« April 16, 2006 - April 22, 2006 | Main | May 7, 2006 - May 13, 2006 »

俺と文鳥と米軍


随分、昔の話になるが、、、俺が多分小学1年か2年の頃の話。

うちの父親は警官なのだが、在日米軍と日本の警察でソフトボール大会が開かれた事があった。今となってはどういうきっかけでそんな大会が開かれたのかは分からない。多分親睦会みたいなもんだったんだろう。

たぶん、アメリカの人を見たのはそれがはじめてだったと思う。とにかく大きいなという印象だった。

昼ごはんの時の話、俺とお袋と親父はまあゴザみたいなのを引いて、お弁当に魔法瓶に入ったお茶を持ってきてた。ほかの日本人の家族もそんな感じだった。

ところが米軍は違う!!。馬鹿でかいグリルを持ち出して、バーベキューを始めた。そこでハンバーガーを作っていた。ハンバーガーなんてロッテリアでしか見ていなかった俺だ、『ハンバーガーを作る』行為自体が物珍しい。パンを焼いて、肉を焼いて、みたいな感じで楽しそうだ。

しかも、また馬鹿でかいアイスボックスを取り出してきた、なかからは見たことのないような炭酸飲料がたくさん。
缶の柄が極彩色。おいしそう。

今、懺悔するが、自分達のお弁当や魔法瓶がすごくみすぼらしいものに見えたのだよ。小学生の俺には。
まさに「GIVE ME チョコレート」状態で、ハンバーガーとかジュースとかもらった訳だ。弁当そっちのけで。母ちゃんも仕方ないかという表情だったように思う。

試合は案の定、日本チームが負け。俺の親父は凡退で終わった。

今の俺だったら、弁当とお茶でゴザの上で食べる良さが分かる。ゴミもでないし、お茶もおいしいじゃん。

あの時ごめんね母ちゃん。

PS:最近、昔の事を書くと過去に一度書いたことがあるのではというデジャヴに襲われる。困ったもんだ。間違えて2度同じこと書いても優しい目で見てね。2年もやっていると仕方ないね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

俺と文鳥と不思議な話

随分昔だが、俺が高校生の頃。

学校から帰る途中の夕暮れ過ぎの事。

ふと、空を見ると、月の四分の1くらいの火の玉が空を飛んでいた。

まるで花火みたいに火の粉を散らしている。

「あ、、、、地球、、、、終わった。」

とその時思った。この話をするとなかなか信じてもらえないのだが、同日に野球部員も別の場所でこの現象を目撃している。

一瞬で消えて、何事もなかったため、俺や文鳥や皆さんはここに今、生きている訳である。

多分、隕石とかなのではないかと思うが、別にニュースでやってもおらず、今でも謎。

実は、あの時、地球は崩壊していて、今、生きている俺は、そのときの意識が一人歩きしたものだったらどうしよう。

すまん、土日仕事で、脳が少し疲れているのだ。


20064220


20064221


20064222


20064223

★綿棒で遊んでいたら、足場のアルミ缶が倒れてびっくりして逃げる文鳥の図。
★モーニングを読む、俺と文鳥。
★最近尻尾が、ほとんどなくなってしまった。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↓ちなみにこのHIPHOPイベントに行く予定である。文鳥好きでHIPHOP好きは是非!!。(勝手に紹介してよいのかな?)K DUB SHINEにDJ OASIS楽しみ。JUN=GMCも気になる。

『BUFFALO'69 ~最悪の俺にとびっきりの音楽がやってきた~』

2006年06月10日(土)
OPEN.22:00 CLOSE.5:00
A.D.M.2000yen
八王子
tel 0426-20-4739
東京都八王子市横山町13-4ニュー八王子ビルB1

Guest Live≫K-DUB SHINE
Guest DJ≫DJ OASIS
Live≫JUN-GMC. 幕末. RED STORM. HIGH KING,DJ, FUJI9. NARI. TAKUMI. K-TA. サイレント

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« April 16, 2006 - April 22, 2006 | Main | May 7, 2006 - May 13, 2006 »