« July 2006 | Main | September 2006 »

俺とガーデンニングとビオトープ


どうもうちのマンションは、あんまり丈が高くなければ、ベランダに何か置いてもいいということらしい。

そんなわけで、今、うちのベランダはこんな感じになっている。毎日窓を開けて、ちょっとだけ状況を確認するのが非常に楽しい。

ネギとパセリが今後生えてきて、家庭菜園的な感じになる予定である。

それとは別に、これとビオトープという奴を作ろうかと思っている。このサイトのイメージである。友人のA君に薦められた。ビオトープには前から興味があったが、なかなか楽しそうである。

まずはでかい水鉢を買わなければ!!。

2006827


| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺とB-BOY PARK

B-BOY PARKというHIPHOPイベントを皆さんはご存知だろうか。

平穏でのんびりとした代々木公園がB-BOY一色になるというイベントである。ちなみに俺ももう28歳でBOYと呼べる歳ではないのだが、少年隊の少年と近い意味だと判断し、代々木公園に向かった。

まったく、前情報がなく、どうも俺が好きなKDUBSHINEとDJ OASISが出るらしいという噂は聞いていたのだが、イベントのHPを見てもなんの情報もなく曖昧模糊としたまま、彼女と自転車をこいだ。

彼女はまったくHIPHOPに興味がない。できるだけB-girlっぽくして欲しいという要望を出したら、丁寧に断られた。

イベントは本当によかった。結構すごいアーティスト達が当たり前みたいにでいた。

・KDUB SHINE,DJ OASIS,Jun-GMC,JA飛龍
・KAMINARI -KAZOKU
・童子-T
・Rymster
・ZEEBRA,UZI

などなど、、、ほかにも沢山の人がでていたが、、、あんまり詳しくないので割愛させていただく。

別の事務所になったり、グループを解散した人たちが、再び一緒の会場でパフォーマンスするというのはいい事である。ブレイクダンスの大会も同時にあってこれもよかった。初めて近くで見たが、ありえない動きである。

まったくHIPHOPに興味がなかった彼女もダンスは気に入ったらしく、真剣に見ていた。

ちなみにこのイベント、無料で行っている。

2006820

2006821

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2006-8-15

最近、若干太ってきた。体重は変わらないのだが、腹が幾分でてきた気がする。いや明らかにでてきた。これは筋肉が落ち、脂肪になっているということであり、由々しき事態である。

ただ、俺の場合、HIPHOPにはまっているということもあり、若干緩めのズボンを穿いているため問題が先送りできている。好都合である。

ところで、最近、ご無沙汰のうちの文鳥。結構食っているはずなんだが、あんまり太らない。

外に出しても、ずっと俺の方の上か、カーテンのたるみに潜んでいるかのどちらかで、あんまり運動していないはずなのだが、、、。

何も考えていないように見えて、食生活に気をつけているのだろうか。

20068151

⇒噛み付かれたら結構痛いが、最近優しく噛むようになった。

20068152

⇒世の中に触らせてくれる文鳥と、触らせてくれない文鳥がいるが、うちの子は猫をなでるぐらい触らせてくれる、いい文鳥である。首元をなでられるのが一番お気に入りである。

20068153_1

⇒何故か、この手のひらにうずくまり、指と指の間にくちばしを突っ込むのがお気に入りである。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺とロッキンフェス

2006814

⇒メイン会場の風景。

20068143

⇒寝転んで、音楽を聴いた。

20068142

⇒永ちゃんのライブの終了時の様子である。

20068144

⇒花火が上がっている様子である。デジカメのせいで、不可思議な絵になっている。

夏休み、早めにいただき、俺はいろいろ遊んだ訳だが。

そのひとつ、ロッキンジャパンフェスの模様である。

写真を見るまで気づかなかったが、どこかに秋の気配を感じる。

矢野顕子、永ちゃんがよかった。タオル投げたよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

俺と「もし戦ったらば」

『もし戦ったなら?どの動物くらいまでなら勝てるか?』

そんな事を、最近、仲間と話す機会があった。

「何、考えてんの?アホじゃないの?」

という女子諸君の意見はここでは無視したい。俺もひねもす、ゲームや漫画を読んだりばかりしているわけではない。いざという時、どれくらい戦えるか、それを語りたいのである。

戦うといってもルールが必要なので書くと。

★対動物、異種格闘技戦ルール★

・陸上のみとする。水中戦はなし。
・プライドなどのような、リングでの戦い。場外戦は有。
・人間側はナイフの所持のみ可。
・動物側は成人の男性とする。
・相手を絶命させた方が勝ち。勝った時点で虫の息でも、生きていれば勝ち。

地球上、もっとも強い陸上生物は1位「像」2位「サイ」3位「カバ」という噂である。彼らにはライオンすらかなわない、体重がまったく違うからである。

そう考えると、人間と同じくらいの動物ならなんとか組み合えるのではないかと思う。

結論から言おう。ほかの皆さんの意見は分からない、俺の意見である。

「ヒョウ」

ぐらいなら、いい戦いができるのではないか。大きさも同じくらいである。彼らの得意の走りもリングだと使えない。
そうすると、後はいかに噛み付かれないかの勝負になる。ナイフをうまく使えばなんとかなるのではないか。多分背中から羽交い絞めにするのが有効なのではないか。

「ジャガー」

くらいになると、さすがにライオンと戦闘力が同じと書かれているので難しいだろう。

ただ、いざ戦うという風になる前に、ジャガーもヒョウもかわいいので、ナイフなんてかわいそうである。今日は、そんな事を考えた日である。

別に嫌な事があったとか、そんなんじゃないよ。本当だよ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺とHIPHOPと 2006-8-1

仕事を21:00ぐらいに切り上げて、渋谷にクラブイベントに行った。俺の好きなHIPHOPレーベル、「Atomic bomb」のイベントがあったからだ。クラブから帰ってきて、blogを書き連ねている。

新宿から渋谷まで夜の東京を自転車で走るのは気持いい。

1年前だと、会社帰りにクラブに行くなんてことは、まったく考えられなかった。そういうことに対する偏見があったが、好きな歌手のコンサートを見に行くこととなんら変わりない。偏見はいかんね。

HIPHOPのイベントは大概、小さい会場で行われるため、アーティストとの距離が近く、好きなアーティストに挨拶したりできる。また、アーティストが演じている際も、距離がすごく近い。

K DUB SHINE
DJ OASIS
JUN-GMC
DJ KAORI
DJ MASAKI

が本日のアーティストだった。渋谷のHIPHOP好きで知らない奴はいない、そんなカリスマ達と一緒の時間を過ごせるのは幸せなことである。

真っ暗なクラブに入ると、そこには日常とまったく違う世界が広がっている。「Dangerous」というイベントなのだが月1の恒例のイベントに今後なるそうなので、楽しみである。今日は、汗を沢山かいたので、ぐっすり眠れそうだ。

HIPHOP、文鳥、ガーデニング、ゲームが今の俺を構成している。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と芽 2006-8-1

200681

水菜の種を土曜日にまいたら、もう芽が出た。

なかなかかわいいものである。

芽は出る、しかし、ここから育てるにはいろいろ手間をかけねばならぬ。そう人生と同じように、、、なんこっちゃ。ガーデニングは、大人の趣味だと思う。あせらず、じっくりと世話をせねばならない。1ヶ月後には食べれる水菜になっているとのことだが、、、本当だろうか。

うーん。

うまく言ったら、噂の「永田農法」とかもやってみたい。 トマトなんか作るとめちゃ甘いトマトになるそうである。

母方の実家は農家だった。俺はずっと母方の実家に夏休み遊びに行くのが好きだった。カブトムシなんかが取れるからだ。いわゆる里山というやつで、昔からある旧家で土間があり、釜戸があった。

最近は、住んでいるのは叔母と叔父しかおらず、昨年、蔵が雨のせいで崩れ、土壁が土に戻っていた。周りの山の草をあんまり刈らないため、山が家に押し寄せてくるようであった。その様子は、まさに王蟲が街を襲い腐海を広げ世界を清浄化するようにである。BY 風の谷のナウシカ。

昔は建物からして、すごいエコロジーだったんだなと思う、だって原料が土と木だもんね。昔からそうやって暮らしてたのに、変わったのはここ最近なのだ。

ネットがしっかりしていたら、山奥でも平気で暮らせるように思えるのだが、、、甘いかな。甘いだろうな。そんな楽しみは老後に取っておくぜ。今は、水菜を育てる。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »