« February 25, 2007 - March 3, 2007 | Main | March 11, 2007 - March 17, 2007 »

俺と文鳥と高校の時の話①


生まれたときから知っている姪っ子が、大学に合格したらしい。ずいぶん、小さい印象があった。この前まで中学生だったのに、もう大学生ということにびっくりした。春になると、時間の早さを痛感する。

春といえば、高校三年の卒業式を思い出す。

俺は、すべての大学に落ちて、浪人が決定して、ええいどうにもでなれってなかんじで、やさぐれていた。

卒業式ってのもはっきり覚えてない。俺はその頃性格が悪くて(今もけして、よくはないのだが)、いろいろイライラし、かっこよく言えばグレていた。かっこわるく言えば落ちこぼれていた。

卒業式の日になっても、俺はクラスメイトの半数以上の名前を覚えてなかった。友達は3人しかいなかったが、2人は双子だった。

卒業式の帰り、くだらねーななんて思って下宿先の旅館まで歩いて帰っていると、突然、クラスメイトが声をかけてきた。近所の薬局の息子だった。名前は覚えていない。

「俺ブン君、俺ブン君、ちょっと頼みたいことがあるんよ。僕と一緒に走ってくれん?」

「は?何をゆうとるん?」と俺。

「俺、俺ブン君に勝つために、最近ずっと走ってたんよ。」

「何それ?」

どうも、薬局屋の息子は、高校2年生の時に、リレーのアンカーだった俺の走りを見て、負けないために走りまくっていたとのこと。べつに彼が陸上部ってな訳ではなかった、彼はただの薬局の息子だったのだが、何か心に触れるものがあったようだ。彼は俺に勝つため、ずっと自主錬をしていたのだ。

「とりあえず、向こうの角まで」と彼が指差す。

俺は、卒業アルバムを無造作に道路に置いた。

二人で走った。ひたすら走った。どっちが勝ったか、まったく覚えてない。息が切れた。俺は足は速かったが、高校三年生の怠惰な暮らしがたたりひたすら疲れたことを覚えている。

息を切らしながら彼が言った。

「俺ブン君、ありがとね。」

彼は薬局に帰っていった。俺は下宿に帰った。

「青春っぽいこと急にしたくなりやがってあの野郎、恥ずかしいじゃねえか」なんて、当時、俺は思った。

それ以来、会っていない。春はもうそこまで来ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺と文鳥と「世界らん展」と「百草園」と

世界らん展という、東京ドームで1週間近くやっているイベントをご存知だろうか。

毎年、入場者数累計で45万人近くを誇る、一大ビックイベントである。45万人というと東京ドームが4万人としても
全盛期の巨人戦が11回開けるくらいのビックイベントである、東京ゲームショウなど目でもないくらいのビックイベントである。東京ドームを9日間、満員にできるアーティストがいるだろうか。

残念ながら、年齢層が非常に高いため、若いやつらまでその楽しさは伝わりにくい。俺のような園芸好きにはなかなか興味深いイベントなのだ。

2006343423

⇒見よ、東京ドームが蘭一色である。

2006343423_1

⇒なかなかしぶい。俺は気にいった。

2006343423_2

⇒やりすぎW

本日は、本日で、京王線、百草園駅にある百草園にて梅を見てきた。きれいである。

2006343423_4

2006343423_5

2006343423_7

⇒春が来た。

2006343423_6

⇒新宿が遠い。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

« February 25, 2007 - March 3, 2007 | Main | March 11, 2007 - March 17, 2007 »