« September 2006 | Main | November 2006 »

俺と文鳥と怒り


「攻撃だ!!攻撃だ!!」

文鳥も時々、怒るのだ。

20061029cimg3070_1

20061029cimg3071

20061029cimg3077


| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥の気持ち

文鳥と長いこと暮らしていると、文鳥が何を考えているか、大体わかる瞬間が時々ある。

たとえば、うちの文鳥は外で遊んでいるとおなかが空いてくる。そうすると一人でゲージまで飛んでいくのだが、入り口で止まったまま中には入ろうとしない。

どうしたんだろと、俺が歩いていって「入りな」といいつつ、文鳥の尻尾に手を添えるとやっとゲージの中に入る。

これは文鳥的には以下のように考えていると推測される。

「今、すごくおなかが空いているし、のども渇いたので、ゲージに戻りたい。しかし、いったんゲージに入ると俺ブンに扉をしめられるに違いない。まだちょっと遊びたい。うーんどうしよう。」

文鳥も、人間も選択を迫られると歩みをとめる。

生きとし生ける物、人間も文鳥も、生きるということは常に、何かを選び続けることなのである。 

言いすぎだな、言い過ぎ。明日は月曜日、早めに寝るか。

20061022cimg2989


| | Comments (15) | TrackBack (0)

俺と文鳥と荒鳥の飼いならし方


もうずいぶん昔の話だが、今の文鳥こと「ルーイ」と会った時、俺たちは仲が悪かった。

渋谷西武で買ったとき、もう大分大きくなっていたし、完璧に手乗りという感じではなかったからだ。

ゲージから出しても怖がって逃げ回り、ゲージに入れるのにもまた逃げ回るという有様だった。

常に手乗りの文鳥と出会えるとは限らない、自分なりに調べたり、文鳥の気持ちになって考えた結果、以下のように仲良くなっていった。

①買ってきてすぐはゲージから出さない。(ゲージが安全な場所だと思うように。)
②ゲージの外から豆苗をあげ続ける、最初は怖がるので食べないが、そのうち慣れてくる。
③ゲージの扉を開けておいて、いつでも出ていい状態にする。出てこなくても放っておく。
④出てきたら、再度、豆苗をあげる。この際捕まえてゲージに戻す際は、部屋を真っ暗にして捕まえる。
⑤そのうち手に乗って豆苗を食べるようになる。

というような流れを経て仲良くなった。ただ成鳥になって、も上記の方法が通じるかどうかはわからない。そのあたりは文鳥の個性に依存すると思う。

今まで、何匹か文鳥を飼ったが、それぞれ非常に個性があった。臆病な奴、太りやすい奴、好奇心旺盛な奴などなど。彼らのことを考えることが、仲良くなる最も大事なことであろう。

20061016cimg3023

20061016cimg3031

20061016cimg3036

⇒ちょっとアップで撮ってみました。


| | Comments (123) | TrackBack (0)

俺と文鳥とキーボード


文鳥を飼ったことのある人はもちろんご存知だと思うが。

文鳥は頭がいい。

どれくらい頭がいいかというと、頭のいい猫くらいはいい。
はっきり言って、俺の考えてることもなんとなくは理解しているのではないかと思う。

先日の日曜日、俺はPCの前に向かって、じっといろいろ考えことをしていた。すると文鳥がキーボードの横に座ってこっちをじっと見てるんだ。

動こうとしない。

そのうち寝てしまったが、写真を撮ろうとしたら起こしてしまった。証拠の写真が以下のとおりである。なんか俺のこと心配してくれたのかな。

20061016cimg3003


20061016cimg3005


20061016cimg3006


| | Comments (39) | TrackBack (0)

俺と今日の文鳥

20061014cimg2981


20061014cimg2982


20061014cimg2984


20061014cimg2985


20061014cimg2986

20061014cimg2987


だんだん寒くなってきた。文鳥用のヒーター出しますか。そろそろ。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥映画

ついに文鳥も映画に!!

シナモン文鳥がかわいい。

「武士の一分」

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と最近の文鳥

20061012cimg2974

20061012cimg2976

20061012cimg2977

20061012cimg2978

20061012cimg2979

⇒最近、また毛が生え変わった。生え変わって、毛が抜けまくってるときはちょっと自信がなさそうなのだが、生えそろってくるとまた「どうよ!!」って感じがでてきてかわいい。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と三連休

ずいぶんと、雨が続いていたので、この3連休は天気がよかった。
この3連休の出来事など。を記しておく。

・新しいPCを購入した。Core duoというやつらしい、速さの実感はわかない。

・フレンチトーストが作れるようになった。しかしパンにしみ込ませる際に、残った「卵をといたもの」はどうすればよいか謎が残る。

・ヨガを始めた。家でDVDを見ながらやっている。すごく俺は体が固い。しかしヨガをすると気持ちいいのだ。

・家庭菜園で作っていたネギを少し収穫して、味噌汁にいれた。香りが強くうまい。店で売っているのよりも香りはいい。

・ほうきで掃除をするようになった。ほうきって実はすごい。クイックルワイパーよりもいいのではないか。

・カウンターストライク(PCゲーム)にはまっている。やりすぎ注意

・フットサルに行った。体が暖まらないと、うまく走れないことに気づく。何点か入れる。

・マンションから富士山が見えた。

・休みは3日は欲しいと気づく。

20061010cimg2947

20061010cimg2949

20061010cimg2950

⇒天気がいいと、植物が喜んでいるように思える今日この頃。

20061010cimg2968

⇒フットサルに向かう甲州街道、この時期は気持ちいいね。

20061010cimg2969

⇒フットサルには友達が、スーパーカーで送ってくれた。速いよ。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥とパソコンが壊れた


俺の家のパソコンが壊れた。自作パソコンだったため愛着があり、なんとか復旧を試みたが、、、
どうやら、いろいろなところが複合的にいかれてしまったらしい。

直すには、直せるのだが、、、

「どんどん延命していったら、半分機械の体になってしまったのですよ鉄郎」byメーテル

というように、原型がわからなくなるほど改造せねばならなない。
使い始めて、はや4年。一回、電源ユニットから火を噴いた以外は、いたって気に入っていたのだが、そろそろ別れの時期である。

2006108cimg2903

2006108cimg2904_1

⇒シャコバサボテンである。非常にきれいな花が咲くが、葉っぱがシャコっぽい。・

2006108cimg2906

⇒いわゆる多肉植物である。サボテンも多肉植物に入る。最近ではサボテンよりもこういう、つるんとしたのが人気である。

2006108cimg2908

⇒パセリである。育ててみたが、、、どんな料理に使うんだっけ?これ。

2006108cimg2911

⇒ローズマリーである。育てると本当にすさまじいにおいがする。鶏肉の香草焼きに使うとうまいらしいが、あんまりしないんだよな、香草焼きとか。

2006108cimg2921

⇒孤軍奮闘のかいもなく、バラバラになってしまった。4年間ありがと、パソコン。

2006108cimg2924_1

⇒パソコンの横に貼られた、DJ OASISシール。ずっと見守っていてくれてありがとう。

2006108cimg2928

⇒文鳥も気の毒そうに見ている。


| | Comments (4) | TrackBack (1)

俺と文鳥と 2006-10-2

あれ?もう10月?

今年も後3ヶ月?

早いな。うじうじ悩んでたら、気づいたらもう2006年も残り少なくなっている。
今年は、突然HIPHOPになり周囲を驚かせたり、ガーデニングにはまりまくるなど、本当にいろいろな事があった。

①「どうして、俺ブンはHIPHOPにはまったのか?」

②「どうして、俺ブンはガーデニングにはまったのか?」

これについてお答えしたいと思う。まったく興味のない人、ごめんなさい。

****

まず①である。これは非常に単純明快である。会社で仕事が大変だったからに他ならない。その時やっていたプロジェクトが非常にハードで、周りとの調整ごとが大変すぎ俺は心底参っていた。いろいろな人がいろんな事を、好意であるだろうが、言ってくる。俺自身がけちょんけちょんになっていく自分のを感じていた。そんな時出あったのがHIPHOPである。

HIPHOPとは、どん底までに追い詰められた、弱者達が自らを奮い立たせるために作った文化である。俺はそこにに共感した。

アフリカからアメリカへつれてこられた黒人達は、白人に迫害されひどい目に合い続けた。金はないし、家は狭い。そんな時「だからどーだってんだ、金も家も、まじ興味ねえぜ!!」という思い、それがHIPHOPなのである。

弱者、マイノリティー、責めれてる人、虐げられてる人、それらに国境はない。

へこんでいる人は是非。

***

ちなみに②である。ガーデニングは母から教わった。6月に実家に帰ったときの事である。両親はぼろいアパートに住んでいるのだが、そのアパートの周りが花だらけになっていた。色とりどりの花がアパートの壁際のちょっとした土地に咲いている。

部屋に入ると、当たり前のように咲いていた花がネスカフェの瓶に生けてあった。

「すごい花さいとるね。」と俺が聞くと、母は。

「ええじゃろ、100円ショップで種買って育てたんよ。」

と、さも当たり前のように話してくれた。この自然な感じに、めちゃめちゃ惹かれたのである。それまでも植物が好きだったかが、それから輪をかけて好きになった。

何か観葉植物を一鉢でも買うと、すごく楽しい。枯らしてもいいので、買ってみることをお勧めする。

今年もあと3ヶ月?いやいやまだ3ヶ月も楽しめる。さて、何をしようかな、、、と思い先日YOGAに行ってみた。この話はまた後ほど。

2006102_1

⇒最近はやりの多肉植物である。かわいい。肉厚の葉が特徴である。葉っぱが千切れても、ほったらかしておいたら再生する、不思議さが魅力。

20061021

⇒緑でぼうぼうなベランダ。

20061022

⇒ちょっと花を生けてみたら、根っこが生えてきたのでそのままにしている。すごい生命力!!。


| | Comments (11) | TrackBack (1)

« September 2006 | Main | November 2006 »