« July 23, 2006 - July 29, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »

俺とHIPHOPと 2006-8-1

仕事を21:00ぐらいに切り上げて、渋谷にクラブイベントに行った。俺の好きなHIPHOPレーベル、「Atomic bomb」のイベントがあったからだ。クラブから帰ってきて、blogを書き連ねている。

新宿から渋谷まで夜の東京を自転車で走るのは気持いい。

1年前だと、会社帰りにクラブに行くなんてことは、まったく考えられなかった。そういうことに対する偏見があったが、好きな歌手のコンサートを見に行くこととなんら変わりない。偏見はいかんね。

HIPHOPのイベントは大概、小さい会場で行われるため、アーティストとの距離が近く、好きなアーティストに挨拶したりできる。また、アーティストが演じている際も、距離がすごく近い。

K DUB SHINE
DJ OASIS
JUN-GMC
DJ KAORI
DJ MASAKI

が本日のアーティストだった。渋谷のHIPHOP好きで知らない奴はいない、そんなカリスマ達と一緒の時間を過ごせるのは幸せなことである。

真っ暗なクラブに入ると、そこには日常とまったく違う世界が広がっている。「Dangerous」というイベントなのだが月1の恒例のイベントに今後なるそうなので、楽しみである。今日は、汗を沢山かいたので、ぐっすり眠れそうだ。

HIPHOP、文鳥、ガーデニング、ゲームが今の俺を構成している。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

俺と芽 2006-8-1

200681

水菜の種を土曜日にまいたら、もう芽が出た。

なかなかかわいいものである。

芽は出る、しかし、ここから育てるにはいろいろ手間をかけねばならぬ。そう人生と同じように、、、なんこっちゃ。ガーデニングは、大人の趣味だと思う。あせらず、じっくりと世話をせねばならない。1ヶ月後には食べれる水菜になっているとのことだが、、、本当だろうか。

うーん。

うまく言ったら、噂の「永田農法」とかもやってみたい。 トマトなんか作るとめちゃ甘いトマトになるそうである。

母方の実家は農家だった。俺はずっと母方の実家に夏休み遊びに行くのが好きだった。カブトムシなんかが取れるからだ。いわゆる里山というやつで、昔からある旧家で土間があり、釜戸があった。

最近は、住んでいるのは叔母と叔父しかおらず、昨年、蔵が雨のせいで崩れ、土壁が土に戻っていた。周りの山の草をあんまり刈らないため、山が家に押し寄せてくるようであった。その様子は、まさに王蟲が街を襲い腐海を広げ世界を清浄化するようにである。BY 風の谷のナウシカ。

昔は建物からして、すごいエコロジーだったんだなと思う、だって原料が土と木だもんね。昔からそうやって暮らしてたのに、変わったのはここ最近なのだ。

ネットがしっかりしていたら、山奥でも平気で暮らせるように思えるのだが、、、甘いかな。甘いだろうな。そんな楽しみは老後に取っておくぜ。今は、水菜を育てる。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

俺とガーデニング

20067302

家の一角をガーデニングスペースとしている。

野菜やハーブなんかもGETできる予定である。

出来れば、もうひとつぐらい鉢が欲しいが、置いておけるスペースが減ってきたため検討しなければ。

秋には、カスミ草も咲く予定である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺と文鳥と 2006-7-30

最近、見た映画などを、、ひとつ。

★ゲド戦記★

⇒めちゃめちゃ、酷評されているが、、、そこまでではない。

しかし、人にお勧めできるほど、面白くもない。
吾郎監督は、次回作に期待したい。真面目に作っている印象はうけた。舞台挨拶まで見にいったよ。

★日本沈没★

⇒あんまり期待していなかったが、面白かった。修学旅行で行ったあの街が、、、、、。日本のCGは世界のCGと遜色ないですね。

★MI3★

⇒文句なしに面白い。ミッションインポシブルシリーズで一番よいかも。とにかくスカッとする。コーラみたいな映画。

無理だろそれ!!」

って突っ込みなが見た。

★有頂天ホテル★

⇒相変らず面白い。三谷さん好きです。

★エクソシスト★

⇒すごくきっちりとした、ホラー映画。怖かったです。劇中なぜか日本語で「TASUKETE!」と壁に書かれているシーンがあり、謎なのだが、それもまた怖かった。サブリミナル効果を狙ったものか。

2006730

⇒花が咲いたぜ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« July 23, 2006 - July 29, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »