« April 2004 | Main | June 2004 »

文鳥

2004-5-26.jpg

| | Comments (11) | TrackBack (0)

俺とバイクの出会い

俺が運転免許の更新を忘れて、失効してから大分経つが先日やっと車の免許は取り戻した。
次はいよいよバイクの免許である。

俺が乗っているバイクについてなどは、そのうち本格的に紹介するとして今日は俺が始めてバイクに乗った時の話。


俺がバイクにはじめて乗ったのは


幼稚園の年長の松組の時だった。


母は幼稚園の送り迎えの際にバイクを使用していたのだ。


スクーターとかそんな気軽なもんじゃない。


知る人ぞ知る名バイク。






SUZUKIのカタナだ!!






画像を見ていただければ、わかると思うがとても幼稚園生が乗るバイクではない。
後ろの座席がかなり高い位置にあり、下り坂など相当きつかった。


母は元婦人自衛官通信兵だったらしく、なかなか若いころは行動的だったのだろう。

今思うとずいぶんとカッコイイ。

しかし、やはり母も人の子、シートが高い位置にあるため俺を乗せたまま立ちコケを繰り返し。バイク通園はすぐに廃止となった。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺とハチミツとクローバーと


hachikuro5-25.gif


俺の大好きな人気コミック「ハチミツとクローバー」の6巻を買った。

以前このblogで紹介したのだが、「ハチミツとクローバー」は俺が今お勧めのベスト切ない系コンテンツ
の一つである。

青春の甘酸っぱさに飢えている都会の狼達にお勧めしたい。


ここからは6巻を読んだハチクロファンに向けて


こういう展開なのかと、俺は山田さんが5巻までは大好きだったのだがやや遠い存在になってしまった。
この先どうなることやら。かわいいんだけど、本当に近くにいたらまず付き合わないタイプだと感じた。
まあ余計なお世話なのだが。

竹本の話は読んでいるこっちが、恥ずかしく、さらに応援したくなった。

俺も近いうちに彼を真似て、「自分探しの旅」に出るつもりである。
文章でタイプするだけで、甘酸っぱい。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

女の子

kore.jpg

先日、向ヶ丘遊園というところにある、岡本太郎美術館に行った。いやあ迫力ありました、元気もらいました。お勧めです。
以前、常連のmasamiさんが教えてくれた、表参道のアトリエにも行きたいなあ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

俺と文鳥との出会い2

2004-5-22.jpg

俺と文鳥との出会いは、「俺と文鳥との出会い」という第一回目のエッセイに記載させてもらった。

実はその前から小鳥が欲しくて、何度も西武百貨店に通っていた。鳥といえば、みんな同じと思われる方も多いと思われるだろう。しかし本当にかわいい子というのはなかなかいないものだ。


本当は雛から育てるのが一番いい。しかし挿しエサを一日に何度もあげねばならない。そのため社会人で独身男やもめの俺ともなるとなかなかそんな時間が取れない。

ちなみに挿しエサとはよく親鳥が巣の子供達に直接口移しでエサをやっているあれである。

もちろん人間は口移しではなく、注射器の太いやつみたいなのでやる。


そこで俺は、ある程度育っていて挿しエサの必要がなく、気立てがよくてかわいい子を探していたのだ。出会いは少ない、大抵は雛の時点売れてしまう。残ったとしてもちょっと元気がなかったりする。


ある日行くと、まさに俺が考えていた条件ぴったりの子が見つかった。店員も一押し、手のひらにのけってくれても逃げようとしない。


「こんないい子はなかなかいないよ」


ここだけ聞くと歌舞伎町の呼び込みのようだ。


「1時間、考えさせてください」


俺は答えた。ここだけ聞くと、人の命が懸かっているような発言だ。文鳥を飼うか、飼わないか、そのジャッジに迷った。俺は1時間、百貨店の中をうろうろした。

ひとつの生命の責任を担うというのは大変な事だ。俺は文鳥一匹でもこれだけ悩む男なのだ。1時間後、悩みに悩み抜いて覚悟を決めた。

お金も下ろしてきた。

そしてそのペットショップに向かう、あの子がいない。探したがいない。すると目の前に、色眼鏡をかけて40歳くらいの金持ちそうなおばさん。


野村監督の嫁さんを想像して欲しい。


が手に小さな箱を持っている。

「あっ」

俺はすべてを察した。耳元にドナドナの曲が流れていた。


「俺ブンさんすいません、今売れちゃったんですよ」


店員が遠くで何か言っている。失意のどん底で俺は西武百貨店を後にした。あのおばさんはきっと文鳥を何十匹って飼っていてその一匹に違いない。俺は一匹目だから、もっと大事に飼ってあげれるのに。怖い顔をしていたから、ひどい目にあってなければいいけど。

なんてぐずぐず考えていた。


そしてしばらくたって忘れた頃に、うちの文鳥「ルー」に会った。鳥にせよ、人にせよ出会いは大事に生きていこう。でないと目の前で連れ去られてしまうから。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

俺と文鳥の朝

2004-5-20.jpg


土曜日に1時間かけて、過去4ヶ月間のカテゴリーをすべて修正した。

是非、カテゴリー別に過去記事を見ていただきたい。


特に、「小鳥 鳥好き必見」のカテゴリーは、過去の文鳥の記事が一覧になっている。

そのため、いかに文鳥が成長してきたかが分かる。


今、見直してみると一緒に住み始めたころは毛が生え変わっていく途中のため非常にかわいくない。
しかし、そんなかわいくないところも俺としてはかわいい。

よくここまで育ってくれた。


最近は朝明るくなるのが早いので、文鳥は朝、太陽とともに起きてカゴから出せと大騒ぎする。

仕方なくカゴからだすのだが、俺はまだ眠いため布団でうつ伏せになる。

そこに文鳥が飛んできて俺の頭を突っつきまわす。


「ねえ朝だよ起きろよ、遊んでよ」


という感じだろうか。俺も本当に寝てしまって、文鳥をつぶしてはいけないので仕方なく起きる。

そして睡眠不足になる。そんな毎日だ。


PS:最近になって、「俺ブンさん本当に文鳥飼ってたんですね、全部嘘だと思ってました」といわれた。

全部、嘘というのもそれはそれで面白い。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺とアフリカフェスタ

2004-5-18.jpg

先日、日比谷公園で行われた「アフリカフェスタ2004」に行った。

当日は雨が振ったりやんだり、実はそれほど楽しみにしていなかった。
どうせ、たいしたことないんだろう。本当のアフリカに比べたら日比谷公園なんて小さなものだ。
なんて事を思ってた。

間違っていた。

アフリカフェスタに行って、スワヒリ語でたわいもない話をすると4年間学んださまざまな知識の渦があふれ出し俺を襲った。すっかり忘れていたスワヒリ語も思い出した。そのとき日比谷公園はまさにアフリカだったのだ。響くJEMBE(アフリカの太鼓)のビート、ビビットなカラーのカンガ(アフリカ人がよく巻いている布)。そうすべての人類はアフリカで生まれたのだ、俺は帰ってきた。

そんな事を思いながら異様なテンションで2,500円も出して買ったアフリカの絵がこれだ。
多分、ケニアのpepoかshatani(妖怪とかおばけ)を描いたものだと思われるが、明らかに変な顔をしている。
どうして俺はこんなものを買ってしまったのか、、、

きっとアフリカの妖怪が俺にそうさせたのだ、まだまだアフリカは深い。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺とアフリカフェスタ

2004-5-18-2.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺とBIG FISH

2004-5-17.jpg

俺は今日、有楽町の映画館で「BIG FISH」を見た。
ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「シザーハンズ」のティムバートンの新作だ、面白くないはずがない。

期待に胸膨らませ見に行った、、、いい映画だった。

この映画のキャッチコピーが「いい人生だったね」というものだったと思うが、この映画を見終わった感想は

「いい映画だったね」

それにつきる。

スティーブ・ブシェミがいい感じで名脇役を演じている。この人はいろいろな映画でいつもおいしい役だな。

PS:ちなみに写真は近所の空です。朝起きたらきれいだったので撮りました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺とバオバブの木

baobau.jpg

バオバブの木といえば、星の王子様で有名だ。アフリカでは結構あちこちに生えている。
俺はバオバブを見るたんびに、いいなあと思っていたのだが現地の人は何それといった感じだった。

アフリカのあちこちでバオバブの木を見たが、一番すごいバオバブ木はマダガスカル島に生えているらしい。
バオバブの木の並木道があるとのこと、一度見に行きたい。

なんてバオバブの思い出に浸っていると、バオバブが売っているのを楽天で発見。
日本のあちこちに植えて、バオバブだらけにすると面白そうだ。

アフリカ バオバブ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と子供の頃の話

俺が4歳くらいの頃だろうか、妹はちょうど1歳。

よく寝る前に母は俺達に絵本を読んでくれた。しかしいかんせん絵本は家にそう何冊もない、そこでいつも母は俺達のお気に入りの話をしてくれた。

話のあらすじはいつも一緒なのだが、俺はその話が大好きで何度も聞いた。この話が母のオリジナルなのか、それともどこかの絵本の引用なのかは定かではない。今度、あったら聞いてみるつもりだが多分忘れているだろう。話の内容としては以下のとおり。


俺と妹と母が山のそばの小さな小屋に住んでいる。父の姿はない。小さい小屋ながら、3人で幸せに暮らしているのだが、母が病気になってしまう。

そこで、俺と妹は裏の山に朝鮮人参を取りに行く。山はなかなか険しい、森をくぐり抜けて進んでいくと木こりが仕掛けた罠に猫がかかっている。俺と妹は猫を助けてさらに進む。

どんどん先に進んでいくと、朝鮮人参の生えている場所を見つけていよいよこれから山を降りるということになる。

ただあっという間に日は沈み、夜になってしまう。俺も妹もおなかが空いてきて動けなくなる。じっと二人で座っていると、前の藪がザワザワと動く、、、なんとそこには巨大なトラが立っていたのだ。

俺は妹をかばうが、いかんせんトラがでかい。もうだめだ!!と思った瞬間、トラがしゃべりだす。

「私の子供が木こりの罠にかかっているのを助けてくれてありがとう、お詫びにふもとまでお送りします。」

ふとトラの横を見ると、先ほど助けた猫がいる。猫だと思っていたら、実はトラの子だったのだ。
俺と妹はトラのお母さんの背中に乗ってふもとまで一気に戻り、朝鮮人参を母にせんじて飲ませると、母は元気になり、また3人で幸せに暮らしましたとさ ちゃんちゃん  という話。


何故、家の裏にトラがいるのか、何故、朝鮮人参なのか謎がいまだに多い。しかし母が創った話にしては、よくできていると思う。見せ場、とオチにいたるまでの前半の複線もきちんとはられている。

母が俺達に話をする時は、父が仕事で帰らない時が多く、そんな時は家に3人しかいない。
そんなお話と同じ状態が、俺と妹の父のいない不安を刺激し、お話のいいスパイスになるのだ。


母の日は、、先週だったか、電話しただけで何もあげなかったすまん。


| | Comments (11) | TrackBack (0)

俺と文鳥と海の向こう

2004-5-12.jpg

祖父が昔、シベリアに抑留されていた時に盲腸になり、サーベルで腹を切って手術したと語っていた。
しかし俺が高校生のときに、戦後に病院できちんと手術したという事実が発覚。
極寒の地で、サーベルで手術されるという祖父を想像していた俺はがっかりした。

この写真は山口の端っこにある巨大な橋の写真。

この橋を渡った、島の向こうには朝鮮半島があるはずだが。さすがに見えない。

昔、バルチック艦隊に日本が勝ったときに海の向こうに煙が見えたと祖父が言っていたがどうも眉唾くさい。

しかし海の向こうにロマンを求める気持ちは俺も祖父も同じ。実家に帰ったらよく行く場所のひとつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女の子

onnna5-18-2.jpg

まあ別に、特にどうしたという絵ではないのだが。
皆さん、元気で。もうすぐ夏です。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Amazon恐るべし、、、

2004-5-11.jpg

最近、アマゾンの広告を置いてみることにした。俺はお金には全く頓着しない、仙人みたいな人間。今日も家の帰り道、公園のホームレスの寝床のそばにこっそり、小銭を置いてくるほどの男。そんな俺が周囲から、

「俺ブンもついに、金もうけに走ったか、、、。」

「俺ブンも所詮人の子、、。」

と言われる毎日だが気にしない。お金が儲かったら、文鳥のゲージとアフリカ募金にあてる。

興味本位ではじめた、アマゾンのバナーなのだがこれが意外と曲者。今、タイトル下のアマゾンのバナーは「文鳥」というキーワードを含んだ本を勝手に検索して宣伝している。これが曲者なのだ。誰よりもまず、ここに表示されている本を俺が欲しくなるからだ。

恐らく、これはアマゾンの罠。小金が儲かるという誘惑をちらつかせ、真の姿はサイト運営者に甘い誘惑をちらつかせる毒婦!!文鳥好きの俺が、文鳥の本が欲しくないわけないじゃないか。

面白いのでバナーはしばらく続ける予定、ちょっとサイトが重くなったけど我慢してください。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

インドネシアについて

今日はインドネシアからの留学生に会った。

もともと妹がインドネシアにバックパック旅行をしたときの、お世話になった家族の一員だそうだ。
大阪で1年間、日本語を勉強してその後、東京に越してきた。東京に来て、まだ3ヶ月とのこと。

東京に全く友達もおらず、寂しがっているとの話を受けて東京見物に連れて行くことにした。
代々木公園明治神宮皇居などを巡った。
代々木公園ではタイフードフェスティバルというのが催されていて、なかなか盛況だった。
タイの珍しい食べ物を二人でたくさん食べた。ミニドリアンとライチに似た謎の果物などは非常においしかった。

俺は語学好きなので、インドネシア語を彼からいろいろ学んだ。びっくりした事としては

・過去形がない

・動詞が活用しない

・名詞を重ねることで複数形

上記二つは俺が学んできた言語の中でもずいぶんと珍しい。これで会話がきちんと通じているところが面白い。
下記の二つの文章は文字的には全く同じだが、「東京へ行きました」「東京へ行きます」どちらとも取れる。

Saya pergi ke TOKYO(現在形)
Saya pergi ke TOKYO(過去系)

名詞を重ねることで複数形になるというのもずいぶんとかわいい。例えば

単数形  ねこ
複数形  ねこねこ

といった感じで、どの名詞も二つ重ねることで数が多いことを意味する。どこかかわいい。

ちなみに有名なナシゴレンのナシはお米、ゴレンは揚げるという意味だそうだ。

| | Comments (81) | TrackBack (1)

鳥についてちょっといい話。

俺は鳥というのは、おしどり夫婦というようにオスメス仲がよくいい感じだなと常々思っていた。

よく、村上龍さんのエッセイなんかで「強いオスが一匹いればいい」なんていうがそれは動物ごとにいろいろで、住んでいる地域や、周りの敵の多さなんかで随分と変わってくる。

皇帝ペンギンのオスとメスは、極寒のなか交代で、卵を温める。エサは卵を温めていない方が採りに行く。
もちろんエサを採りにいくというのは危険が伴う、途中で北極熊シャチの餌食となるペンギンも少なくない。
いつまで経っても、相方が戻らないペンギンはどうするか。戻ってくる相方を待ち続けて餓死してしまうのだ。
戻ってくると信じて待つというのが本能にインプットされているのだろう。確かに極寒の状況で、「あいつ本当にエサとか取りにいってんのかよ?遊んでるんじゃねえの?」なんて疑った瞬間に死が待っている。
相手をただひたすら信じることがペンギンにとっての生き抜くことなのだ。

人間も一対ペアを組んで生きていくのが、世界的な流れとしてあると思う。恐らくそれが一番効率がよいのだろう。
そいういう意味では鳥も人間も似ている。もちろんアフリカなどではちょっと事情が違うのだが、それはまた別の機会に。

ふと見たヤフーのニュースは俺をいい気持ちにさせた。鳥好きの諸君に是非見て欲しい。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

俺と文鳥 2004-5-8

2004-5-8.jpg

いつも昼間は仕事にでて家には、文鳥しかいない。
先日GW中に昼間長いこと家にいたのだが、ここまでも騒ぎまくっているものだとは思わなかった。

多分、俺がいないときも家で騒ぎまくっているのだろう。

カゴに入れているからかと思うとそうでもないようで、部屋に一匹きりにしていても喚き散らす。

家事をしながら文鳥を飼われている美人主婦の方や、リタイヤされて文鳥を20匹くらい飼われている社長さんなど、
いかがだろうか。皆様の家の文鳥も喚き散らしているだろうか。

もう一匹飼ったら、こいつも寂しがらないかなあと思ったGW。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

GWについて

GWは初日にフットサルをし、はしゃぎすぎて風邪をひいた。そのため家でじっとしていた。しかも筋肉痛がひどく動けなかった。

寒かったり、暑かったりで無理がきたんだろう。はなはだ無念。充実したGWとは程遠い。東京の片隅で丸くなっていた俺であった。

そんな中、ひたすら家でやっていたゲームがこれ

ピクミン2

小さいピクミン達がご主人様のために必死に戦い、そして死んでいく。とにかく、はまりすぎて気づいたら唇がカラカラになっていた。水分を取り忘れていたのである。

ゲームキューブは全く流行っていないが、ピクミン2のためだけにも買ってもいいんじゃないか。小さくてかわいいものは大好きだ。

PS:
小さくてかわいいものといえば。ペットショップでシマリスを触らしてもらった、めちゃめちゃかわいい。俺の手のひらでじっとしている。そのうち肩まで這い上がった。風の谷のナウシカに出てきたキツネリスそっくりだった。「怖がっていただけなんだよね」指をかむシマリスに俺はささやいた。ごめん文鳥、浮気だなこれは。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

岡本太郎さんの本

hukei.jpg

本当にここ最近なのだが、岡本太郎さんの本をある人から薦められてはまっている。
どれくらいはまっているかというと、ここ数日で岡本さんの本を5,000円分くらい買った。

俺の大学はちょうど大阪の箕面というところにあり、万博公園にあった「太陽の塔
が怪獣のように見えたのを覚えている。

岡本さんの本がいかにすばらしいかということは、この場で述べるには語りきれないので
やめておくが一度読んで欲しい。

ちなみに昨日買った岡本さんに関する本は下記の四冊。

今日の芸術
自分の中に毒を持て
岡本太郎が、いる
特集 岡本太郎

福本伸行さんの描かれた「」というマージャン漫画があって、最後の3巻くらいがアカギという最高にかっこいい男が自殺するのを止めるという話についやされているのだが、その中で描かれている生命観というのはひょっとすると岡本さんの本からインスピレーションを得ているのかなと思った。

いい本を薦めてくれる人は、いい人だ。また楽しみが増えた。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »