« January 2009 | Main | March 2009 »

俺と文鳥とスナック

暖かくなったと思ったら、寒くなったり、三寒四温って今年になって始めて意味を知った。

俺は元気である。文鳥も元気である。

突然だが、皆さんはスナックって行ったことあるだろうか?俺はない。お菓子のスナックではない。飲み屋さんとしてのスナックである。

多分こんな所だろうというのは想像つくが、、、行ったことはない。行く機会もない。そもそも、そんなにお酒が飲めないのでそういう場所に行くこともない。

先日、実家に帰った時に父が

「東京のスナックはいくぐらいするんか?」

と聞いて来た事が、ずっと耳から離れないのである。この言葉の裏側には、多分お前も30を過ぎ社会人としてうまいことやってるみたいだから、スナックぐらい行っていると思うけれども、東京のスナックの値段ってのはどれくらいなんだ?

という意味が言葉の裏に隠れている。

「行った事ないけえー分からんよ」

と答えた、父も母も「へーいかないんだ」とちょっと驚きの表情。母もそういう反応というのが驚き。そもそもスナックってどういうきっかけでいくもんなんだろうか。多分、キャバクラとかとも違う何かなのだ。(キャバクラも行かないが)

近所にもあるにはあるが、入りづらそう。

スナック、、、、そこにはきっとおっさん達の夢が詰まっているのかもしれない。俺もいつかたどりつけるのか。はるかかなたの存在に思えてしかたない。

THEY SAY IT WAS IN INDIAとゴダイゴのようにつぶやく俺であった。


Rimg6712

Rimg6713

Rimg6714

Rimg6715

Rimg6716

文鳥も元気だぜ!
握りつぶしているのではない。親指で撫ぜているのである!!
かわいいのぉ。


| | Comments (11) | TrackBack (0)

俺と文鳥と休日

東京は春一番っぽいのが吹いた。

暖かい。

というわけで、土日は散歩をした。散歩は楽しい。いい運動になる。

春はきてんぜ!!。

Rimg6643


⇒家の近所にこんなバイクが!!かっこいい!!


Rimg6644_4

⇒文鳥も好きだけど、猫も大好きである。


Rimg6695_2

⇒世田谷にある羽根木公園内のプレーパーク。ここでは子供が公園内で自由に遊べる。


Rimg6678_2

⇒水を流してみたり。

Rimg6689_2

⇒屋根によじ登って、飛び降りたり。下にはマットがひいてあるのでみんながんがん飛び降りてた。

プレーパークってのは始めてだけど、すごく面白かった。自分が子供だったらすげー好きな公園になるだろう。
穴掘ったり、木に登ったり、子どもが楽しそうだったよ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥と原宿~渋谷

いやあ寒い。

街を歩いて、天気がいいかと思ってたんだが、歩くと寒い。

ウィンドウショッピングをしていると、冬物がセールで、もう春物の服を売ってんだ。

久しぶりに、原宿~渋谷まで彼女と歩いた。


200926r0016583

200926r0016587

⇒表参道って日曜日には日の丸飾るのね、知らなかった。
高級車多し。

200926r0016597

⇒彼女が行きたがっていたCAFEに、うまいが高い!!びびる。

200926r0016605

⇒外人が見たら、写真撮るな。

200926r0016627

⇒HIPHOP!!

200926r0016633

⇒よく見たらハートなのな。

先週くらいから祖母が病気で入院して、心臓がどうも不調のよう。体調が戻るまで、両親と暮らすらしい。

いろんな事が変わりつつあるな。

春はまだ遠いよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥と仕事とか

夜、会社から歩いて帰るとき、ふといろんな事を思う。ここんところ健康のため歩かなきゃいけないと思って歩いている。夜あるいてるといろんな事を考える。好きなHIPHOPを聴きながら、30分くらい歩く。歩いていてこんなこと思ったんだ。

まあいつものこのblogのノリとは違うし、説教くさいんだけど、まあ暇なら読んで欲しい。

このblogで語ることは少ないのだが、俺の仕事の話。

俺は子供向けの商品を作って売っている会社につとめている。
でまあ、いろんなものを企画したりして売ってたりする。

そんな会社に8年間くらい勤めいる訳だ。

当たり前のことなんだ、ふと思ったんだ。

俺が子供の時、少ない小遣いの中、大好きな漫画とか、ミニ四駆とか、ゲームとか本当に楽しみで仕方なかった。模型屋まで自転車で30分くらいだろう、千円札が1枚でも入ってたらドキドキしちゃうくらいのそんな感じ。

新しいミニ四駆を買ったときは本当にワクワクが止まらなかった、軽量化しすぎて壊しちゃった時は人生が終わったくらいに悲しんだ。お店に商品を予約するくらい欲しかったのはゲームボーイのゲームだったんだけど、本当に届くか心配で夜寝れなかったこともあった。

俺はここ8年くらい、あの頃の俺みたいな子供達(まあ子供だけじゃないと思うけど)そういう人たちのワクワクとかに暮らさせてもらってらってんだなと歩きながら思ったんだ。

俺の持ってる、服から、毎月払ってる家賃から、財布から、ケータイから、テレビから、東京に来てから買ったものすべて、全部、俺自身そのものですら、ワクワクした子供からカンパしてもらってんだなって思ったんだ。

そう考えると、、、、俺は子供達には頭が上がらない、感謝しかねーと思ったんだ。

この金は重いよ。だってさ、振って沸いたわけじゃないじゃない。マネーゲームでなんかすげー大金手に入れてるわけじゃないじゃない。子供の思いの固まりじゃない。重いんだよ。

8年も今の仕事やってたけど、今、改めて気付いた。頭じゃなんとなく分かってたし気付いていたと思う。でも真剣にそう思えてなかったんだと思う。会社から給料もらってんじゃねー、子供からカンパしてもらってたんだ。

歩きながら言葉じゃなく心で理解した。

馬鹿だな俺、もう31歳なのによ。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »