« January 2005 | Main | March 2005 »

俺と文鳥と 2005-2-23

2005-2-23

「豆菜作戦!!開始」

いろいろ情報を調べてみると、まずは餌を手渡しであげることが大事との事。

早速、豆菜をあげることにした。

最初、怖がっていたがなんとか、俺の手から食べてくれるようになった。

まだ、ゲージからは出たがらない。

まだまだこれからですね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2-22

2005-2-22

「ルーイ」今日も元気。

なついてない、なついていないと書いているが、どれくらいなついていないか。

・ ゲージの扉を開けても出てこない。
・ 掴んで出すと、飛び回る。
・ 高い場所に止まって動かない。

といった有様である。一時期は文鳥トップブリーダーとして生きていこうかと思ったくらいの俺。

それが、この体たらくだ。そりゃ飲んだくれるわ。飲み屋はしごして、飲んだくれて酔っ払いにからまれるわ。焼酎2本も空けるわ。

嘘、酒は飲めないので「デコポン」を三つも食った。デコポンはめちゃめちゃうまいよ。

うーん、しかしどうしたら仲良くなれるのかしらん。脈のない女の子を片思いする気分とでもいうのだろうか。そういえば片思いなんて数年していない。難しい。

ペットショップの主人に言わせると

・一日一回出してかわいがってやれ

・羽を切って飛べないようにしろ

とのこと。しかしだ、そもそもゲージから出てこないやつを無理やり出しても仲良くなれん気がするんだよ。そんなやつの羽なんか切った日には俺はもう極悪人ですよきっと。

このblogを覗いてくれた文鳥飼いの皆様の中には、こんな鳥をも乗りこなす鳥飼いがいるだろう。きっと。情報求む。

ムツゴロウさんとか熊とかと仲良くなっていたのをみると、鳥くらいどうってことないと思うが。偉いねムツゴロウさんは。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2005-2-20

2005-2-10


「元気です、もう大丈夫」

なんつって、blogに書いて、随分が経ってしまった。
ぜんぜん、大丈夫じゃねえだろっと自分に突っ込みを入れる今日この頃です。

ここ数日でいろいろあって、バイオリズム的にあんまりきっとよくないんでしょう。

・文鳥が死んだ
・2005年の1月に買った、PS2が壊れた。
・パソコンが火を噴いた。
・バイクのミラーが全部取られた。

結構、いろいろあった。

パソコンは電源ユニットを交換、PS2はさくらやに修理に出し。バイクのミラーはバイク屋で
修理をした。

ひとつひとつ、こつこつと。

こういういろいろなことが訪れてくるときは、ひとつひとつ対処しないと。
すぐに完璧である状況にもっていこうとすると、無理がたたるから。

そんな訳で初登場の「ルーイ」。
まったく俺になついていない。
ペットショップで買った幼鳥はみんなすぐになつくのかと思ったが
怖がりまくっている模様。

部屋を飛びまわって俺から逃げる。

この一年の目標は「ルーイ」を手乗り文鳥にすること。
仲良くなりたいもんだ。

仲良くなっていく状況は報告する。
ではでは。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

俺と文鳥 リローディット


文鳥が俺の元を去った直後、PCが

「ガチャ ギューン プシュー」

という音と伴に、火花を出して朽ち果てまして、近況が書き込めない状況になっています。

幸いな事に、その前日からおかしかったので、バックアップを取っており。

今までに描いた絵とか、文鳥の写真は無事です。(i-podはすごいね、こんな機能まであって)


今の俺の状況を一言で表すと、、、

「落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。」

ちなみにこれ、俺のフェイバリット映画「魔女の宅急便」のキャッチコピー。
分る人だけ分って欲しい。


今、うちには新たな仲間(もちろん文鳥)がいる。名前は「ルーイ」。

「オーイ」という呼びかけの言葉と、前の子の名前「ルー」を合わせた造語です。

全く俺になついていません。

いずれご紹介できると思う今は、、、PCを直さねば。自作PCはこういう時に楽しいな。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

俺と文鳥と ファイナル 

昨夜、AM2:00くらいに混乱している彼女を家に帰した。

ふんずけてしまった彼女も相当ショックだと思うのだが、、ケアする余裕がない。

俺は近くの坂の上にある公園に、なきがらを埋葬に行った。

都会だと埋める場所がないんだな。

とその時気づいた。


ありがちなのだが、文鳥の夢を見て。

目が覚めた。

内容は、「ルー」がいなくなったけど、うちにはまだ3匹文鳥がいて

元気でやっているな。

と俺がゲージを確認する夢だった。

なんだろ、悲しいことがあると脳は、それを和らげるために夢をみせるというが

それなのだろうか。


朝、起きて風呂に入ったのだが、いつも自分が風呂に入っている間

文鳥をゲージから出していたのを思い出した。

ゲージを見ると、何もいない。

餌とかはまあそのままで、それが更にやりきれない。


いつもの日課でPCを立ち上げると、沢山の人からのコメントがあった。

いつもはコメントひとつづつに答える俺なのだが。

今日は、コメントにまとめて返事をさせてもらいたい。

昨日から一切、泣かなかった俺だが、コメントを読んで初めてめちゃめちゃ泣いた。

たぶんここ数年で一番泣いたと思う。

うちの文鳥はこんなにも、どこか遠くに住んでいる街の人に見てもらっていたのかと。

あと

同じような経験を何度かされている、文鳥飼いの先輩達のはげましの声とか

本当にありがとうございます。


今日になって、やっと「ルー」がいなくなったことを実感しています。

| | Comments (23) | TrackBack (4)

俺と文鳥と ファイナル

本当に突然なのですが、、

文鳥を事故死させてしまいました。

文鳥飼いとして、かなり混乱し、悲しんでいます。

遊びに来ていた彼女が誤って、ふんずけてしまったのが最後だったようです。

私が帰った来たときには、まだ暖かったのですが、、、

帰ってくる前に、30秒くらい前に、、行き絶えてしまったようで。

すっかり動かなくなっていました。

文鳥の名前は「ルー」と言って。

この1年間、私の親友として仲良くしてきました。

あの時、もう少し早く帰っていれば、、、

とか

もっと彼女に注意しておけばとか、、、

新しい文鳥を飼えば、この悲しみは消えるのかとか、、、

いろいろ頭を去来しています。

がそんなこと考える以上に、思い何かが私を覆って、

今はただひたすら、、、悲しいような、、やりきれないような、、、

あんまりどうしようもないので、blogで今の気持ちを綴っています。

思えば、、いろいろありました。

いろいろありすぎて、書けませんが

ただ仕事から、家に帰って、明かりをつけると文鳥が騒ぎ出して

ゲージを開けると、私に飛び乗ってくる。

そんな当たり前だった毎日が、懐かしいです。


「ルー」のおかげで、このサイトで沢山の人と出会うことができました。

本当にありがとうございます。

「俺と文鳥と東京と」

と銘打っている以上、「俺」一人になった今。

サイトをどうするか迷っています。

まあサイトのことなんか、どうでもいいくらい、、、気持ちが今は重い。

友人が死んだことも、過去ないので、戸惑いまくっています。

「ごめんねルー、楽しかったよ、ありがとう」

とさっき伝えました。

| | Comments (2685) | TrackBack (2)

俺と文鳥と 2005-2-1

2005-2-1

文鳥は水浴びが好きだ。うちの文鳥もよく水浴びをする。これが水浴びをした後の文鳥だ。
こういうトカゲがどこかにいたような気がする。

かわいいわな。こういうのも。こういう状態になると文鳥は飛ぶのが下手になる。
羽が水でぬれて重いんだと思うのだがつかまりやすい。
ぬれた羽で必死になって飛ぼうとしている姿もよたよたした感じでまたかわいい。

ぜんぜん関係ないんだが、最近「海馬/脳は疲れない...ほぼ日ブックス」

という人間の脳についての話が載っている本を読んでいて、びっくりしたことがひとつ。

「脳内でやる気を出す物質は、その事をやらないと出ない。」

なんで俺、やる気ねえんだろ駄目人間だなと思うことがよくあったが、なるほどそうだったのね。

確かに、やる気が出ないときってやる前だよね基本。

俺が駄目人間というのもあるかもしらんが、脳がそういう仕組みなのねと考えたら楽になった。

この本はそのほかにも人間の脳はおもしろい!!って事を糸井重里と有名な脳の先生が分かりやすく話をしている対談集なので面白く、読みやすかった。いいね。


東京は寒いけど、文鳥好きの皆さんも元気で。

| | Comments (75) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »