« November 2007 | Main | January 2008 »

俺と文鳥とクリスマスとFF4と年末

メリークリスマス。

クリスマスなので、チーズとかクラッカーとか買って彼女と食べて、チキンを焼いた。あとNintendo DSとファイナルファンタジー4を買ってあげた。

ファイナルファンタジー4を起動してみたが、CGがすごくてびびった。FF4いえば高校2年ぐらいの一番根暗なときにやったなと思ったが、オープニングだけみるとどんなゲームだったか全く思い出せない。スーパーファミコンのFFで言うと、FF5、FF6がFFでいうと一番プレイしていたように思う。

俺はここのところドラゴンクエスト4をプレイしている。発売当初、小学生だったが、ファミコンを買ってもらえなかったのできちんとプレイできず、友達の家でRPGをやらせてもらう嫌な子供だった。やっとライアンが仲間になりそうである。

彼女にNintendo DSを買ってあげて、財布が緩んだのであろう。先日、紹介したカオシレーターを渋谷のDJショップで買ってしまった。明日、入荷予定とのことで楽しみである。これでHIPHOPのトラックを作るであろう。

年末は山口の実家に帰る予定である。新幹線のチケットも取った。飛行機の方が1時間くらい早いと思うのだが、空港での待ち時間と相棒の文鳥が心配でなかなか飛行機に乗れない。

世の文鳥好きはどうしているのだろうか。

俺は新幹線の移動の際は、小さいキャリーバックに文鳥を入れて、暗くして紙袋で運んでいる。水がこぼれた困るので、スポンジを水入れにいれてしみ込ませている。

飛行機で帰郷したいのだが、気圧とかが心配で文鳥と一緒に帰るときには使えない。多分大丈夫だと思うのだが、俺は飛行機に乗るとき気圧が耳が痛くなる。その痛みが文鳥を襲ったらと思うと、想像するだに恐ろしい。

文鳥とはいえども、鳥である。空を飛ぶことが仕事みたいな所はあるから、気圧云々の言いごとをいうんじゃないと文鳥に説き伏せることはできる。しかし、説き伏せたところでどうなるだろうか。

俺ブン、ごめんやっぱり上空1万メートルともなると無理だったよ

となった場合、これは取り返しがつかない。同じ鳥の種類でも渡り鳥は上空8000メートルを飛び、ヒマラヤ山脈をも越えるものいるらしいが。

そんなわけで、今年も実家には文鳥入りの紙袋を後生に大事に抱えて帰る事となる。東京駅で、紙袋を宝物みたいに抱えている30歳の男をみたら「俺ブンさんですか」と話しかけて欲しい。

ともかくメリークリスマス。ハッピーニューイヤーまであとわずか。お体をきをつけて。

20071226cimg4954
⇒家から見た富士山である。

| | Comments (549) | TrackBack (1)

俺と文鳥とKAOSSILATOR

object width="425" height="355">

全く、音楽できないのだけれども、ちょっとやってみるのは好きである。この楽器、面白そう。欲しい!!
っと思ったらほとんどのネットショップで売れ切れている。

ちょっといいなあ。ここまで来るとゲーム感覚である。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

俺と文鳥とクリスマス

20071223cimg4933

20071223cimg4934

20071223cimg4936

20071223cimg4942

今日は久しぶりに文鳥の餌と、フィトンチッド(文鳥のゲージに敷く木のくず)を買いに渋谷に行った。相変わらずキロ単価で言ったらうちの米より高いものを食べていると思う。

渋谷の街がやけに人が多いなと思ったら、そういうやクリスマスなのだ。多いはずである。クリスマスのせいかさまざまな団体の街宣車が街でおのおのの主張を行っていた。社会人になってから、クリスマスというよりは年末という意味合いが強くなってきているように思う。

家に帰って、M1グランプリを見た、俺は数年前からこっそり東京ダイナマイトというコンビが好きで応援していたけれど相変わらず決勝には出れずに残念。優勝した、サンドウィッチマンは全く知らなかったが、面白かった。ちょっと東京ダイナマイトと雰囲気が似ている気がする。

<感想を備忘録として>

・新しいアイデアをやろうとしているチームは、なかなか完成度があがりにくく点に結びにくい。でも俺は好き。
・王道の漫才は、努力を評価されている気がする。面白いとは思うのだけど、もう一つ驚きが足りない気がする。
・サンドウィッチマン、ネタは定番ぽくとも同じキャラクターが他にいない。あのキャラクターであのネタだからこその笑い。

その人がいて、そのキャラクターは代わりがいない。というのはお笑いに限らず重要な事のように最近思う。代わりがいない人物になりたいものである。

文鳥で例えると、どうだろう。うーん。
見た目みんな似ているからなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺と文鳥とパンツセクシー

先日、パンツをまとめて三枚買ったら、一枚がどうにもこうにも小さい。ちなみに下着のパンツのことである。俺はいまだにズボンと呼ぶからである。

最近、体がでかいのでLLサイズを買ったにも関わらず、なぜか小さい。小さい下着にもLLときちんと書いてある。なのに小さい。

いろいろ調べてみると、どうもセクシーさを際立たせるために、わざとおへその下からずいぶんと下にパンツのゴムがあるようなのである。

買ったときは気付かなかった、『これはセクシーさを強調しておりますので、普通のパンツを御所望の方には少しセクシーです。』と書いていたもんなら俺も気付いて買わなかったであろう。

なんで、こんなの買っちまったんだろう。俺は別にセクシーになりたくねえのに。この間だって肝臓のγGDPが通常の戦闘力の5倍だとかで、『ちょっと肝臓が若いのにフォアグラ気味ですね』なんて医者に言われてるんである。そんな奴はセクシーを語っては駄目だ。立ち飲みやのおっさん属性だ。

そんな事を思っていたら歳のせいか泣けてきた。不要だよ、このパンツ。このパンツはくたびに俺はセクシーになりたくねえのに、と思いながらはくだろう。残りの2枚は普通のボクサータイプなんだよ、色のバリエーションの事だけ考えたためにこのような事態が訪れてしまった。

そういう訳で、週に一度俺はセクシーになった。

20071219cimg4725

20071219cimg4740

20071219cimg4743

20071219cimg4747

20071219cimg4875

20071219cimg4890

20071219cimg4895

⇒この前実家に帰った時の写真続き。下関といえば平家蟹、耳なし芳一
⇒自衛隊の演習は怖かった。圧倒的軍事力!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥と12月

俺ブンです。

先日、会社の後輩に誘われて、カラオケに行った。カラオケに行くと、大抵HIPHOPか、昔よく聞いていた曲を歌う。ただ会社の後輩とのカラオケであるので

「YO!! そこのカス野郎お前に3つの選択肢を与えよう。死ぬか、戦うか、BITCHみたいに訴えるかっ!!」

とハードコアジャパニーズHIPHOPを歌うと、びびると思うので、昔よく聞いていた曲を歌う事となる。TMネットワークとかエレファントカシマシとかユニコーンとか、吉田拓郎とかになる。

TMネットワークの「Still love her」という曲が好きで、その時、歌ったのだが、歌いながら自分が中学生だった頃を思い出した。歌詞の中に「12月の星座が一番素敵だと、僕をドライブへ誘った。」部分があって、中学生の頃、俺は、いつ俺にもそんなドライブに誘ってくれる女の子が現れるのか?とすごくどきどきしたが現在にいたるまで現れていない。

また、その後の歌詞で、「車のサンルーフから、星をよく眺めたね、君はよく歌っていたね」という歌詞があり、これも中学生の頃とてもあこがれたが、いまだにサンルーフがある車に乗ったことがない。サンルーフがある車ってでかいワゴンみたいなものかしらん。

彼女を無理やり、サンルーフがある車に押し込んで、星が見えるとこまで連れて行って「おい、ちょっとなんか歌ってくれ」と強引にその状況を作り出す計画を、2008年は立てるべきであろう。

この歌を歌うたびに、「あーもう12月だな」と思う。2007年ってのは本当にいろいろあった年で、2006年、2007年と
本当に自分的には激動だった。楽しかった。素敵な人に沢山知り合った。後、少しで終わるのが名残り惜しくもあるのだ。

20071218761

20071218cimg4786

20071218cimg4791

20071218cimg4800

20071218cimg4823

20071218cimg4870

20071218cimg4874

20071218cimg4889

⇒先日帰った、実家の様子である。
⇒家族で自衛隊の航空ショーを見に行った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »