« November 2008 | Main | February 2009 »

俺と文鳥と31歳

年が明けて、もうすぐ1月が経とうとしているが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

俺も文鳥も、元気である。昨日、1月19日で31歳である。なかなかいい年である。

山本モナが自分と1歳しか年が違わないのにずいぶん自分より大人っぽく感じる。同じ年代生きてきたのに、俺には旦那がいる女性のスポーツ選手をくどいたりする人生を歩んでいない。自分の人生の選択肢次第ではそういう人生への道を進むこともあるのだろうか。不思議なものである。

自分の同級生達、特に高校、大学の同級生を想像して、みんな31歳なんだな。と思うと、なかなか感慨深い。

30歳までも、あっという間だったので40歳までも多分あっという間なんだろうと思う。同い年くらいの従兄弟はほとんど結婚してしまった。

しかし31歳くらいになるともう歳とかどうでもよくなってくる。最近、服装とかもどうでもよくなってきている。これがおっさんの始まりなのだろう。

うちの文鳥は、西武百貨店で買ってきたので誕生日は分からない。しかし鳥の場合、卵であるからして卵として生まれた時が誕生日なのか?それとも殻から生まれた時が誕生日なのか?

謎である。文鳥の誕生日が分かったら、誕生日のプレゼントとして塩土をケーキの変わりに文鳥にやる所存である。

風邪が大流行中なので加湿器を出して家にいる時は一日中加湿している。皆も気をつけて。


Rimg6569


Rimg6572


Rimg6576


Rimg6619


Rimg6635

⇒大阪、徳島とちょっとした旅行へ行った。海がきれい。
絵画は大塚国際美術館にて。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

俺と文鳥とお正月

明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

皆さんお元気でしょうか。

俺は文鳥と一緒に山口の実家に来ている。

このblogもダラダラと続け、2004年の1月にはじめたのだけれど、もう2009年である。blogというシステム自体がこんなにも長く続くものだとは思っていなかった。当時はまだはしりでweblogbloggerなんて言葉があったけど、もう使ってる人いないものね。

山口の実家に帰ってのんびりしている。関門海峡という海峡のそばの町に実家があるので、船の汽笛がよく聞こえる。昨年の暮れ祖父がなくなってから、2008年は本当にあっという間だった。

いろんな人に会って、いろんな事があって、いろんな事をしたなあ。ありがたいことばかりである。俺も文鳥も、幸せもんだな。と2008年を思い返して思った。

文鳥は相変わらずで、実家に帰っても俺になつきすぎて甘えてくるが他の人には凶悪な側面を見せる。正月くらいは遊んでやるか。

R0016329

R0016386

R0016391

R0016449

R0016471


R0016482

⇒山口はなんもないけどいいよ。本州のはしっこにあるよ。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | February 2009 »