« 俺と文鳥の朝 | Main | 女の子 »

俺と文鳥との出会い2

2004-5-22.jpg

俺と文鳥との出会いは、「俺と文鳥との出会い」という第一回目のエッセイに記載させてもらった。

実はその前から小鳥が欲しくて、何度も西武百貨店に通っていた。鳥といえば、みんな同じと思われる方も多いと思われるだろう。しかし本当にかわいい子というのはなかなかいないものだ。


本当は雛から育てるのが一番いい。しかし挿しエサを一日に何度もあげねばならない。そのため社会人で独身男やもめの俺ともなるとなかなかそんな時間が取れない。

ちなみに挿しエサとはよく親鳥が巣の子供達に直接口移しでエサをやっているあれである。

もちろん人間は口移しではなく、注射器の太いやつみたいなのでやる。


そこで俺は、ある程度育っていて挿しエサの必要がなく、気立てがよくてかわいい子を探していたのだ。出会いは少ない、大抵は雛の時点売れてしまう。残ったとしてもちょっと元気がなかったりする。


ある日行くと、まさに俺が考えていた条件ぴったりの子が見つかった。店員も一押し、手のひらにのけってくれても逃げようとしない。


「こんないい子はなかなかいないよ」


ここだけ聞くと歌舞伎町の呼び込みのようだ。


「1時間、考えさせてください」


俺は答えた。ここだけ聞くと、人の命が懸かっているような発言だ。文鳥を飼うか、飼わないか、そのジャッジに迷った。俺は1時間、百貨店の中をうろうろした。

ひとつの生命の責任を担うというのは大変な事だ。俺は文鳥一匹でもこれだけ悩む男なのだ。1時間後、悩みに悩み抜いて覚悟を決めた。

お金も下ろしてきた。

そしてそのペットショップに向かう、あの子がいない。探したがいない。すると目の前に、色眼鏡をかけて40歳くらいの金持ちそうなおばさん。


野村監督の嫁さんを想像して欲しい。


が手に小さな箱を持っている。

「あっ」

俺はすべてを察した。耳元にドナドナの曲が流れていた。


「俺ブンさんすいません、今売れちゃったんですよ」


店員が遠くで何か言っている。失意のどん底で俺は西武百貨店を後にした。あのおばさんはきっと文鳥を何十匹って飼っていてその一匹に違いない。俺は一匹目だから、もっと大事に飼ってあげれるのに。怖い顔をしていたから、ひどい目にあってなければいいけど。

なんてぐずぐず考えていた。


そしてしばらくたって忘れた頃に、うちの文鳥「ルー」に会った。鳥にせよ、人にせよ出会いは大事に生きていこう。でないと目の前で連れ去られてしまうから。


|

« 俺と文鳥の朝 | Main | 女の子 »

★ 2:小鳥、文鳥、鳥好き必見!!」カテゴリの記事

Comments

俺ブンさん、こんにちは。

笑わせていただきました(^^)
そして、私のリクエストに答えていただいて、下からの真正面ドアップ、ありがとうございます。
正面から見るとまた表情がかわって、かわいいですね。
そして、胸の羽毛がはえかわってふっくらと気持ち良さそう。
文鳥って、本当に色々な表情を見せてくれてかわいいですよね~。

>鳥にせよ、人にせよ出会いは大事に生きていこう。でないと目の前で連れ去られてしまうから。

うん、うん、人生の極意がつまっているようなお言葉です。

Posted by: ぶんぶん | 2004.05.23 at 03:14 PM

ぶんぶんさんこんばんわ。

下から撮るのはなかなか至難のわざですね。
しかも僕のデジカメはアホなので、窓際の明るいところ
じゃないときちんと撮れません。

お腹の毛をいつもふわふわさせているのですが
お腹はあまり触らせてくれません。

背中は触らせてくれます。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.23 at 07:28 PM

おなかっ。
まあるいっ。ああ~気持ちよさそう~。
このおなかによくキスしちゃうんです。
背中には頬ずり。
至福です。
ルーちゃんのおなかにも埋もれたい。

小さな箱の中のあの子にもチュ。

とてもいとおしい子に出会ってよかったですね。

Posted by: ゆきこ | 2004.05.23 at 08:48 PM

俺ブンさんこんにちは。

私は白文鳥と一緒に暮らして一年ちょっとなのですが、
読んでいて、出会ったときのことを思い出して
少しほろりとしてしまいました。
私も雛のケース前を1、2時間うろついた末、連れて帰りました。懐かしい・・・
本当に色々なものをくれますよね、文鳥。

今手の中で寝ちゃってるので、片手で打っています。
左手なのが救いです。ぬくいです。。

Posted by: ようか | 2004.05.23 at 09:43 PM

ゆきこさんこんばんわ。

ゆきこさんの家の子もだいぶん白くなってきましたね。
あとちょっとで立派な白文鳥です。

ほおずりしてしまいますね。
とても会社の人間には見せられない姿ですが。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.24 at 03:16 AM

ようかさん、こんばんわ。

はじめましてですよね。
俺ブンです。

やっぱり悩みますよね、初めて飼う時は。
私も相当悩みました。

あと手のひらでよく寝ます。
ここで寝るなよと思いながら、寝てる姿を見てしまいます。

ぬくいのはいいですよね。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.24 at 03:18 AM

はじめまして、こんばんは。
文鳥好きの者です。俺ブンさんのルーさんへの想いがあふれた文章を堪能させていただきました!うっとり。
うちには桜文鳥と白文鳥がいます。文鳥さんは、とってもかわいいですよね。
あと、文章冒頭の「俺と文鳥との出会い」のリンク先が見られないのですが・・・私だけなのでしょうか。ぜひ出会いのシーンを読みたいので、よろしくお願いします。

Posted by: toli | 2004.05.26 at 04:36 AM

toliさんこんばんわ、始めまして。

ページ見させてもらいました。
桜文鳥はかわいいですよね。昔、実家で飼ってました。
名前は「ブン」と「ナナ」です。

実は白文鳥は初めてです。

リンクは修正しときました。
ちなみに別に感動的なシーンではなく。
かなり今読むと哀しい感じです。

Posted by: 俺ブン | 2004.05.26 at 11:23 PM

With havin so much content and articles do you ever run into any problems of plagorism or copyright infringement? My site has a lot of unique content I've either written myself or outsourced but it looks like a lot of it is popping it up all over the internet without my agreement. Do you know any ways to help reduce content from being stolen? I'd certainly appreciate it.

Posted by: Mobogenie download | 2015.06.04 at 11:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/639854

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥との出会い2:

« 俺と文鳥の朝 | Main | 女の子 »