« November 2005 | Main | January 2006 »

俺と東京と 2005-12-28

年末に実家の山口に帰る。故郷があることはいいことだ。
ちょっとした海外旅行くらいの費用がかかるが、それに見合うなにかがある。

毎年実家に帰ってすること。

①大好きな本を読む。

②大好きなゲームをする。
→昨年は「メタルギアソリッド3」、今年は「キングダムハーツ2」「モンスターハンターポータブル」の予定。

③父と一緒にパチンコをする。
→俺はギャンブルは1年に1回この時しかしない。父は強い。俺は毎年負けている。

④家の裏山に登る。
→下関が一望できる山。地元の人から「ハミ山」と呼ばれている。ハミは山口弁で蛇。この山の頂上でくだらないことを考える訳だ。

⑤シーモールで占いをする。
→占いも1年に1回この時しかしない、来年の運勢を占ってもらう。シーモールとは地元の百貨店の名前。海のそばにあるからシーモール。昨年の予想は「苦戦するがいい」ということで、まさに的中。いつも人がついていない。

⑥年賀状を描く。
→去年は和絵の具、おととしは版画。

⑦関門海峡を見に行く。
→昨年は投げ釣りをした。さむいし何もつれなかった。

⑧除夜の鐘を突きに功山寺(高杉晋作挙兵の寺)に行く。
→甘酒を飲んで家に帰る。旨い。

皆さんもよいお年を。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2005-12-27

高杉晋作が27歳で死んだことを最近知り、ショックを受ける。

俺は常に、実家に帰ると高杉晋作が奇兵隊を挙兵した功山寺という寺に参り、常に自分の心の中の晋作先生(俺の心の中では先生なのだ)自問自答し、盆に帰ったら先祖に感謝、正月に帰ったら1年を感謝するのが慣わしとなっていた。

先日、会社でふと見た武田鉄也原作、「おーい竜馬」を見て晋作先生が27歳で死んだ事を知ったのである。

俺はすごい晋作先生のファンであったから若くして死んだことは、知っていたし、27歳で死んだことももちろん知っていた、、、なのに、、、きっと心のどこかでその事実に目をそむけていたんだな。

27歳で死んだのなら、、、最高でも俺と同級生、後は後輩になるいっぽうじゃねえか。

これから実家に帰ったら何を心のよりどころにすればいいのやら。。。。

いや、今まさに俺はひとり立ちしようとしている。これは晋作先生からの最後のアドバイスなのだと俺は受け止め
このblogを書いている。

「切ない系」のエピソードが好きで、そんな話ばっかり書いていたが、金輪際やめる。「切ない系」エピソードは自虐的になりがちだ。「こんなことになちゃいました、しょぼーん」という文章はもういらん。

熱い漢と文鳥のblogが今必要なのではないかしらん。

そんな事をを真夜中に考えている。

2005-12-10

↑見よ、恐竜だった太古を思わせる、気合の入った文鳥の顔を!!


| | Comments (4) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »