« 俺と文鳥と犬吠岬 | Main | 俺と文鳥といろいろ »

俺と文鳥と休日

最近の植物である。

日差しが強くなってきて、雨も温暖化のせいかよく降っている。

少なくとも、俺の家のベランダでは、植物は期は熟したと判断したのか激しく育ち始めた。

生命力やなあ。

2007610cimg3793

2007610cimg3799

先週、種を植えた枝豆が芽を出してきた。塩茹でして早くビールを飲みたい。

2007610cimg3800

多肉植物が増えすぎて、訳のわかならいことになっている。多肉植物はバラバラにしてもどんどん増えていく。

2007610cimg3802

ローズマリーの森である。花はクロサンドラ。


|

« 俺と文鳥と犬吠岬 | Main | 俺と文鳥といろいろ »

★ :趣味の園芸」カテゴリの記事

Comments

暑中お見舞い申し上げます。

枝豆の成長具合はいかがでしょうか?

この季節ジメジメしていて蒸し暑いですね。
文鳥ちゃんも元気にしていますか?

お体に気をつけてお過ごしください。


Posted by: mallow | 2007.07.03 at 10:42 PM

mallowさん

こんばんわ。
枝豆は森になってます。。。。
大変です。

暑中見舞いありがとうございます。
東京は蒸し暑いですね。

Posted by: 俺ブン | 2007.07.06 at 01:55 AM

こんちは、のりです。

7月にはいってますますベランダの植物は大変な事になっている事と思います。

先日海外旅行のため、文鳥を実家に預けるべく広島から福岡へ車で移動をすることになった。
文鳥はキャリーケースにいれて、助手席に。

えさと水はいれていたが、青物をいれておらず、ま、
途中この季節、はこべくらいはどこにでもあるだろうと、サービスエリアの草地をさがしてみたもののどのサービスエリアにもハコベなどなかったのであった。
ハコベをこんなに探すなんて。

反面、また別の日の話だが、私は広島から通勤で岡山に毎日通勤しているというちょっと変わった毎日を送っている。俺ブンさんはそれがどの程度すごいのかわからないかもしれないが、広島から岡山は新幹線で40分である。
そんな通勤費を払ってくれる会社よありがとう、、、、って、そんな話じゃなくて、仕事で岡山の郊外にいったときの話である。
一面黄色のコスモスのような花でとても美観だったのである。
きれいな花だといたく感心し、帰社後社内の人間にいかにその花のある景色がすてきだったかを説いていた。
するとどうもその花は外来植物で、最近になって日本に入ってきた植物でとても生命力が強く、あっというまに広範囲に広がっていったそうである、同時に淘汰されていっている植物があるそうで、まるで植物界のブラックバス、カミツキガメである。
そこでテレビでさかんにその植物をほかに植えたり、遠距離に移動させてはならない、といっていたそうである。

何日か前のお話に温暖化でペンギンが減っている、というコメントがあったけど、地球がおかしくなっていることとともに、いろんなものがありえないくらい行き交っているので水や土や空気がまざりまざって出してる影響もあるのかな。では。

Posted by: のり | 2007.07.08 at 11:28 PM

こんばんわ。

俺ブンです。

岡山から広島結構遠いですね。

黄色いコスモスみたいな花って、、、なんなんだろ気になります。
デモルフォセカとかでしょうか。

外来植物は、問題だと思うんですけど、園芸植物はそういうのが多いですね。

ちなみにコスモスも日本には明治時代に入ってから来た、原産はメキシコの植物です。

結構、自治体とかが植えまくってますからね。

広島から岡山って結構距離ありますね。
私も、東京から、山口まで新幹線で帰るのでよくわかりますよ。
毎日ってのは想像つかないですけど。

地球の温暖化とか、みんながベランダでガーデニングしたら解決しないですかね~。

ゴアも地球の温暖化でみんながそれぞれできることの一つに
「木を植える」事を上げてました。
どれくらい効果あるかは分かりませんが。

Posted by: 俺ブン | 2007.07.09 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/15389922

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と休日:

« 俺と文鳥と犬吠岬 | Main | 俺と文鳥といろいろ »