« February 1, 2004 - February 7, 2004 | Main | February 15, 2004 - February 21, 2004 »

俺と文鳥と家庭教師。

4歳の女の子の家庭教師のバイトをしたことがある。

その子の家は、27歳のお母さんと、2歳の弟、4歳の女の子の3人暮らし。旦那は専門学校に通うべく実家に帰っているという謎の家庭だった。27歳の団地妻との話はまた次の機会にとっておくとして、今日はその4歳の女の子について語る。

俺は小学校受験のための勉強を教えるために、その家に雇われた。所謂、「お受験」というやつである。
受験勉強を教えるといっても「ぞう」「うし」「ねこ」「カブトムシ」仲間はずれは誰でしょう?みたいな問題を教えるのだからすこぶる簡単だった。また27歳の団地妻が子育てに疲れていたため、単にベビーシッターが欲しかっただけで俺を雇ったところがあるらしくほとんど遊んでいた。

近くの公園で縄跳びを一緒にしたり、その子の大好きだったピカチューの絵を描いたり、バイト代は少なかったがなんとものんびりした日々が続いた。

「先生が来るの前の日から楽しみにしているんですよ」

27歳の団地妻が言うと、女の子は照れて団地妻後ろに隠れてこっちをみている。
俺は自分の子供を持つなら絶対に女の子だとそのとき思った。

ところが月日が流れ、俺がアフリカ短期留学に行くのと、その子の受験が迫っているというので家庭教師は終了することになった。バイトの最後の日、女の子の様子がおかしい。いつになくそわそわしている。団地妻が言う。

「先生来るの今日が最後だって言ってから、様子おかしいんですよ。」

3時のおやつを食べていると女の子が俺に冷蔵庫に貼っていたポケモンのシールを俺に持ってきた。

「先生、これを見て私を思い出してね。」

それにしてもませすぎている。今日OLでもそんな事言わない。
そんな事を思っていると団地妻が

「××ちゃん。そのシール一番大事にしてたやつやないの?ええの?」

「ええねん」と女の子。

団地妻に言わせると、女の子はずっと会えなくなるというのがよく分かっていないので、悲しいけれどそわそわするしかなく。なんとか自分の気持ちを伝えようとして、よく団地妻が見ていたドラマとかの別れのシーンを真似したのではないかとの事。

女の子は照れて、団地妻の影に再び隠れた。俺はポケモンシールを貰った時くらいから涙をこらえるのが必死だった。

2年前くらいに、年賀状が届いた。小学校でうさぎの飼育委員をしているとのこと。
元気に育って欲しい。
俺は子供に一番大事にされるゲームを作るべく、ゲーム会社へと入った。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥と休日2

DSCF0094.JPG

昔の知り合いが、このページを見て
「大丈夫?元気なさそうだけど」と電話してくれた。
元気はないが、随分のこのサイトを訪れる人に助けられた。
ありがたい。

これからも一人、ホットドックプレスみたいなこのサイトをよろしく。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

「30歳まで彼女作りませんっ!!」宣言と武士道

隆慶一郎の時代小説「死ぬことと見つけたり」という時代小説、諸君は読んだことがあるだろうか。
この本は時代小説の読みやすい語り口で武士道とは何か、面白く描いた隆慶一郎の傑作だ。

「死ぬことと見つけたり」というのは武士道の真髄ともいえる精神である。武士は朝、起きる前に自分が戦って死ぬときのことをリアルに想像する。武士は主君にいつ呼び出されて、戦場に赴くか分からない身である。しかし、いつ死んでも平気な精神状態を保つことで、何があっても動じない強い精神を持つことができるのである。

俺と文鳥の「30歳まで彼女(彼氏もOK)つくりませんっ!!」宣言こそは、まさに現代社会を生きるうえでの武士道といえるであろう。

「いい人なんだけど、、、付き合うのはちょっと」

「お前のこと妹みたいに思ってるけど、付き合えねえよ」

などなどと一度でも言われた男女に実践してもらいたい。
年齢はいくつでもいいのだが、たとえば30歳まで恋人はいなくてもいいと考えた瞬間きっと世界が広がる。

どんな美男、美女と接してもどぎまぎすることもないだろう。

例えば俺と文鳥が明日、大好きなレニー・ゼルウィガーから告白されたとしよう。
今までの俺だったら、大喜びする反面、嫌われたらどうしようとか、英語苦手なんだよな。
などなどくだらないことで悩む。

ところが今の俺だったら。

「分かったレニーさん。俺ち来い。文鳥いるし」

とこんな感じだ。もともと30歳まで誰とも付き合う気がないわけで、棚ボタの金髪美人くらいにしか思わないだろう。


「なあ俺ブン、あの宣言って30歳まで彼女できなかった時の言い訳っしょ」

と俺に言ってくる失敬な連中もいるが、今後も「30歳まで彼女つくりませんっ!!」の精神を貫いていきたいものである。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥の祝日

DSCF0096.jpg

昨日、俺は朝まで会社の後輩と飲んでいたので文鳥とあまり遊んでやれなかった。
祝日の今日は遊んでやるよ。
すまん。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

羽を広げた文鳥

_049.jpg

羽を広げると、ちょっとかっこいい。
俺のうちに来た時は、まだ飛ぶのも苦手だったのだが。
最近すごく飛び回って困っているのだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ハート

ha-to.jpg

ここの所、周りで結婚したとか、結婚するだとか、そんな話をよく聞く。
みんな幸せになってくれ。

俺?俺と文鳥はここを守る。
いいか振り返らずに突っ走るんだ。
大丈夫、君らならできる。

俺と文鳥のことは気にするな。
まだここでやらなきゃいけないことがあるんだ。

またいつか会える日まで、友よ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺の考えるかっこよさとは。

俺と文鳥は今日も元気で暮らしているわけだが。
俺と文鳥が考える、かっこよさとは何かを考えてみたい。

俺の思うかっこいい人、ベストテン5をあげてみよう。

1、トヨエツさん

2、真田広之さん

3、TMネットワークさん

4、浅野忠信さん

5、田村正和さん

1~5位まで、俺が考えうる最高のかっこいい男たちが集まった。
俺は常に彼らみたいにかっこよくなりたいと考えて青春時代を過ごした、今この現状は惨憺たるものである。

努力はしたのだ。
TMネットワークさんにあこがれて、シンセやシーケンサーを買った。
トヨエツさんみたいにちょっとふちのあるメガネもかけてみた。ぼそぼそしゃべってみた。
真田広之さんのかっこよさを少しでも吸収しようと、六本木ヒルズにラストサムライを見に行った。
浅野忠信さんの映画は大体見ているし、田村正和さんの「古畑任三郎」が好きで黒いシャツをよく着ていた。

しかし何かがきっと足りなくて、いまここにいる。
もちろん彼らにいくら憧れたとしても、彼らみたいになれるわけもない。

それは分かっている、分かっているんだが、、、、

きっと俺は憧れ続けるしかないんだろう。

今、俺はトヨエツっぽい白いシャツと黒いズボンが欲しい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« February 1, 2004 - February 7, 2004 | Main | February 15, 2004 - February 21, 2004 »