« March 21, 2004 - March 27, 2004 | Main | April 4, 2004 - April 10, 2004 »

俺と文鳥と東京

onna02.jpg

先日、桜を見に千鳥ヶ淵に行った。
きれいだねやっぱり。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

東京で一番うまいケーキ屋

東京はケーキ屋が多い。
俺は、ケーキや甘いものが大好きなのでよくケーキ屋に行く。

東京中のケーキを食べ歩いていると、本当に自分が好きなケーキというのが見えてくる。
俺の好きなケーキは、、、。

・上品な甘さだが、しっかり甘い。
・コーヒーに合う。
・果物に缶詰を使用していない。
・いい材料を使っている。
・並ばなくても食べれる。
・見た目がかわいい。
・Cafeがあってその場で食べれる。

などなどである。
これらを踏まえて、本当においしいケーキ屋を考えてみた。
上位3位は以下の通り。

3位 KIHACHI
最近、あちこちにできているKIHACHI。しかし全体的にレベルが高い。
新宿のKIHACHIにはよく行くのだが、並ばなければならないのが残念。

2位 デオブロマ富ヶ谷店
家の近所に本店があるので、よく散歩がてらに行く。チョコレート系のケーキが食べたいときにお勧め。しっかり甘く、食べ応えあり。
おなかを空かせて行くとよいかも。たくさんは食べれないので2位

1位 オーボンヴュータム
シェフ河田氏の宝石箱のような素敵なお店。
大井町線の尾山台という場所にありながら、私は今まで十数回も通っている。
一つ一つのケーキしっかりおいしい。大抵2つくらい食べてしまうのだけれども、せつなくなる甘さ。

3位以内ということで、自由が丘の「モンサンクレール」駒沢大学近くの「ル・パティシエタカギ」鶯谷の「パティシエ・イナムラ ショウゾウ」なども大好きなのだがはずさせてもらった。
やはりよく行くかどうかというところが一番大事で、そのときの健康状態や地理的な問題も大きく関わっていると思う。

ケーキ好きの女性で、東京在住の方々は是非上記のケーキ屋さんには行ってみて頂きたい。
パティシエ達の繊細な技や発想に驚かされるはずだ。
ケーキ食べ放題などはケーキがぞんざいに扱われている気がするのであまり好きではない。
一つ一つ大事に食べて欲しい。ケーキは宝石みたいなものなのだから。
ちなみに俺は和菓子も大好きである。

| | Comments (736) | TrackBack (0)

俺とスワヒリ語について

スワヒリ語と聞いて皆さんは何を想像されるだろうか。
俺は大学4年間スワヒリ語を勉強し、そして今どんどん忘れている。

先日、新宿のアフリカ料理屋に行った際に久しぶりにスワヒリ語を使用した。
そのときの会話内容としては

「俺、大学時代スワヒリ語勉強してたんですよ」

「へえそうなの」

「今、どこに住んでるんですか?」

「川崎よ」

「遠くないですか?」

「遠くないわよ」

といういたってなんの役にも立たない会話であった。
異文化交流も何もあったもんじゃない。

よく飲み会なのでスワヒリ語がしゃべれるという話をすると
じゃあしゃべってみてよと言われる。
例えばここでまじめにスワヒリ語でしゃべると

「Jinalangu Orebun.Jinalako nani?」

全く持って面白くない。逆に

「亜☆♪画が画jらっくいうjくじうんふぁkふぁ!!」

といった感じででたらめな言葉でしゃべるとそれらしく聞こえて受ける。
ほとんどの人が知らないので、適当にしゃべっても分からないのだ。

言葉はただのツール、それを使って何をするか、何を伝えるか。

これは大学のどの言語の教授もよく言っていた。
俺はいったい、何ができるんだろうか。大学時代から常にそのことを考えている。


ケニアに行って一番驚いた事がある。

レストランなどで、唇から息を吐き出して「プシュ!!プシュ!!」
と音を出すと店員が来るのだ。
言葉というより音。あんまり品がよくない行為らしいので皆さんは控えていただきたい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

俺と東京と、、上京物語第一章

俺が東京に初めて自分ひとりで来たのは、ちょうど大学4年生の春。
就職活動で来た。

俺は、ゲーム会社かアフリカ関係の会社の二つに自分の人生をしぼっていた。
リクナビという就職活動向け検索エンジンでいつも俺はキーワード「ゲーム」「アフリカ」
だった。

簡単にゲームの会社に受かるとは思ってなかったのと、上京費用がないため、だめもとで
東京のゲーム会社を一社だけ受けた。

町田にいる、浪人時代の親友の家に一週間泊めてもらった。
大学は大阪だったのだが、すごい山奥で夏になるとカブトムシが飛んでくるような田舎だった。

俺は町田が大都会に見えて仕方なかった。
駅前に東急ハンズがあるというだけでショッキングだった。

俺は町田中を歩いて、その都会っぷりに感服していた。
東京にせっかく来たんだからとうまいものを食べようと、一見して一番おしゃれそうな喫茶店で昼食を食べた。


ひたすらおいしく感じた。

さすが東京おしゃれかつうまい。

ここまでのものか東京とは、、、。


とそんなことを思っていた。

今考えてみると、それはドトール」。
ミラノサンド、、俺は今でもよく食べる。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« March 21, 2004 - March 27, 2004 | Main | April 4, 2004 - April 10, 2004 »