« 俺と文鳥とパンツセクシー | Main | 俺と文鳥とKAOSSILATOR »

俺と文鳥とクリスマス

20071223cimg4933

20071223cimg4934

20071223cimg4936

20071223cimg4942

今日は久しぶりに文鳥の餌と、フィトンチッド(文鳥のゲージに敷く木のくず)を買いに渋谷に行った。相変わらずキロ単価で言ったらうちの米より高いものを食べていると思う。

渋谷の街がやけに人が多いなと思ったら、そういうやクリスマスなのだ。多いはずである。クリスマスのせいかさまざまな団体の街宣車が街でおのおのの主張を行っていた。社会人になってから、クリスマスというよりは年末という意味合いが強くなってきているように思う。

家に帰って、M1グランプリを見た、俺は数年前からこっそり東京ダイナマイトというコンビが好きで応援していたけれど相変わらず決勝には出れずに残念。優勝した、サンドウィッチマンは全く知らなかったが、面白かった。ちょっと東京ダイナマイトと雰囲気が似ている気がする。

<感想を備忘録として>

・新しいアイデアをやろうとしているチームは、なかなか完成度があがりにくく点に結びにくい。でも俺は好き。
・王道の漫才は、努力を評価されている気がする。面白いとは思うのだけど、もう一つ驚きが足りない気がする。
・サンドウィッチマン、ネタは定番ぽくとも同じキャラクターが他にいない。あのキャラクターであのネタだからこその笑い。

その人がいて、そのキャラクターは代わりがいない。というのはお笑いに限らず重要な事のように最近思う。代わりがいない人物になりたいものである。

文鳥で例えると、どうだろう。うーん。
見た目みんな似ているからなあ。


|

« 俺と文鳥とパンツセクシー | Main | 俺と文鳥とKAOSSILATOR »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/17460020

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥とクリスマス:

« 俺と文鳥とパンツセクシー | Main | 俺と文鳥とKAOSSILATOR »