« June 20, 2004 - June 26, 2004 | Main | July 4, 2004 - July 10, 2004 »

俺と文鳥の爪きり 7-1

2004-7-1.jpg

今日なんとか文鳥のすべての爪を切り終えた。
長くなった。
苦戦した。文鳥のやつも相当疲労しただろう。

俺の指は文鳥の噛んだ後が痛い痛しく残っている。
爪を切られるというのは、彼らにとってとても嫌な事らしく噛み方も本気が入っている。

文鳥の爪きりに関しては、様々なコメントや情報を得たのでここに記しておく。


・爪の赤い部分を切ると出血多量で死ぬ。

・切ってしまった時は、線香、またはペット用の止血剤をしようする。

・文鳥の爪きり時は軍手着用が望ましい。

・ペットショップに持っていくと切ってもらえるところもある。

・文鳥飼いである以上、ペットショップではなく自分できるべき。

・止まり木を爪が伸びにくい硬いものに変える手もある。

・爪切り時にあまり掴みするぎると、ショック死する文鳥もいる。

・フォークボールのように、文鳥の頭を人指し指と中指ではさむといい。

・尻尾の側を人指し指と中指ではさむ方法もある。


噂から、定番の情報まで様々。
全体的にいえるのは、爪切りは気をつけないとやばいということ。

今後も随時情報を求む。

俺は今回、文鳥も怖いんだから、俺も痛い思いをする。
というコンセプトの元、素手で普通に爪きりで切った。

止まり木を爪の伸びにくいものにするという情報はどこからか知ったが
そんなものが存在するかどうかを、詳しくしらない。
これもまた情報求む。

とりあえず、今回も散々文鳥に嫌われたようだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥とさよならバイク

免許の更新を忘れていたため、バイク、車どっちの免許も失効してしまった。

車の免許はなんとか取り戻したため、先日、バイクの一発試験を受けに行った。

一発試験とは教習所に行かず、免許センターで直接試験を受け免許を取るものである。
教習所で取る免許より非常に厳しい。

厳しいということは、覚悟していたがそこは免許を持っていた俺。
そんなに難しくないだろうと考えていた。

即効で落ちた。
横の緊張していた、高校生の受験者に

「大丈夫だよ、練習してたら」

なんて励ましていて、俺は高校生よりも運転がふらついていた。
ああもう無理だ。
バイクでつらい思いするのは嫌だ、恥ずかしい。


俺は、その日のうちにバイクをあきらめる事とした。
即効でバイクを売りに出した。


初めてのボーナスで買ったバイク。

高尾山の山奥ですべってころび、俺の上にのしかかって押しつぶされそうになったこと。

その時、ガソリンがこぼれてきたこと。

その事故の修理代がばかにならなかったこと。

タンデムシートにほとんど誰も座らなかったこと。

重くて、倒れると起こすのが大変だったこと。

倒れたバイクを起こすとき腰を痛めたこと

初めて高速に乗って、怖すぎてすぐ降りたこと

海ほたるで風にあおられて、死にそうになったこと

女の子と喧嘩して、海までバイクで行って、ちょっと思いにふけったりしたこと。

その時、自分でもやり過ぎてると思ったこと。

俺とバイクとの思い出、、、、プライスレス

バイク屋に連れていかれるバイクを見て、俺はそんな思いにふけっていた。

俺は、バイクとあんまり仲良くなれなかったけど大好きだったよ。ありがとう。
次は小さい原付にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 6-26 パート2

2004-6-26-2.jpg

今日は曇りなので、文鳥の家を大掃除した。

曇りの日は外に出ても蒸し暑く、部屋の中をきれいにしたくなるのだ。

俺のように仕事をしていて、嫁さんもいない、そんな状況になるとなかなか掃除が
できない。

こんな日に思い切ってやってしまうのだ。

ここで俺の文鳥の家掃除について

・一週間に一度、フィトンチッドを取り替える。

→フィトンチッドとは、木の削りカスである。通常、ハムスターなんかを飼うときに使われることが多い。 俺はいつも杉のフィトンチッドを使用している。杉のいいにおいがして、殺臭、殺菌作用がある。毎日、ゲージを掃除できれば新聞でもいいだろうが、時間のない人にお勧め。

・一ヶ月に一度、ゲージ全体を熱湯であらう。

→消毒の意味と、清掃の意味があるようだ。
 なかなか時間がなくて、1ヶ月に一度くらいしかできない。

ちなみに文鳥のゲージに座っているのは、文鳥の守り神、招き猫のミルフィーユである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 6-26

2004-6-26.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« June 20, 2004 - June 26, 2004 | Main | July 4, 2004 - July 10, 2004 »