さんこんばんわ。俺ブンです。

ケニアには結構長い間行っていたので、まだまだ語りつくせない事が多いです。
写真も本当は出したいのだけど、うちにはスキャナーがないので、、、、

私は全く病気にはかからなかったのですが、アメーバー赤痢や
マラリアなどにかかる人は結構いました。

ケニアに行くには黄熱病の予防接種を受けなければならないのですが、そのとき初めて野口英世は偉いなと思いました。

Posted by: 俺ブン | 2004.04.19 at 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/457242

Listed below are links to weblogs that reference ケニアに住もう。:

« 俺といのししと山口と | Main | アップルシードについて »