« January 14, 2007 - January 20, 2007 | Main | January 28, 2007 - February 3, 2007 »

俺と文鳥と文鳥について

最近、文鳥が巣をつくるべく、本棚の上の隅によくじっとしている。なにやら紙くずなんかを運んだりしている。多分俺が協力しないから、ちょっと怒っていると思う。

うちの文鳥は明らかに俺のことを彼氏だと思っている。

よく尻尾を振っている。

よくくちばしで俺のほっぺたを突っつくのだが、すごく優しく突っつくのだ。多分「ねえ、ねえ」って感じなのだ。それとは、反対に彼女に対して、くちばしの痕が残るほど噛み付く。どうも嫉妬心というのもあるらしい。

文鳥は、小さい。手のひらに乗るくらい。こんなに小さいのに、人をどうしてここまで癒すのか。本当に命というものは不思議である。

この白く小さいふわふわした固まりが、しっかり生きており、頭もよく、感情を持って日々を生きていることを、文鳥を飼ったことのある人は知っている。

ひょっとすると、犬とか、猫ぐらいは頭もいいのかもしれない。

よくこのblogにコメントを残してくれている、ひとちさんの家の文鳥のチロさんが病気が重いみたいで心配である。同じ、文鳥飼いとして人事には思えない。早くよくなるといいな。

2006124cimg3391
⇒ここも巣の候補地のようである。


| | Comments (99) | TrackBack (0)

俺と文鳥と地球4周

中田英寿「自分探し」で地球4周

地球4周は、探しすぎだろう。

文鳥は、自分探ししねえよ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

俺と文鳥と休日とキャバクラ


沢山の人から、誕生日の祝いの言葉をいただいた。最近ではなかなか会えない方、blogで知り合った方、家族、友達。ただひたすら感謝。自分の誕生日を祝われるのが嬉しいように、親しい人の誕生日は忘れないようにせねばと思った。

ところで土日、所謂、冬っぽい日々が続き。あんまり外には出なかった。

俺は、ひたすら歌舞街で

「キャバクラの経営」
「ホストになって、お金を持っている女の人を口説いたり」
「キャバクラに通いつめたり」
「雀荘に通いつめたり」
「パチスロで金を稼いだり」
「孤児院に寄付したり」
「ヤクザと戦ったり」
「古武術を学んだり」

などしていた。もちろんゲームである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 14, 2007 - January 20, 2007 | Main | January 28, 2007 - February 3, 2007 »