« 俺と文鳥と祖母 | Main | 俺と鳥男 »

俺と「ゲド戦記」と

スタジオジブリの映画が大好きである。

子どもの頃からずっと好きだったのだが、決定づけたのは、高校3年生の頃。突然一人暮らしをすることになった。昔ながらの階段が急で、部屋の仕切りが障子の旅館の一室である。

一人で、寂しく、どうしようもなく部屋が寒かったあの日。俺は「魔女の宅急便」を見た。一度見たことがあったが、本当に心にしみた。

魔女のキキが都会にでて来て、不安な中でも自分の仕事をみつけ、元気でやっていく。「キキみたいな小さな女の子ががんばっていじゃないか」と自分を励ましたものである。

「働くことのすばらしさ」「毎日を普通に生きることの大切さ」若き俺は感じとった訳である。ちなみに「魔女の宅急便」を見るという行為は最近まで続いていて、大阪、東京それぞれに上京したタイミングで見ている。

ジブリの作品は大好きだが、今度の「ゲド戦記」にはなみなみならぬ期待を抱いている。予告編が公開されているので、見てない方はご確認を。

今回は宮崎監督の息子さんが手がけている。製作日誌を読むと、、「今、まっとうにいきること」がテーマのひとつだということ。

「今、まっとうにいきること」これは、俺もよく考える。

成功=六本木ヒルズに住むこと」みたいな報道ばかりするメディアには、最近本当に嫌気がさしている。貧富の差がどんどん広がり、うちの近所の公園でも夜寝泊りしている人がいたり、、、、、。

幸せになりたいから、すごい金かせいだりするんだろう。しかし俺がアフリカに行ったときあった連中や、大学のサークルボックスにいた金持ってない学生達が、不幸せだったかというと楽しかったし、幸せな日々だった。

つまりまあ、ありがちな言葉で言えば、「人の幸せは者とか、お金とは関係なく、価値観は自分で決める」ということが、最近になってようやく、『言葉』でなく『心』でわかってきたぜ。BY JOJO

おっと話がそれた、まあとにかく楽しみである。

ただのオタクじゃないかという話もある。

ちなみにジブリは映画だけじゃない、ドキュメンタリーも最高に面白い。特にこのDVDは特にクリエイターの方々にお勧めである。働くことのすばらしさを教えてくれる。お勧めである。宮崎駿、高畑勲の先輩の大塚康雄さんのDVDである。俺は今まで2本も買った。1本は今日30歳の誕生日を迎える、友達にあげた。↓

「大塚康生」の動かす喜び ◆20%OFF!

|

« 俺と文鳥と祖母 | Main | 俺と鳥男 »

★ 7:本、映画、ゲームなど」カテゴリの記事

Comments

I do agree with all of the ideas you have offered in your post. They're very convincing and will definitely work. Still, the posts are too short for novices. May just you please extend them a little from subsequent time? Thank you for the post.

Posted by: truveo video search | 2014.05.25 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/8932498

Listed below are links to weblogs that reference 俺と「ゲド戦記」と:

« 俺と文鳥と祖母 | Main | 俺と鳥男 »