« January 18, 2004 - January 24, 2004 | Main | February 1, 2004 - February 7, 2004 »

「ねえどしたん?」

DSCF0037.JPG

| | Comments (7) | TrackBack (0)

家族でオカマバーに行った話

俺が東京に住み始めてすぐの頃に、山口に住んでいる家族が東京にやってきた。
父、母、妹の3人。息子の東京暮らしを一度見に来るということを言い訳に、東京見物をしようというのだ。

「東京のどこに行きたいの?」

と俺が聞くと、厳格な公務員の父は

「オカマバーに行くことと決めている」

と断言した。母はそんな父を見て微笑んでいる。
オカマバー?何か聞き間違えたかな、という俺をよそに家族4人で「夜のはとバスオカマバーツアー」に行くことになった。

俺は高校の頃から一人暮らしをしている、しばらくいない間に家族に何があったのだろう。そのとき感じた。

家族4人で極彩色のオカマバーでオカマのダンスショウを見学した。

俺がまだ家族と一緒に暮らしていたときは、土曜サスペンス劇場でエロイシーンが出るだけで気まずい思いをしたものだが。時は流れ、気づけば俺は家族4人でオカマのおっぱいを見ている。ああここは東京砂漠。

そんなことを考えているとSMショウのようなものが始まった。
女王様の格好をしたきれいなオカマが、ムチをもって観客席を練り歩く。

「あなたちょっと来なさい」

きょろきょろする俺。明らかに俺の方を見ているオカマ。
仕方なく俺は壇上に上がった。

舞台の上にはいすが用意されている、俺はそこに座らされた。
ちょうどその俺をいすにするようにオカマが俺の上に座る。

「おっぱいもみなさい。」

小声で俺にそっとささやく。家族はじっと見ている。
仕方ないのでとりあえず、もんだ。もう何がなんだかわからない、とにかくもんだ。

オカマは今度、俺と向かい合うように俺に座った。

「おしりを触りなさい。」

小声でオカマが再びささやく。家族はじっと見ている。
仕方ないのでとりあえず、さわった。もう何がなんだかわからない、とにかくさわった。

その後俺はムチで数回たたかれて、家族のもとに戻った。
妹はちょうどそのとき大学に入ったばかりくらい、19歳くらいだろうか微妙な年頃。
俺に何も言わない。こんな兄ですまない。

母が俺の方を見ながらうれしそうに言った。

「あんた得したねえ」

その後1500円だしてオカマと家族4人で写真を撮った。
その写真は今でも実家の玄関に大事そうに飾ってある。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

おっぱいとアフリカ

学生の頃、アフリカについて勉強していた。
スワヒリ語という東アフリカの公用語を勉強して2年ほどの月日が流れたときのことだった。

あるケニアの新聞の人生相談を読んで、俺は今まで何を学んでいたんだとショックを受けたことがあった。

その時の記事の内容を記しておく。
詳細は覚えているわけではないが、大枠としては下記のとおり。
間違っているという方は指摘してください。

Question:

「いつも人生相談楽しみにしています、僕はケニアのキクユ人の23歳の学生です。
 いますごく悩んでいることがあるので相談します。
 実は先日、彼女といちゃいちゃしていたのですが、つい夢中になってしまいおっぱいに吸いついてしまいました。
 
 大人がおっぱいに吸いついたら呪いがかかって死ぬと言われて育ってきました。
 このまま僕は呪いにかかって死ぬのでしょうか。吸い付いたのは一度きりです、それ以降は吸いついていません。 教えていただけると幸いですではでは。」

Answer:

「いつも読んでくれてありがとう。彼女といちゃいちゃしたからといって、おっぱいに吸い付くのは頂けません。
 おっぱいは子供たちのものです。ただ呪いというのは今のケニアではあまりありませんので死ぬことはないと
 思います。くれぐれも今後は吸いついたりしないように」


アフリカの文化を結構知った気になっていた当時の俺は、自分が勉強していた文化は

「おっぱいに吸いつくと呪われて死ぬ」

という文化だったということ知りショックを受けた。
ちなみにその新聞記事は授業でみんなで読んで、クラスメートは20人程度 9割は女の子だった。
多分、俺のショックはやつらにはわからないだろう。

その日より、俺はスワヒリ語を仕事にすることをやめた。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

どうしてそうなったの?

DSCF0008.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと凛々しい感じ。

DSCF0010.JPG

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝1000アクセス。

今日、俺と文鳥がこのサイトを見ているとアクセスカウンターが1000を回っていた。
すごく嬉しい。見に来てくれた人、見に来させられた人すべての人に感謝、ありがとう。

文鳥と訳のわからない絵というこのサイトにこれほど人が集まるとは思わなかった。
とりあえず、文鳥と一緒に暮らしている間はなるべく更新するつもりである。

文鳥は相変わらず、かわいい。
俺は一緒に暮らしてまだ一月ほどだが、なかなかの相棒だ。
みんなも飼うことをお勧めする。

手間はあんまりかからず、小さく、何より人になつく。

このサイトの文鳥の写真を見ると、灰色と白のまだらになっていてなんとなく汚らしい。
これはまだ幼鳥だからであって、あと数ヶ月もすれば真っ白な白文鳥になるとのことだ。
そんな鳥の成長もこのサイトでは楽しめるだろう。

文鳥と一緒に育っていく、このサイトをこれからもよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手の中で寝るなよ、、、でもかわいい。

DSCF0021.JPG

| | Comments (24) | TrackBack (0)

ピュアがくるんじゃないか。

俺と文鳥くらい、人生も枯れてくると女の子とつきあっていちゃいちゃするとかは別にどうでもよくなってくる。

常日ごろ、飲み会の席で俺が言っていることなのだが、「そろそろピュアがくるんじゃないだろうか」。
このインターネット社会の中で、当たりまえのようにエロ画像が散乱し、男達は普通のエロでは満足できなくなってきている。

これはあくまでも友達の話なのだが、エロ画像を検索しようとして気づいたら「北欧」とタイピングしていたという。もう何かが一周以上して、訳がわからなくなっている。

満足できなくなった男達がどこへ行くかといえば、それはピュアなのではないだろうか。

ピュア、ピュアって何言っているんだと考えられる方々もおられるだろうかここで詳しく説明しよう。
たとえば、ここで俺がもっともピュアで素敵だと考えるシチュエーションは

場所は田舎、河川敷の自転車道を学生服姿の男女が自転車に乗っている。
多分受験まじかの高校生だろう。
女の子は後ろの荷台に腰をかけるように座っている。
風が結構強い、温かい春の日。

女の子が何か叫ぶ。でも風のせいで聞こえない。
男の子が必死に自転車をこぎながら聞く。

「ねえ、何か言った?!」

女の子はちょっと照れくさそうに

「なんでもないよー!!」

二人はどこまでも走っていく。

と書いていて、恥ずかしくてしかたないのだが、このシチュエーション悪くないといという猛者たちが世の中にきっと多いことだろう。これだよ俺が目指しているのは。

2004年は「ピュア」でいこう。会社、学校ではやらせよう。

PS:すいませんちょっと酔ってます。飲みすぎないでねみんなも。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

Star from Super Mario

star.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tシャツ

000.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥 1月24日

DSCF0041.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 18, 2004 - January 24, 2004 | Main | February 1, 2004 - February 7, 2004 »