« February 22, 2004 - February 28, 2004 | Main | March 7, 2004 - March 13, 2004 »

俺と文鳥と、、、2004-3-4

2004-3-4.jpg

以前から、文鳥をかごに入れようとするとはげしく抵抗していたが、、最近今までにもましてその抵抗が激しさを増している。

もちろん俺も文鳥がかわいそうなので、優しく手で包みこんでかごまで運ぶ。
しかし文鳥はその手の中で羽ばたきまくる。

最近ではしばしば手から逃れ、部屋を飛び回って自分の好きなキーボードの横に逃げる。。

かごから出ても、キーボードの前でじっとしているか、俺の手の中でじっとしているだけ。
まったく狭い世界で暮らしているのだが、、、。
やはりかごの中よりかは幾分いいらしい。

抵抗する際の羽ばたきの力強さが、成長の証なのだろう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

最近買った本。

俺と文鳥は本が大好きだ。
よく読む。

俺が部屋に仰向けになって、いつもの姿勢で本を読んでいる。
するとどこからともなく、文鳥が飛んできて、俺が読んでいる本をかじる。というのがいつもの幸せな家での過ごし方だ。カフェオレがあればなお良し。

ところで今月は本を大人買いしてみようということで、10000円以上いっきに本を買ってみた。
ここ1~2週間で俺の買った本のリストを上げてみよう。
ちなみにまだ半分くらいしか読んでいない。

・「ナウシカの新聞広告って見たことありますか?」

→スタジオジブリの新聞広告がいかに考えられて作られているかという本。
 さりげない新聞広告だが、恐ろしいほどのマーケティングと、打ち合わせによって
 構図やキャッチコピーが決められている。作品がいいってところだけにあぐらはかいていない様子。

・「グミ・チョコレート・パイン パイン編」 大槻ケンジ著

→大槻ケンジの本は大体読んでるくらい好き。エッセイから小説まで、面白い。
 この本はグミ・チョコレート・パインの最終巻。とにかく切ないんだいままでのやつは。
 今回も期待大。
  
・赤塚不二夫 1000ページ

→天才バカボンを全巻そろえようかと本気で思っているが、なかなか古本屋に売っていない。
 そこでとりあえずあったこれを買うことにした。
 赤塚不二夫はやはり天才。バカボン以外の読みきり爆笑漫画が盛りだくさん。

・プライドの怪人 百瀬博教著

→百瀬博教さんのことは「フリー&イージー」という雑誌で知った。親分肌の怪しいおじさん。
 なかなかかっこいい。しかしまだ読んでません。

ササメケ 1~4巻 ゴツボ×リュウジ

→なんとなく本屋でお勧めで、絵がかわいいので買った漫画。
 俺の大好きな青春切ない系話。 

プラネテス 4巻

→SF宇宙漫画で今一番おもしろい。
 とりあえず3巻までは読んでいる。新刊だったので買いました。

・ベストセラー本ゲーム化会議

→ゲームクリエイターが本をゲーム化したらどうかとずっと話している本。
 本をゲーム化するというだけで一冊作った切り口がおもしろい。

・スプーン 超能力者の日常と憂鬱
→今日買ったのでまったく読んでない。
 超能力者の日常をノンフィクションで描いているという本。
 超能力はあるか、ないかという本だらけのなか、これは面白そうだ。

| | Comments (12) | TrackBack (1)

俺と文鳥と、、、2004-3-1

2004-3-1.jpg

俺が文鳥と暮らし始めて初日、かなり寒い日で寒さで死んでしまうんではないかと不安で仕方なかった。
なんせ小さくてふわふわしてたから、ちょっとしたことでコロッと逝ってしまいそうだった。

今は元気でやっているが、最近、噛み癖がついてきたらしく結構はげしく噛み付いてくる。
特に首。やたらと俺の首に噛み付いてくる。
多分もっとかまって欲しいということなんだと思うのだが、、、、。

ひょっとするとこいつは人食い文鳥で本気で俺を食べる気では、、、。

あるいは

実は魔法をかけられたかわいい女の子で、本当は人間だと気づかせようとしているのでは、、、、。

東京は今日、雪が降った。
俺と文鳥は寒いながらも東京の街で今日も暮らしている。
風邪にはくれぐれも気をつけて頂きたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004-2-29

2004-2-29.jpg

ペットの缶詰
というサイトで紹介されました。感謝。

| | Comments (36) | TrackBack (0)

2004-2-28.jpg

もうすぐ春だなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 22, 2004 - February 28, 2004 | Main | March 7, 2004 - March 13, 2004 »