« 俺と文鳥と御蔵島 | Main | 俺と文鳥とデトロイトメタルシティー »

俺と文鳥と羽

R0015883

羽が生え変わり、文鳥は美しい羽を保つ。
しかしどうして、羽が生え変わる時、彼らはイライラし、飼い主を噛むのか。

その事について鳥類学者達はどのように考えてるかは知らない。だが俺は今日一つの結論に達した。

まず人間で考えてみよう。
髪の毛がどんどん抜けていく感じ、きっと恥ずかしいだろう。
たとえ生え変わると分かっていても、その間、尻尾がちょっと短いだけで相当彼らはかっこ悪いと思っているに違いない。

そんなこともあってか

「また噛み付きやがったな。」なんて俺は言わない。

指噛んで気がすむんだったら、噛んだっていいぜ 
『風の谷のあの人』(by 須藤元気)みたく振舞うぜ。

ゲリラ豪雨みんな気をつけて、やつらはゲリラ的にやってくるぜ。
俺達もゲリラ的に逃げ回らないと、やられる。


|

« 俺と文鳥と御蔵島 | Main | 俺と文鳥とデトロイトメタルシティー »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

What's up to every body, it's myy first visit of this blog;this blog includes awesome and genbuinely fiune stuff in favor of visitors.

Posted by: Belinda | 2015.09.04 at 01:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/42343050

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と羽:

« 俺と文鳥と御蔵島 | Main | 俺と文鳥とデトロイトメタルシティー »