« March 2005 | Main | May 2005 »

俺と文鳥と 2005-4-25

昨日はすごく酔っ払っていた、blogもそのテンションで書いてしまった。心配していたとおり文章はめちゃめちゃで、修正しようかとも思ったのだが、、
記念にそのままにしておく。やはりお酒は気をつけなければね。

もともとお酒は弱いのだが、27歳になってからさらに酒が弱くなった。
ビールの350mlの缶が全部飲めない。
飲むとなぜか足の関節が痛くなるのだ。

足の関節さえ痛くならなければ、記憶をなくすくらい酔ったり、飲み屋を何軒もはしごしたりできるのに、、、。
なんで関節が痛くなるんだろう、なによりもかっこ悪い。

ごめん飲み過ぎて気持ち悪い」と言う女の子はかわいげがある。ちょっと優しくしてやろうかうしししと思う。

ごめん飲み過ぎて関節痛い」こんな女の子がいたらどうだろう。骨がかたそうだなこいつ、ときっと思うだろう。

という訳で今日はお酒をやめて、グレープフルーツを二つも食べた。
我が家では昔から、グレープフルーツを半分に切って、砂糖をかけて食べるというのが正式なグレープフルーツの食べ方であった。しかし先日、彼女に「気持ち悪い」と言われて現在、自粛中である。

確かにこれでもかと思うくらい、甘い。
どうしていままで気づかなかったのか。
気持ち悪いと言われればなるほど、確かにそのとおりである。

甘くて、苦い、、グレープフルーツは青春の味、、、、、。
なんてな。すまん。言いたかっただけです。

それでは、今宵はこの辺で。

2005-4-25


ちなみに今日の文鳥。
水浴び器の中で水浴びをした模様。俺はよくこの水浴び器をつけたまま扉をあけてしまい、床を水浸しにすることがよくある。誰か、そうはならない道具を発明して欲しい。


| | Comments (11) | TrackBack (0)

俺と文鳥 2005-4-24

2005-4-24-1

文鳥はどうして、コントローラーの類が好きなのだろう。

常々そう思う。

特に、プレイステーションのコントローラーには目がない。

ゲームをやっていても、DVDを見ても、自分の定位置かのごとくコントローラーの

真ん中に腰をすえている。

人間が触るものに興味があるからだろうか、そんなもん触るくらいなら

自分をかまってくれと言っているのか、、、答えは文鳥しかしらない。


2005-4-24-2

↑今日の窓から撮った写真、天気がよかったので気持ちよかったよ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2005-4-17

2005-4-17-2

文鳥はすごく個性がある。

世の文鳥好き以外の方々からは「鳥なんてみんな同じに見える」という意見をよく聞く。
しかし、それは西欧の方がアジア人はみんな同じに見えるというような意見と相違ない。

見た目はもちろん、顔、性格、好み、人との接し方、文鳥によってだいぶ違う。

今、一緒にいるルーイにおいて考えても、、、

・粟穂が好き。
・ペレット(人工的に作った餌)が好き。
・ゲージに入れられるのを嫌がらない。
・水を限りなく汚す。
・口元に豆苗がついていてもそのままにする。

といろいろと個性が見られる。

同じ環境で育っても、同じペットショップで買っても差が相当あるのが面白い。
やはり生き物なんだな。

今の文鳥は、ポニーテールというこの観葉植物が大好きで、常にとまっている。
前住んでいた子は怖がって近寄らなかったのに。
アマゾンの密林を思い出しているのだろうか。

まあアマゾン出身ではない訳だが。
それでは、今夜はこの辺で。

2005-4-17-1


ちなみに家から撮った夕焼けの写真。
飛行機雲はさ、、、おいらをどこまでも運んでくれるのさ、、、。

本当に引っ越してよかった。前は1階だったから気持ちいいよ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

俺と桜、、東京。

2005-4-14-2

東京は桜がきれいだ。
桜が土、日はキレイだった、、、
でも昨日、今日の雨で散ってしまったみたいだ。

桜は大好きだが、、、時々どきっとするくらい怖くなる。
写真は夜桜を撮ったもの。

今年は、、、「今日も、文鳥かわいいなり~^-^」というサイトを一切やめて

素敵な都会での生活を送る、COOLな27歳俺ブンを演じることをここに決定する。

例えば、おしゃれなソファなんかがある部屋で、趣味はインテリアですみたいな男。

例えば、朝、クラッカーにチーズをのせて軽い朝食を取って出社するライフスタイル。

例えば、出社前にプールでひと泳ぎするようなそんな、体に気を使いつつも、COOLで仕事のできる男。

例えば、彼女がちょっとわがまま言っても、包みこむ包容力があるそんな男。

例えば、機械式時計を集めることをこよなく愛す男。

例えば、ワインの味をソムリエばりに、認識できる男。

例えば、イタリアンスーツをさらっと着こなす男。

そんな男のサイトにするつもりである。


嘘じゃーーーー!!
もしそうなったら自爆する所存。
COOL禁止!!
熱く、かっこ悪くなくっちゃ。俺じゃないぜ!!


引越したから、blogを休んだからといって人間的に何か変わるわけではなく淡々と時を過ごしている次第。
このサイトも特に、、何も革新的な変化をするわけではなく。まったくもって相変らずなコンテンツが続く予定である。楽しく、かわいい、そんなサイトがええね。

2005-4-14

ちなみに文鳥は元気だよ。またしばらく、、、淡々と更新していく予定である。

文鳥好きの皆さん、、、本当に、、、本当に、、、暇で仕方がないとき。生活の中でちょっと嫌なことがあったとき。
優しい気持ちになりたいとき。

「俺と文鳥と東京と」を見に来ていただけると幸い。
ではでは。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »