« March 26, 2006 - April 1, 2006 | Main | April 9, 2006 - April 15, 2006 »

俺とHIPHOPとK DUB SHINEそしてDJ OASIS Part2

当日の会場は非常に盛り上がっていた。
俺はHIPHOPのライブに行くのは、まったくの初めてであったが最初からいたため最前列ですべての楽曲を楽しむことができた。

ラッパーと、自分の距離はほぼない。30cmくらいだろうか、息遣いまで聞こえてくる。
ちなみに段差もほとんどない。

最高の状態だ。

びっくりしたのは、HIPHOPに詳しくなったつもりでいた俺自身、まったく知らなかった人たちのパフォーマンスがすごくて、こんな人たちが世の中にはいたんだと、改めて思い知らされた。

「KEN THE 390 」「EI-ONE&はなび 」「COE-LA-CANTH」「N&P 」本当に最高でした。
DJの方々、名前分からないですが、かっこよかったです。

そんな最高の盛り上がりの中、日本のHIPHOPのレジェンド、「K DUB SHINE」そして「DJ OASIS」が登場した。

本当に一瞬だった。あれだけたくさんの曲数をやってくれたのに。
本当に一瞬だった。ウィットにとんだMCも、想像通りだった。
「DJ OASIS」ブースからでマイクを持ってくれた。

俺は「Save the Children」という曲で、「K DUB SHINE」に頭を掴まれマイクを向けられた。好きな歌手にマイクを向けられる幸せって、、、人生で何度あるんだろう。俺は必死に叫んだ。「俺に言えーーー!!」(こういうリリックです)ステージ越しに握手した。最高だった。

ライブが一通り終わって、なんと通路に「K DUB SHINE」がいた。俺は、勇気を出して「KDUBさん、すげーKDUBさんの曲聴いてます。大ファンです。」

と言って握手した。すると「K DUB SHINE」がまったく表情を変えずに、一言。
















「知ってるよ」
















俺は一瞬、戸惑った。


え!?


何?なんでK DUBさんが俺みたいな奴の事知ってるんだ?頭が真っ白になった。すると「K DUB SHINE」が言った。












「だってずっと歌ってたでしょ」












そっからは俺記憶あんまりないです。「アルバム楽しみにしてます。」とか「ライブ最高でした。」とか言ったと思うんだけど、、、。

とにかく人生最高の日でした。まだ興奮が続いています。


| | Comments (8) | TrackBack (1)

俺とHIPHOPとK DUB SHINEそしてDJ OASIS

俺と文鳥のを読んでいただいている、文鳥好きの女子の諸君にはいままであえて言わなかったのだが、俺はHIPHOPがすべての音楽の中でもっとも好きである。

1年前くらいから、HIPHOP、それもK DUB SHINE」「DJ OASISなどを中心に大好きになり、洋楽では「NAS」「2PAC」「ice-T」「Rakim」「Supernatural」などなど片っ端から聞きまくっている。

「K DUB SHINE」「DJ OASIS」って誰なの?日本のHIPHOPと言えば、「SOLD OUT」に「Def tech」に「オレンジレンジ」でしょう。という人もいると思う。確かにノリがいいし、カラオケでも歌いやすい。俺もべつに殊更嫌うつもりもない。

一度、「K DUB SHINE」「DJI OASIS」なんかのライムを聞いてみてほしい、そこにあるのは、世間への怒りであったり、自己を否定するものへの戦いである。

俺は「K DUB SHINE」「DJ OASIS」のアルバムから、様々なHIPHOPの楽曲を好きになったということもあり、その二人のアルバムはi-podが擦り切れるほど聞いている。

そんな「K DUB SHINE」「DJ OASIS」のライブを常にチェックしていたのだが、なかなか見つからず1年ぐらいの時間が過ぎた。そんな中見つけたのがというイベントである。

HIP HOPのライブになんか行ったことがない俺だが、情報を見つけた瞬間、会社の同僚4人を連れて行くことを決めた。場所は渋谷のクラブ、夜中の23:00開始。

その日の渋谷は若干寒かったが、俺は燃えていた。

つづく、、、。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 26, 2006 - April 1, 2006 | Main | April 9, 2006 - April 15, 2006 »