« 俺と鳥と漫画 | Main | 俺と文鳥と祖母 »

俺と東京と旅 2006-2-20

突然だが、、、、、

俺は山口で生まれ、そしてその後、北九州の黒崎という町で予備校に入り、その後大学で大阪へ。
そして現在、東京に住んでいる。

だんだん東の方に向かっている。

まあ、一言でいうと上京してきたわけである。

恥ずかしながら言えば、東京に来るまで故郷のよさはまったく気づかなかった。
本屋が少ない」とか、「寒いとか」とか、「県庁の裏にいのししがでる」とか、

同じ高校で、俺より全然頭がいいのに、地元の大学に行く人とか、「もっといい大学に行けば」いいのに、なんて
思っていた、駄目人間である。

子供の頃から、引越しが多く、地元意識が希薄だったということが大きいだろう。

東京に上京してきた人間は、俺のように時折、思い悩むであろう。

故郷にそのままいた場合に、どんな人生が待っていたのだろうか。」と、、、、。

この答えは、いまだにでていない。


2006-2-20

↑文鳥は故郷の事を、思うのだろうか、、、。
渋谷の西武百貨店だが、、、。

|

« 俺と鳥と漫画 | Main | 俺と文鳥と祖母 »

★ 8:東京についてエッセイ」カテゴリの記事

Comments

俺ブンさんおはようございます。
やっぱり地元は良いなって思います。
私は名古屋から兵庫に嫁いで来ましたが、関西人には馴染めませんでした。
最近はスッカリ関西人のオバチャン化しています(T_T)
芦屋のマダムではなく尼のオバちゃんです。。。
西武百貨店、笑ってしまいました^^;

Posted by: ひとち | 2006.02.20 at 07:14 AM

俺ブンさんおはようございます。

>>「故郷にそのままいた場合に、どんな人生が待っていたのだろうか。」

私もときどきふと考えます。
それも大抵が疲れているとき(汗)

「東京はもう卒業したんだ...」と、北の国からの純のように
いつかはわたしも故郷北海道は函館に帰るのでしょうか...。

うちのブンも北海道出身。
函館の長崎屋。
都会の水は合わないわ!
なんて文句を言ってるかもです。(ミネラルウォーターなのに)

里帰りは文鳥さんも一緒ですか?

うちは小鳥屋さんにあずけるのがほとんどです。

飛行機でペット料金をきっちり払って乗ったにもかかわらず
手荷物のベルトコンベアーにうちのブンが流れてきて以来
怖くって・・・
今でも○NAには乗っていません(`ω´*)

Posted by: あーや | 2006.02.20 at 10:26 AM

俺ブンさんはじめまして。コメントは初めてですが、ちょくちょく遊びにこさせていただいてました。
黒崎?となんだか懐かしい響きを聞いて思わず立ち止まってしまいました。私も今は東京住まいですが、予備校で北九州に住んでいたのですよ~。小倉のガリ勉学校北九州予備校に行ってました(笑)黒崎と小倉、多分近いのではないでしょうか?

ブンチョウのクチバシの鋭角的な三角形とちょこっとしたふくらみ感、素敵ですね。

Posted by: harunokuma | 2006.02.20 at 10:07 PM

ひとちさん

こんばんわ。
俺ブンです。

名古屋から神戸ですか、、、。
尼崎には沢山、友達がいました。

今は、みんなどうしてるのかなあ。

神戸は本当にいい町なんですよね。
海が見えて、山もあってすごく気持がいい街でした。

一度は住みたかったけど。。。

三宮にある、赤レンガの倉庫のカフェみたいなところにまた行きたいです。

Posted by: 俺ブン | 2006.02.21 at 02:04 AM

あーやさんこんばんわ。

俺ブンです。

山口に帰るときは、ほとんどいっしょにつれて帰ってます。
飛行機は文鳥が心配なので、新幹線で帰ってますよ。
(そのほうが高いんですが、、)

5時間かかるんですが、羽田までの電車の移動とかを考えると
文鳥に一番負荷がかからないかな~と考えてます。

専用のゲージに入れて、暗くして眠ってもらってます。
水入れにスポンジを入れて、水を浸してます。

実家には、またべつに鳥用のゲージがあるので、帰ったら移し変えます。

飛行機は怖いですね~。
文鳥といっしょには乗れないなあ~。

Posted by: 俺ブン | 2006.02.21 at 02:11 AM

harunokumaさん。

はじめまして、俺ブンです。
小倉にもよく行ってました。

小倉も、黒埼も北九州予備校は厳しかったですね~。
うちの寮は監視カメラがありましたからね~。

今年のお正月に小倉に行って随分と街を歩き回りました。

予備校時代は見えてなかったものが、結構あったなあ。
「ジャンポン」という謎のパチンコみたいなゲームを初めて見ました。不思議でした。

あと、無限に続いているかのように思えていた商店街も意外とすぐに端がありました。

あの頃は、まったく余裕がなかったから、街とか楽しむこともできませんでした。^-^

Posted by: 俺ブン | 2006.02.21 at 02:16 AM

俺ブンさん、こんばんわ~
(連続の書き込み、あつかましかったらすみません。)

そうですか、どうりで黒崎という地名に聞き覚えがあったわけですねー。俺ブンさんも北予備でしたか。
ちなみに私のお世話になった寮の窓には有刺鉄線がありました。カメラといい鉄線といい、なんだか監獄みたいですね(笑)
朝のラジオ体操やマラソンが懐かしいです。

ジャンポンとは初めて聞きました。・・そのへんてこな響きになんとなく小倉を感じます(笑)商店街、小さかったですか。。ちょっと違うのかもしれませんが、小さい頃に大きく感じたものを、大人になって改めて見た時小さく感じ、少し切ない気持ちになる感覚を思い出しました。私はしばらく小倉に行ってません。久々に行ってみたくなりました(^^)

Posted by: harunokuma | 2006.02.21 at 11:13 PM

harunokumaさん

こんばんわ。
俺ブンです。

小倉も寮ありますもんねえ~。
いやあ、北九州予備校の寮は結構すごいですよね。
ちなみにうちの寮の一階は鉄格子で覆われてました。

お風呂とか広くて気持ちよかったですけど。
朝は体操とかしてましたねえ~。

当時は本当に寮がいやで、いやでたまらなかったのですが、いまとなっては懐かしい思い出です。

正月に「合格---!!」と叫びながら餅をつくという行事があって本当に嫌でした。

でも、おかげで大学も受かったのでよかったとするべきなんでしょうか。

ちなみに、私が外国語大学に行った理由のひとつには北九州予備校の英語の授業が好きだったのと、漢文の先生の中村先生という変な先生が、すごく楽しそうに外国語の話をしていたのに感銘をうけたのが大きな理由です。

ちなみに正月に、黒崎の北九州予備校にも行ったのですが不審者扱いされました。そりゃそうですよね10年も経ってますから。

Posted by: 俺ブン | 2006.02.22 at 03:59 AM

俺ブンさん、おはようございます。
北予備は監獄でしたが、勉強の量だけはピカイチでしたね。
北予備での英語の授業、私も好きでした。・・・なんというお名前だったか忘れてしまったのですが、若いのに頭がハゲててやたら体の大きい先生の授業、楽しかったです。
実は私も漢文を中村先生に習っていました。あの軍服着た変人先生の授業が一番大好きな授業でしたよ。心霊話や珍話等の雑談がたまりませんでしたね~。未だに北予備の人気No1授業なのではないのでしょうか。。。もう一度、あのニンニク臭い先生に会いたいです。

追伸 俺ブンさんが「合格ーー!!」って叫びながら餅ついているなんて・・・想像できないです(笑)

Posted by: harunokuma | 2006.02.22 at 12:17 PM

harunokumaさん

こんばんわ。
監獄でしたねえ~。今も時々、夢に見ます。
かわいいクロネコがいるのが好きでしたが。

中村先生は変な話ばっかりでよかったですね。
変人でした。

英語の先生はギターもって歌ってくれる先生が好きでした。
語学は、それで好きになりました。
今でもすきなのです。

ちなみに餅つきのほかに座禅会というのもあったのですが、それはさぼりました。

Posted by: 俺ブン | 2006.02.24 at 02:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/8747535

Listed below are links to weblogs that reference 俺と東京と旅 2006-2-20:

« 俺と鳥と漫画 | Main | 俺と文鳥と祖母 »