« December 2005 | Main | February 2006 »

俺と文鳥とライブドアと

最近、少しライブドアのニュースも落ち着いてきた。堀江さんの逮捕が区切りになったのだろう。

俺は「ライブドア」どうも怪しいじゃないかと前々から思っていた。(みんなそう言っていると思うが)彼の前の会社の「オンザエッジ」はホームページを作る会社だったし、その後の会社「エッジ」が出しているゲームが売れているという話を聞いたことがなかった。「ライブドア」のポータルサイトだって、まったく覗いたことすらなかった。

どうして、あんなに直接の利益を稼ぎだしていなさそうに見える会社が、どんどん大きくなっていくのか不思議でしょうがなかった。

ところが、野球の時もそうだし、テレビの時もそうなのだが、怪しさを秘めているものが、当たり前のようにメディアに出てくると

本当は以外と、しっかりしているのではないか
と思ってしまう。

俺もそうだ、24時間テレビで堀江さんと細木数子さんが対談するのなど楽しみに見ていたもの。
細木さんはライブドアが成長して、株価は7倍くらいになると言っていたが、思いっきり外れてたな。

ちゃんとしていないものでも、「メディア」が報道するとそれらしく見える。

これはすごーく恐ろしいことだ。メディアはいいところしか切り抜かないから、真実は見えてこない。怖い。

俺自身、最初の印象の「なんか怪しい」をもっと大事するべきだった。別になんも損はしてないんだが、なにか悔しい。メディアがぐるになって、俺をだましやがったなと思った次第である。

●自分で考える。

●メディアが持ち上げても怪しいものは怪しいと思う

まあ当たり前のことなんだが、今回のライブドアは気づかせてくれた。

2006-1-29

↑こいつは、いつも真実を見ている。そんな気がする。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と雪 2006-1-23

2006-1-23


2006-1-23-2


2006-1-23-3


雪が沢山降って、結構わくわくしてしまった。
写真を沢山撮った。

みんな雪だるま作るのだな。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

俺と文鳥と雪だるまと

東京は大雪だった、今年はじめて積もったと思う。
寒いよねえ。

という訳で、ベランダに積もった雪で雪だるまを作った。

2006-1-22

雪が降るとどうしても雪だるまを作りたくなる。

ちなみに雪だるまの目がなかったので、「チョコラBB」を使った。帽子はペットボトルの蓋。鼻はねじである。

みんな風邪ひかないでね。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

俺と誕生日 2006-1-19

1月19日は俺の誕生日である。ついに28歳になった。

ここまで、大きな病気もせず、事故にもあわず、無事に生きられたことは本当に幸せである。

よかった、よかった。なんとかこの大東京(男おいどん風表現)で5年暮らしている。

文鳥も、彼女も元気だし。

別になにもない、仕事で一日終わった日だったけど。俺は嬉しかったよ。

前の席の同僚が、「うまい棒 チョコレート味」を30本ほどプレゼントしてくれた。

食べずに置いていたら、後ろの後輩がこっそりちょっとづつ食っていた。

2006-1-19
↑文鳥は俺の誕生日であることに、関係なくバランスチェアの上で遊んでいた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2005-1-18

最近、俺の周りで「株」をはじめる人が多い。
実際儲かっている人も多いのだろう。

ただ俺はここであえてやらないという選択肢をとりたいと思う。
お金がお金を産んでいくマネーゲームをしているうちに、日々生きることへのモチベーションがなくなるのではないかという危惧である。

子供の将来の夢が「デイトレーダー」とかにこのままではなりかねないのではないだろうか。
俺はそんな世の中には反対である。

俺が今、もっとも楽しみにしている映画「ゲド戦記」の製作blogからの引用である。

人間はくびきを選び
竜は翼を選んだ
人間は所有することを選び
竜は所有しないことを選んだ

2006117

↑文鳥も翼を選び、文鳥は所有しないことも選んだ。この場所にいるだけで幸せでそうである。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

俺とバトンと 2006-1-16

中学校の頃、陸上をやっている時はバトンに大きな意味があった。
落とした時とか辛かったなあ。

そんなわけで「じゅんたろう」さんからバトンを頂いたので、バトンなるものやってみることにする。お題は俺の苦手な「酒」だそうだ。


Q1. 酔うと基本的にどうなりますか?

関節が痛くなります。特に足のひざの関節が痛くなります。
でもお酒は好きです。

Q2. 酔っ払った時の最悪の失敗談はなんですか?

3時間くらい開発会社の人に「どうしたら女の人にもてるか」
を切々と説いたとき、次の日へこみました。

Q3. その時はどの位飲みましたか?

ビール1杯~2杯くらいだったと思います。

Q4. 最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

そこまで、飲んだことあんまりないですね。

Q5. 酔っぱらって迷惑かけた人にこの場で謝りましょ

酔っ払って「夢」語る癖があるので、聞き流してください。

Q6. 今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?

上海ビールが2本。エビスビールが1本。
あまってます。

Q7. 好きな銘柄は?

ケニアで飲んだ、TUSKERという、象がラベルのビール。ケニアで飲んだときは、、本当においしかったです。「タスカ バリディ モジャ」というのが「冷たいビール一杯」という意味です

「バリディ」を入れてないとぬるいビールがでてきます。ケニアの人は冷たいものが苦手なのと、冷蔵庫があんまりないんですよね。

しかし日本で一度飲んだときそんなに旨くなかったので、気候が随分影響していると思われる。

Q8. 最近最後に飲んだお店は?

代々木の「淡水研究室」。淡水魚は出ないのに名前は「淡水研究室」という。魚がとにかくおいしいので好き。

Q9. よく飲む、思い入れのあるお酒

「八海山」
仲良くさせてもらってる、女社長さんに教えてもらいました。
おいしいですよね。

全体的に、、、私はお酒が苦手だけど好きという感じなので微妙な返答になってしまった。

2006-1-16

↑今日の文鳥はちとかわいい。ほお擦りをしたくなる。ただし、こんなニュース「鳥インフルゼンザキスで感染」もあるので、くれぐれも鳥好きの紳士淑女の皆さんは気をつけられたし。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2005-1-13

正月は随分前に終わったはずなのに、まだ体が万全ではない。3連休がよくなかったな、、、きっと。

昔は体調なんか気にしたことなかったが、明らかに自分にバイオリズムなのかなんなのか周期があることが最近なんとなく分かってきた。

特に最近はすごく乾燥するので

・風呂に水張って寝たり
・お茶を沢山飲んだり
・帰ったらうがいをしたり

なんか気を使っている。

「体調」にも気を使っているのだが、最近の悩みは「気力」にムラがあることである。これは結構重要な問題で、なんとかしたいと思っているのだがなかなか改善策は見つからない。

昔からムラはあったと思うのだが、そうも言ってられないこともあり方法を常に模索している。「気力」にムラがあっても仕事はやるし、部屋の掃除もするのだが、物に取り組む前の勢いが違うというのは問題である。いい方法がある方は教えて欲しい。

ところで、文鳥にもあきらかに気分のムラがあるようで、かわいい日とそうでない日がある。かわいい日はふわふわのもこもこでかわいいのだが、そうでない日は何故か凛としていて、とにかく俺をつつきまくる。今日はかわいくない日のようだ。俺のプーアル茶を狙っている。

2006-1-13-2

| | Comments (17) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2005-1-11

2006-1-11

2006年になって、もう10日が過ぎた。ちなみに1月19日で28歳になる。28歳ていうのは18歳から10年の月日が流れたということ。

子供の頃は25歳から上はまったく想像がつかなかった。人生とは映画と違い、永遠のごとく続いていくものなのだと、かみ締める今日この頃である。

映画なんかだったら、いいシーンで終わるから、ドラマチックだが「タイタニック」のヒロインだって、助かった後にグーたらテレビ見ながらポテチ食っていたこともあるであろう。

逆を言えば、生きとし生ける日々常にドラマとも言える。

ポテチ食ってることが奇跡なんだ

とも言えるかもしれない。高杉晋作は27歳で死んだから英雄になり、濃い人生を歩んでいるようにも感じるが、明治維新の乱世でなければただの勉強好きだったかもしれん。

世の中、「勝ち組」「負け組」なって言葉が往々にして使われるが、ちょっと待ってくれ「勝ち」か「負け」か決めるのはほかの誰でもなく、すくなくとも俺であって、しかも別に「勝ち」、「負け」で勝負を決めないという選択肢があってもいいわけで、そこんところははっきりさせて欲しいものである。

「文鳥」は「負け組」で「小桜インコ」は「勝ち組」という奴が出てきかねんぞ、このままでは。
(ちなみに「小桜インコ」もかわいいです。文鳥よりちょっと高いのね)

本当の幸せはハイになったような状態にあるのではなく、日々の静かな生活にあると思いつつ、じっと足元を見る。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と年賀状


nengajyo


今年もよろしくです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »