« 俺と文鳥と松浦亜弥と | Main | 俺と文鳥と 6-10 »

俺と文鳥と父と

俺はよくエッセイに家族のことを書くが、圧倒的に母のこと多い。
という訳で、今日は父ことを少し。

父は警察官で、パチンコとゴルフが好きな男。

はっきり言って、家ではぐてっとしている姿しか思い浮かばない。
しかも人の話はあんまり聞いておらず、映画は何かが爆発しないと見ない。
同じ話を何度もする。

世間にはどこにもいるだろう男。
もちろんいろいろな部分で父には感謝し、尊敬しているのだがそれはまた別に機会に。

父には謎は多く、正直どんなことを考えて生きているというような話もしたこともない。
人生の深遠を見つめているかもしれないが、何も考えてないようにも見える。

最初に父の底知れなさを感じたのはこんな事件があったからだ。

ある日、父が帰ってくると


「父さんが雑誌に載っちゃった!!」


とおどけながら帰ってきた。

雑誌といっても、山口県内の警察官にだけに配られる会社でいうところの社内報みたいなもの。

確かにかしこまった、顔の制服姿の父が載っている。

母は嬉しそうに


「よかったじゃん」
「給料上がらんかね」


とか言ってその場は終わり、昼ごはんのソーメンを家族4人で食べた。

その当時、小学生だった俺はあまり難しい文章は読めなかったのだが、写真の横に載ってた父が書いた
文章というのを読んでみた。

その文章は、おどけて帰ってきた父からは想像もできない内容だった。

タイトルは「今まで遭遇した、悲惨な交通事故」

子供心に恐ろしかったので覚えているのだが


「シートベルトをしていなかった二人が、フロントグラスから飛び出し工事中の鉄骨に突き刺さっていた」


「家族4人を乗せた車がトラックにぶつかり無茶無茶になり、子供死体だけがどこを探しても見つからなかった」


とかそんな話である。文章の最後は交通事故とは恐ろしいものだみたいなくくりだったと思う。

子供心に父とは多分仕事場の父と、家でのグーたら父は随分違うのではないかと予感した。

仕事場では数々の悲劇を見てき、極限のストレスの中で働いていた。
その反動で、家ではパチンコしたりグーたらしていたのだ。

自分が仕事をしだして、さらによく分かる。

俺は今、26歳。父は26歳の時には、母と結婚し俺がいた。

俺は、結婚といい、子供といい、なんだか面倒だなあお金かかるしという状況だが。
父や母にそんな気持ちが、少しでもあれば俺はいなかったわけだ。
それを考えると、父と母にありがたいなと思う。
俺も引きついでいきたいものだ。

昨年、実家に帰るとまた父が警察の雑誌に載っていた。
それは署内のスタッフページ。


・俺ブンの父

朝しゃべってる
昼しゃべってる
夜しゃべってる

よくしゃべる人です。


家では本当に無口な人なのだが、やはり父は底知れない。

|

« 俺と文鳥と松浦亜弥と | Main | 俺と文鳥と 6-10 »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

俺ブンさんのご両親ネタはとっても好きです、私。
面白くてステキなご両親ですよね。
黒陣馬は若い頃に父を亡くしたので、ファザコン気味。w
お父さんお母さんを大切にネ♪


Posted by: 黒陣馬 | 2004.06.09 at 11:01 PM

黒陣馬さんこんばんわ。

俺ブンです。
両親とは高校のときから離れて暮らしていますが
思い出が多いです。

父はよくこのページを見るらしく、先日は「WEBカメラとかいうのでテレビ電話がしたい」と言ってました。

しかしまだダイヤル回線です。

Posted by: 俺ブン | 2004.06.10 at 02:26 AM

何度もごめんなさい。
TBさせていただきました。

Posted by: 黒陣馬 | 2004.06.10 at 03:48 PM

こんばんわ。

俺ブンです。
TBありがとうございます。
事故がらみということですよね。
私は車にほとんど乗らないからなあ。

Posted by: 俺ブン | 2004.06.12 at 12:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/736717

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と父と:

» チャイルドシートの着用率_| ̄|○ [Walking along the river]
チャイルドシートしてないって、アンタ、アフォでつか?  子供死んでもいいんでつか [Read More]

Tracked on 2004.06.10 at 03:41 PM

« 俺と文鳥と松浦亜弥と | Main | 俺と文鳥と 6-10 »