« April 9, 2006 - April 15, 2006 | Main | April 23, 2006 - April 29, 2006 »

俺と文鳥と 2006-4-20

気づいたらもう、2006年もう5ヶ月近くが過ぎようとしている。

あれ!?みたいな感覚。

俺は今年、何をしようと思っていたんだっけ?

半分がすぎているのに、やれてない事も多い。

その一方でびっくりするくらい、うまくいったこともある。

気づけば、飲み会でちょっと多めに払う機会も多く
美容師は年下が多く
同年代の歌手、お笑い芸人はどんどん出てきて
そして消えていって。

どうもチヤホヤされている連中も、ほとんど一時の問題らしい。


そんな中、文鳥を考えてみる。

白い羽を常に、美しくキープすることに全力を注いでいる。それは異性を意識することでもあるが、羽が汚れていると飛べなくなる上に、敵に狙われやすい。(弱っていると)

彼らは何も持たない。唯一の所有物といえば、卵くらいだろう。

ペアを見つけたら、ずっといっしょにいる。

人間は気づけば、服装やら、地位やら、お金やら、他人の目やらでガンジガラメ。どんだけ動けない人がいるだろう。周りの意見からとかじゃなく、本当にいいと思えるものをどれだけの人が持っているのだろう。

文鳥は毛の生え変わりで、毛が抜けて不細工になった。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と東京と 2006-4-19

2006419

随分長いこと、同じ題字だったので新たに作ろうと思っていたら絵になったので掲載しておく。
俺にとって東京はこんなイメージです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

俺と最近とHIPHOP

俺が先日、彼女と渋谷を歩いているとでかい黒人に話しかけられた。

「覚えているよ~、あれから新作入ったから、また遊びに来てね」

とのこと。筋肉ムキムキの奴で、彼女はドン引きだった。渋谷のHIPHOP関連のお店はよく行くので、その中のひとつの店員だと思うのだが、、、はっきり覚えていない。

あの強引な客引きは、条例とかにひっかかるんじゃないかな、、。

最近はいろいろな事を考えて、いろいろな本を読んで、いろいろなDVDを見て、いろいろなライブイベントに行っている。最近思った事を備忘録的に書きとめておく。俺ブンそれは言いすぎだという皆さん、ご了承を。

・金はないと困るが、求めすぎると碌な事がない。

・誰かからの評価は、自分のありようとはあまり関係のないあやふやなものである。

・自分が好きだと言えるものがあるのは、才能である。

・何かを始めるのに、歳はあんまり関係ない。

・音楽は知れば知るほど、楽しい。人をHAPPYにする。

・マンションを買った人は、マンションために生きている場合がある。

・黙々と仕事をすることが、必ずしも真面目に仕事をすることではない。

・言葉と言うもの重みをしるべし、あいまいな相槌は自らを滅ぼす。

・誰かの言葉を語る人の面白くないことといったらない。

・彼女は大事にしろ。

・話しかけるということは、大事なことである。

・HIPHOPとは誰も媚びず、己を磨くことである。自分が自分であることを誇ることである。

・父、母、祖父母はとにかく偉い。

・株をやっているやつは、金のことばかり考えている。つまり株に支配されている。

当たり前のことが多いな、いざこうして書いてみると。
ついでに最近の写真を更に、アップしておく。

2006418

⇒まだ残っていた桜である。

20064182

⇒渋谷の空である。

20064183

⇒渋谷の空パート2である。

20064184

⇒水木しげるの昭和史を読む俺と文鳥である。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 9, 2006 - April 15, 2006 | Main | April 23, 2006 - April 29, 2006 »