« October 14, 2007 - October 20, 2007 | Main | December 16, 2007 - December 22, 2007 »

俺と文鳥と父と母と


ずいぶんと寒くなって、今年もあとわずか。更新の少ないこのblogであるが、実家でパソコンを覚えはじめた父と母が時々見ているとのこと。たまには更新せねば。

ITというものはすごいもので、先日87歳になった祖父がついに携帯のメールを覚えて、よくやり取りをしている。
まだ漢字変換が苦手である。ただもうあんまり不自由なさそうだ、俺はボケ防止の意味も込めてよく東京の風景や職場の風景を写メールして送っている。

祖父が今の私と同じ29歳の時はロシアに抑留されたたか、ちょうど日本に戻ってきたか、それぐらいだったように思う。今度聞いてみたい。

父が29歳の時は、俺が4~5歳だったのでよく覚えている。今はすっかり白髪だが、その時は見つけるたびに母が抜いていた。

一度、ガチャポンを買いに行って、帰ってきたらすごく怒られた記憶がある。何で怒られたのだろうか。父はその頃自分の机を持っていて、なにやら勉強をしていた。俺は父に、その机の引き出しの一つを使っていいよと言われて、使っていた。それがなにやら認められたようで楽しかった。俺は、なぜかふき(植物の)の茎の部分を、集めてそこに入れていたように思う。

今月末に実家に帰るのでいろいろと、父や祖父が29歳の頃の話を聞いてみたい。
おっと母の思い出が全くないので、また次の機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 14, 2007 - October 20, 2007 | Main | December 16, 2007 - December 22, 2007 »