« 俺と文鳥と時間 | Main | 俺と文鳥と小室哲哉とTMNETWORK »

俺と文鳥と秋

秋になって肌寒くなってくると、思い出すのは予備校時代の事。

あの時は、成績あがんねーし。寒くなってきてあせるし、すげー追い込まれて、時間があったら散歩していた。

北九州の黒崎という町。

工場地帯の誰も歩かないようなところを散歩する。道路の上に配管が通っているようなところとか、山高く赤い土みたいなのが積まれている側とか、俺はそれ以来ずっと散歩が好きだ。

東京は歩くと楽しい街だと思う。風景が変わって、すぐ隣の駅に着く。

なんかどっか遠くに行きたくなってきた。


Rimg5867

Rimg5871

Rimg5872

⇒文鳥だ!文鳥だ!寒くなってきたから手がぬくいぜ。

Rimg5894

Rimg5896

Rimg5897

⇒代々木八幡の駅だっぜ!!夕方なのにもう暗いねえ。

|

« 俺と文鳥と時間 | Main | 俺と文鳥と小室哲哉とTMNETWORK »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/42866180

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と秋:

« 俺と文鳥と時間 | Main | 俺と文鳥と小室哲哉とTMNETWORK »