« 俺と文鳥と海の向こう | Main | 俺とバオバブの木 »

俺と子供の頃の話

俺が4歳くらいの頃だろうか、妹はちょうど1歳。

よく寝る前に母は俺達に絵本を読んでくれた。しかしいかんせん絵本は家にそう何冊もない、そこでいつも母は俺達のお気に入りの話をしてくれた。

話のあらすじはいつも一緒なのだが、俺はその話が大好きで何度も聞いた。この話が母のオリジナルなのか、それともどこかの絵本の引用なのかは定かではない。今度、あったら聞いてみるつもりだが多分忘れているだろう。話の内容としては以下のとおり。


俺と妹と母が山のそばの小さな小屋に住んでいる。父の姿はない。小さい小屋ながら、3人で幸せに暮らしているのだが、母が病気になってしまう。

そこで、俺と妹は裏の山に朝鮮人参を取りに行く。山はなかなか険しい、森をくぐり抜けて進んでいくと木こりが仕掛けた罠に猫がかかっている。俺と妹は猫を助けてさらに進む。

どんどん先に進んでいくと、朝鮮人参の生えている場所を見つけていよいよこれから山を降りるということになる。

ただあっという間に日は沈み、夜になってしまう。俺も妹もおなかが空いてきて動けなくなる。じっと二人で座っていると、前の藪がザワザワと動く、、、なんとそこには巨大なトラが立っていたのだ。

俺は妹をかばうが、いかんせんトラがでかい。もうだめだ!!と思った瞬間、トラがしゃべりだす。

「私の子供が木こりの罠にかかっているのを助けてくれてありがとう、お詫びにふもとまでお送りします。」

ふとトラの横を見ると、先ほど助けた猫がいる。猫だと思っていたら、実はトラの子だったのだ。
俺と妹はトラのお母さんの背中に乗ってふもとまで一気に戻り、朝鮮人参を母にせんじて飲ませると、母は元気になり、また3人で幸せに暮らしましたとさ ちゃんちゃん  という話。


何故、家の裏にトラがいるのか、何故、朝鮮人参なのか謎がいまだに多い。しかし母が創った話にしては、よくできていると思う。見せ場、とオチにいたるまでの前半の複線もきちんとはられている。

母が俺達に話をする時は、父が仕事で帰らない時が多く、そんな時は家に3人しかいない。
そんなお話と同じ状態が、俺と妹の父のいない不安を刺激し、お話のいいスパイスになるのだ。


母の日は、、先週だったか、電話しただけで何もあげなかったすまん。


|

« 俺と文鳥と海の向こう | Main | 俺とバオバブの木 »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

このハナシに似た話、私も絵本で読んだことがあります。
多分、韓国の童話というか昔話だったはず。
鶴ならぬ「虎の恩返し」みたいな話だったと思います。
(人参の記憶はないんだけど、絵はわりと鮮明に覚えています。)

Posted by: 黒陣馬 | 2004.05.14 at 11:41 AM

電話で声を聞かせてあげただけで十分親孝行ですよ。
いい息子さんだなぁ。文章から滲み出てます。

Posted by: ぶんぶん | 2004.05.14 at 03:29 PM

黒陣馬さんこんばんわ。

そうかあ、韓国の昔話だったのですね。
それで謎が解けました、朝鮮人参に虎ってどっちも韓国
ですもんね。

しかし、なんでうちのお袋は韓国の昔話なんかしてたんだろ。
うーん謎が深まるばかり。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.15 at 01:48 AM

ぶんぶんさん、こんばんわ。

私は高校の頃から、一人暮らしをしているので両親には
よく電話するんですよ。

いい息子かどうかは分かりませんが、母はよくこのサイトを見ています。それでよく怒られます。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.15 at 01:50 AM

俺ブン先輩のHPは面白いのでよくチェックしてますよ。
お久しぶりです。

あたしの母はあたしが大阪に出てきてから、うちの猫ミーコとエリちゃん(あたしの名前をひっくり返して)というタイトルでオリジナルのお話をFAXで送ってきた事があります。それに絵をつけてくれ、と。完成してません。
そのとき、姉が、「お母さんは結局、リエの方がかわいいんよ」という発言をしたので、母はもう一匹の猫が死んだ時、レオとチエちゃん(姉の名前を音読みに変えて)という新作を送ってきてました。うちには犬があと2匹健在なので、残り2人の兄達の分のお話は作られる下地がありそうです。

母親はかわいいひとですね。
あたしも母の日何もしてません。就職してあげるのが先決なのかもしれません。親孝行しましょう、お互いに。。。
ではでは。

Posted by: 俺ブン先輩の後輩 | 2004.05.20 at 07:00 PM

後輩さん、俺ブンです。

だめじゃないか、まだ就職してないんだな。お兄さんのところに行くとかいう話はどうなったのだ。

私が最後に話したときには、確かジャズシンガーになるとか言っていたよな。

長崎はいい街なのだから、時々帰ってあげなさい。

ではでは。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.21 at 12:53 AM

ジャズシンガーじゃないです。
シンガーソングライターです。
ちょっと本気なので茶化さないでください。
シナリオも書いてます。まだ絞れてないのが現状です。
今度ライブします。
この前自主映画とりました。まだ編集してません。

こんなんです。以上。

Posted by: 俺ブン先輩のかわいい後輩 | 2004.05.25 at 05:38 PM

俺ブンです。

こんばんわ。
シンガーソングライターという響きを久しぶりに
聞きました。

aiko、yaikoに続いてください。
がんばってね。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.26 at 01:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/591179

Listed below are links to weblogs that reference 俺と子供の頃の話:

« 俺と文鳥と海の向こう | Main | 俺とバオバブの木 »