« April 2008 | Main | June 2008 »

俺と文鳥とイベンチュアル

俺はこのblogでは「俺」とまあ言っているのであるが、普段の生活において「俺」という言葉より、よく「私」って言ってる気がする。

私と文鳥とというタイトルだと女性がやっている印象があるので、「俺」という言葉をわざと使っているのである。

言葉といえば、、、

先日、反省すべきことがあって、よく俺は自分が作ったと思っていた言葉で「イベンチュアル」という言葉を呑んだ時などに使っていた。

どういうときに使うかというと、たとえば日曜日にいろいろなイベントを楽しんだ、デートして、ドライブに行った場合などに

日曜日、すげーイベンチュアルだったよ

などと言っていた。多分、英語でのスペルは「eventual」。イベントが多いとかそういう意味で自分で作った造語だと思っていたのである。

そんな矢先、取引先の人が「eventual」って言葉を打ち合わせで使っていて、明らかに俺と同じ意味で使ってるわけだ。俺が飲んだ席で言ってたのが口癖でうつったのだろう。

で、やべ、俺の口癖がうつっただけならまだしも、別の意味がもしあったら、、、ってさっき調べてたら案の定「eventual」って単語はあって、「偶発的な」って意味があるんだよね。まいった。まいった。

落語家が日常茶飯事をわざと「にちじょうちゃめしごとなんて言いまして」なんて言ってるのをかっこいいと思って、俺も使っていたら「さはんじだよ、何間違えてんの?」と言われた高校時代を思い出した。

もうすぐ夏、みんな暑くなるぜ!!俺は覚悟できてる。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

俺と文鳥とHIPHOP紹介など

HIPHOPが好きなので、相変わらず、HIPHOPの曲をよく聞いている。時々紹介したいと考えている。まあ多分HIPHOPを聴かない人はなかなか聴くこともないと思うので、お勧めを列挙しておきたい。


JUN GMCの「RIGING SUN」ATOMIC BOMBという俺の好きなHIPHOPレーベルのラッパーのファーストアルバムの曲。ラップのスキルが半端ないね。韻踏みまくり。

ライムスターの「911エブリデイ」「いのちのかち」。ライムスターのなかでもメッセージの強い曲。どっちもすきだぜ。

DJ OASIS「まじ興味ねえ」これは聴きすぎてて、もう自分でよく分からなくなっているぐらいマスターピース!!

K DUB SHINE「自己表現」。K DUB SHINEはほとんど間違いない!!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

俺と文鳥と故郷について

実家から戻ってこのblogを書いているのであるが、ここのところ、好きな会社の同僚なんかとの別れが多く。

当たり前に感じていた日々とかを大事にしたいと思う次第である

などとblog向けに、いつもは前向きな事を書くところを本音を書くと、実際のところは少し凹んでいる日が続いていた。なにやらいつものやる気が出ないそんな状態。いろんな人と会って話を聞いたり、この先の行く末についてもろもろ考えたり、いろんな本とか読んでみたり、まあいろいろしたんだけどどうしようもなく、如何ともしがたい日々を過ごしたあげく、、、、

そういえば祖父の墓参りに行ってない

を口実にして実家への帰省となった。故郷に帰ることで何がリセットされる心地よさがある。高校の頃からずっと離れている山口県だが、俺にとってはやはり故郷。年々その存在感を増しているように思う。

本当に月並みな話なのだが、高校の時は山口県が大嫌いだった。引越しもしまくっていたので、町自体にもあんまり愛着がなかった。なんだろう、自分を取り巻く閉鎖的な何かを象徴しているように思った。多分、自分の持っているエネルギーをもてあましていたのだと思う。大学でアフリカ文化を専攻したのもその象徴で、自分の既成概念を突き抜けるほど遠くに行きたいという思いがあったのだろう。

そんな俺を山口県はあたたかく迎えてくれた、まさに故郷。という訳で続きの写真を日ごとに掲載しようと思ったのだが、実は残りの日々はほとんど関門海峡で釣りをしていたため写真がなくある分だけ細切れでの掲載となる。許されたし。

Rimg3785_2

⇒祖父の墓参りへ、ECOの影響で風力発電が増えている。近くで見るとデカイ。しかしうちの両親仲がいいな。

Rimg3794_3

⇒祖父のジャケットがいまだ掛けられている。祖母がかけているのだろうか。せつねえな。

Rimg3792_3

⇒椅子がただたたずむ。

Rimg3665_3

⇒こんな感じで俺も釣りをしてたんだけど、まったく一匹も連れなかった。祖父の釣り道具を形見としてもらったから大事に使うぜ。生まれてはじめて夜釣りにもチャレンジしたが、、、難しいなあ。

Rimg3667_3

⇒昔は家に直接船が付けれたっぽい。

実家に帰ったことで、悩みとか問題とかそういうのが『いや~解決しました。』なんて事はこの世の中にない訳わけだけど、なんかよかったよ。

今回はまさに『おもいでぽろぽろ』のような旅だったのう。

以下、その他写真など。↓

Rimg3615

Rimg3669

Rimg3673

Rimg3683


| | Comments (181) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »