« February 29, 2004 - March 6, 2004 | Main | March 14, 2004 - March 20, 2004 »

10000PV記念落書き!!

1000.jpg

めでたい感じの絵にしてみました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

祝!!10000PV突破!!

2004年の1月14日に始まったこの「俺と文鳥と東京と」もついに10000PVを突破!!。
暖かく見守ってくれている人々にただただ感謝の言葉しかない。

blogをはじめた当初は、飽きやすい俺のこと1ヶ月もすればもう更新しなくなると踏んでいたがもう2ヶ月近く続いている。ひとえに皆さんからのコメントの嬉しさに尽きると思う。

俺は自分の中に渦巻いている感情をどこかに吐き出すところを探していた。
それがこのblogだろう。

描いている、書いている、それだけで毎日が大分楽しい。
ありがたい。

これからも、よろしく!!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥 2004-3-11

2004-3-11.jpg

最近は「ポニーテイル」という観葉植物を買った。
この写真の文鳥のバックにかすかに写っているのがそれである。

以前買っていた「幸福の木」という観葉植物は、年末に枯れてしまった。去年の年末はろくなことがなかったが、彼女と別れたのと、免許を失効したくらいで済んだのは「幸福の木」が枯れて身代わりになったと俺は思っている。
「幸福の木」は日本の寒さに弱かったようである。「ポニーテイル」は日本の寒さにも非常に強いとの事である。

今日の東京はすごく暖かい風が吹いていた。
春が来た。

会社のそばの女子大では、卒業式があったようではかま姿の女子大生が歩く姿が見受けられた。

春はわくわくし、そしてどこか切ない。
俺の友達が昼飯を食いながら語った。

「春になると異様に女の子がかわいく見えるんだ」

俺もそう思う。


| | Comments (4) | TrackBack (1)

俺と文鳥とアヒルと

2004-3-10.jpg

俺はあんまり不思議な事を信じる男ではないんだが、家に帰るとアヒルが増えていた。
気づいたら5匹になっている。昨日まで3匹しかいなかったのだが。

恐らく子供を産んだか、仲間を連れてきたんだろう。
どのみち仲間が増えるのはいいことだ。一匹はファンキーな毛が生えていて、もう一匹はピンクの模様がはいっている。生きていると、いろんなことがある。
そんな夜だった。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

サクラ

tree.jpg

先日、カラオケに行くと俺にあてつけてか失恋ソングフェスティバルとなった。

ミスチルの「手紙」「抱きしめたい」「over」キャンディーズの「春一番」吉田拓郎「流星」
福山雅治「桜坂」などなど。

俺はどの曲も普通に好きという程度だったんだが、酔っているのと思い出のフラッシュバックとでボディーにいいのが入った感じだ。心に染みる。いつもの3倍名曲だった。

最近の絵の評価としてどうも

「あれが、お前の精神状態なんだな」

「あの絵寂しそうやね、元気ないみたいだけど大丈夫?」

と方々で言われる。

寂しくなんかけしてない、、、

ただちょっと切ないだけ。

だから思い切って、春っぽい絵を描いてみた。
卒業、入学、就職の皆さんおめでとう。


| | Comments (20) | TrackBack (0)

2004-3-4俺と文鳥と

2004-3-8.jpg

今日は朝から鮫洲に行って、免許のための練習をしてきた。前回の実技試験で落ちたせいか、自分でもわかるくらい運転が下手になっている。

「一度、試験に落ちると意外とこたえますよ」

という教官の言葉が胸にしみる。失敗するかもしれない、という恐怖が何ゆえにここまで俺を臆病にするのか。試験なんか、落ちてもまた受ければいいんだ。

練習が終わり、渋谷に戻ってきて「イノセンス」という映画を見る。
まだ早かったせいか、空いている。内容は賛否両論あるだろうが、俺は嫌いではない。難しい台詞がやたら多い、それが気恥ずかしくさせる。しかし画面上に流れる映像は今まで見たことのないほど、綺麗でかっこよかった。

家に帰って、部屋を片付けた。渋谷で映画を見る前に買った文鳥のおもちゃ(ぶらんこ)を巣に入れた。文鳥がいままでないくらいに慌てふためいた。初めて見るものが怖いらしい。しばらく様子を見よう。

洗濯物を干し終える頃に、宅配便が来てAmazonから商品が送られてきた。
2ヶ月ほど前に予約した「Directors Label」という世界最先端のPVを集めたDVDだ。今、見ながらblogを文鳥と一緒に書いている。

これはこれで、イノセンスとは全く違うがかつて見たことのない映像が楽しめる。目の前に、レゴブロックだけでできたアニメーションが流れている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 29, 2004 - March 6, 2004 | Main | March 14, 2004 - March 20, 2004 »