« July 30, 2006 - August 5, 2006 | Main | August 13, 2006 - August 19, 2006 »

俺と「もし戦ったらば」

『もし戦ったなら?どの動物くらいまでなら勝てるか?』

そんな事を、最近、仲間と話す機会があった。

「何、考えてんの?アホじゃないの?」

という女子諸君の意見はここでは無視したい。俺もひねもす、ゲームや漫画を読んだりばかりしているわけではない。いざという時、どれくらい戦えるか、それを語りたいのである。

戦うといってもルールが必要なので書くと。

★対動物、異種格闘技戦ルール★

・陸上のみとする。水中戦はなし。
・プライドなどのような、リングでの戦い。場外戦は有。
・人間側はナイフの所持のみ可。
・動物側は成人の男性とする。
・相手を絶命させた方が勝ち。勝った時点で虫の息でも、生きていれば勝ち。

地球上、もっとも強い陸上生物は1位「像」2位「サイ」3位「カバ」という噂である。彼らにはライオンすらかなわない、体重がまったく違うからである。

そう考えると、人間と同じくらいの動物ならなんとか組み合えるのではないかと思う。

結論から言おう。ほかの皆さんの意見は分からない、俺の意見である。

「ヒョウ」

ぐらいなら、いい戦いができるのではないか。大きさも同じくらいである。彼らの得意の走りもリングだと使えない。
そうすると、後はいかに噛み付かれないかの勝負になる。ナイフをうまく使えばなんとかなるのではないか。多分背中から羽交い絞めにするのが有効なのではないか。

「ジャガー」

くらいになると、さすがにライオンと戦闘力が同じと書かれているので難しいだろう。

ただ、いざ戦うという風になる前に、ジャガーもヒョウもかわいいので、ナイフなんてかわいそうである。今日は、そんな事を考えた日である。

別に嫌な事があったとか、そんなんじゃないよ。本当だよ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 30, 2006 - August 5, 2006 | Main | August 13, 2006 - August 19, 2006 »