« December 2006 | Main | February 2007 »

俺と文鳥と鍋

今日は久しぶりに鍋を作って彼女と食った。うまくて焦った。

レシピとしては

・昆布だしを取った、鍋に。
・白菜をどかっと入れて、シメジをどかっと入れて
・ネギをどかっと入れて、豚肉を入れて
・ポン酢にネギとショウガを入れて食す。

ショウガをちゃんとすりおろしたのがよかったと思う。うまかった。

先週は、ちと体が疲れてあんまりよくなかった。体が疲れているときは大体心あたりがある。食いすぎたり、運動不足だったり、野菜食ってなかったり。最近はヨガをやるせいか、体の変化が前よりよく分かるように思う。

最近、どんなにうまい外食よりも、家で食う方がなんかしっくりくるのだ。なんでなんだろうな。分からないが。昔はよく土日、うまいとされている飯屋に食いに行ったりもよくしてたのだが、最近ずいぶん減った。

好みがどんどん変わりつつあるのだ。


全然、関係ないけど、あんまりうまくいってなくても、毎日楽しく暮らすのが大事なんだなとこのBLOG見て思ったよ。この人、ある意味リアルである。間違いない。

ルーブログ


| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥と文鳥について

最近、文鳥が巣をつくるべく、本棚の上の隅によくじっとしている。なにやら紙くずなんかを運んだりしている。多分俺が協力しないから、ちょっと怒っていると思う。

うちの文鳥は明らかに俺のことを彼氏だと思っている。

よく尻尾を振っている。

よくくちばしで俺のほっぺたを突っつくのだが、すごく優しく突っつくのだ。多分「ねえ、ねえ」って感じなのだ。それとは、反対に彼女に対して、くちばしの痕が残るほど噛み付く。どうも嫉妬心というのもあるらしい。

文鳥は、小さい。手のひらに乗るくらい。こんなに小さいのに、人をどうしてここまで癒すのか。本当に命というものは不思議である。

この白く小さいふわふわした固まりが、しっかり生きており、頭もよく、感情を持って日々を生きていることを、文鳥を飼ったことのある人は知っている。

ひょっとすると、犬とか、猫ぐらいは頭もいいのかもしれない。

よくこのblogにコメントを残してくれている、ひとちさんの家の文鳥のチロさんが病気が重いみたいで心配である。同じ、文鳥飼いとして人事には思えない。早くよくなるといいな。

2006124cimg3391
⇒ここも巣の候補地のようである。


| | Comments (102) | TrackBack (0)

俺と文鳥と地球4周

中田英寿「自分探し」で地球4周

地球4周は、探しすぎだろう。

文鳥は、自分探ししねえよ。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

俺と文鳥と休日とキャバクラ


沢山の人から、誕生日の祝いの言葉をいただいた。最近ではなかなか会えない方、blogで知り合った方、家族、友達。ただひたすら感謝。自分の誕生日を祝われるのが嬉しいように、親しい人の誕生日は忘れないようにせねばと思った。

ところで土日、所謂、冬っぽい日々が続き。あんまり外には出なかった。

俺は、ひたすら歌舞街で

「キャバクラの経営」
「ホストになって、お金を持っている女の人を口説いたり」
「キャバクラに通いつめたり」
「雀荘に通いつめたり」
「パチスロで金を稼いだり」
「孤児院に寄付したり」
「ヤクザと戦ったり」
「古武術を学んだり」

などしていた。もちろんゲームである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

俺と文鳥と子供と29

先日、京王新線に新宿~幡ヶ谷まで乗っている時。時間は多分、夜の8時くらい。

俺を含めて、疲れたサラリーマンやらOLやらが沢山乗ってた。

その中に女の子と、そのお母さんが一緒に座っていた。女の子は小学校2~3年だろうか。お母さんは40歳くらい。

習い事の帰りとかなのかな。

女の子が、もう嬉しくって、楽しくって仕方がないって表情をしてるのだ。多分その嬉しくって、楽しくって仕方なかった事があって、その事をお母さんに伝えたくて仕方がないみたい。「ねえ、ねえ」ってすごく話しかけているのである。

でも女の子もしっかりした子で、地下鉄の列車のなかで、あんまり大きな声だしたら迷惑だって事も知ってるんでひそひそお母さんに話し出したのである。

でもって、そのひそひそ話を聞いたお母さんもちょっと嬉しそうな顔して、今度はひそひそ女の子に話すんだよ。するってえと、もっと女の子がにこにこして、またお母さんにひそひそ話すの。

ひそひそ話をしているものだから、内容はまったく周りの人間には分からない。けれど、、、

俺は、ちょっとその「嬉しくって、楽しい」の欠片をもらった気がしたんだ。子供はやはり偉いよ。いるだけで周りを幸せにするもの。

、、、、ところで、、。






書いているうちに、1月19日になり、気づくと29歳になりました。へへへ。29歳の俺もよろしく!!






2006124cimg3385
↑「おめでとうなんて、言わないんだからね!!」と噛みついた文鳥の図


| | Comments (8) | TrackBack (0)

俺と文鳥とDANGEROUS

金曜日にATOMIC BOMBが主催する「DANGEROUS」というイベントがあったので夜の渋谷に赴く。

毎度、ここでレポートをしていると思うが、毎回、新たな発見があって面白い。といいつつも、文鳥好きが集まるこのBLOGのことであるから、はっきりいってどういうイベントの感じなのか全く分からないだろう。

親愛なるDJ OASIS氏がblogにアップしているのでご確認いただきたい。
金曜日ということもあってか、男の率が非常に高く、THUG(悪そう)な奴らが多かった。友人が当初彼女を連れて行く予定だったが、運よく風邪を引いたため来なかった、賢明な判断である。

悪そうな奴らは大体友達という感じには、なかなかならないものである。

K DUB SHINE、DJ OASISの新ユニット、RADIO AKTIVE PROJECTのライブが神がかっていて、俺の大好きな名曲を沢山やってくれたので本当にうれしかった。「まじ興味ねえ」「自己表現」「そりゃないよ」「ATOMIC BOMB PARTY」「ATOMIC BOMB」どれも俺が励まされた曲である。(全部曲名ね、分かりにくいけど。)

宇多丸さん(ライムスターの人)、ZEEBRAさんなんかも来ていて、ライブはやらなかったけど、かなり豪華な感じだった。ZEEBRAさんと、オアさん、K DUBさんが一緒にいる感じだと、、、これは、、、キングギドラ再結成をちょっと期待してしまう。ファンとしてはじっくり待ちたい。

宇多丸さんは、ライムスターのCDをよく聞いていたので好きで会えて嬉しかったが、実際に見ると、俺よりもずいぶん背が高く、でかい。(ちなみに俺 180cmぐらい)そんな大きいイメージなかったから、結構びっくりした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

俺と文鳥と新居購入

俺も男であるからして、家がいつかは欲しいと思っている。という訳で新居を購入した。

見ていただきたい。文鳥が大喜びである。

ここから先は文鳥好きしか分からない、このゲージのすごい部分を紹介しよう。

・餌飛びガードがついている。
⇒うちの文鳥の食事の仕方は本当にひどく、いままで粟を撒き散らしていたが8割が解消。

・引き出し式じゃない。
⇒引き出し式だった場合、最初はいいが隅にゴミがたまってしょうがいない。今回は上の金属部分が簡単に取れるタイプ。シンプルなので洗い安い。

・広い。
⇒今までより広い。

2006124cimg3379

2006124cimg3380

2006124cimg3383


| | Comments (13) | TrackBack (0)

俺と東京と幡ヶ谷


実家から帰ってきて、仕事を始めたら、またすぐ三連休。まだ正月気分が抜けてない。

最近、近所でバラバラ殺人事件が多すぎである。「バラバラ殺人事件」という名詞に「多い」という形容詞を使う日がまさか来るとは思わなかった。

特に、幡ヶ谷であった事件は連日ニュースですごくやってる。報道関係の車も多い。場所は俺の家から5分の距離。まったくどうなってるんだ。

俺が、忘年会で幸せに飲みつぶれてる頃、その1キロ圏内で、姉ちゃんをバラバラにしてる奴がいたとすごく悲しい気分になってくる。いったい、どんな気分でいたんだろうか。

一緒に飯を食って、悩みを聞いてくれる、大人とか友達とかいなかったのかな。

今日は東京は大雨、まだ代々木八幡に初詣に行けていない。明日は、晴れるか。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と正月と2007

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

格闘技と、ダウンタウンの罰ゲームを見た後、俺は母と、除夜の鐘を突きに、功山寺という高杉晋作が奇兵隊を挙兵した寺に行く。寒い。

その後、近所の神社に行って初詣を済ます。ふぐ雑炊が100円で配っていて、食ったうまい。

父とのパチンコは、父の圧勝で終わり、俺は惨敗だった。「海物語」の勝ち方をいろいろと俺に伝授してくれたが、難しくてよくわからなかった。

今日は、「Animal Planet」「Discovery Channel」なんかをだらだら見ていると、本当に暇になってきて、体中にあふれる暇と格闘しているが、車がないとどこにも行けず。車はないので、さあどうしようと考えている。

Cimg3285_2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »