« July 2009 | Main | September 2009 »

俺と文鳥とカメラ

後輩の奥さんが、いらなくなったTOYデジカメというのをくれたので、東京をいろいろ撮ってみた。

意外と、面白い写真が撮れている。

Img_0024


Img_0028


Img_0034


Img_0055


Img_0059


Img_0068


Img_0069


Img_0077


Img_0089


Img_0093

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥と夏の終わり

せみが死にまくってる。夏の終わりが近づいているのだ。

はやいよ。毎年。

実家に帰ったら、親戚が集まってみんなこのblogを見ていてびびった。うかつなことは書けないな。

今年の夏はは実家の山口が、土砂崩れとかが大変で。アメリカ人の仕事相手が常に、そのこと気にかけてくれる。うちは直接は関係ないんだけど、海外でも報道されているのだろう。

今年の夏、あったことをざっくり書いてみる。

・ROCK IN JAPAN FESに行った。

・COMIC MARKET 2009に行った。

・B BOY PARK 2009に行った。

・実家に帰った。

・お台場にガンダムを見に行った。

・北方謙三にあった。

うーん、並べてみるといろいろだな。
夏はいつもばて気味になると思っていたが、遊びすぎが原因かもしれぬ。気をつけなければ。
夏の終わりはいつもせつない。皆さんはどうだったろうか。

Rimg8126

Rimg8129

Rimg8131

Rimg8132

⇒親戚に文鳥どしたの最近?と散々聞かれたので久しぶりに文鳥を。元気である。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

俺と文鳥と北方謙三


友人に誘われて、北方謙三さんのサイン会に行った。

古くはホットドックプレスの悩み相談から、最近は水滸伝がとにかくかっこいい。

場所は新宿の紀伊国屋、北方さんはそこにいた。

驚いたのは顔だ、どんな風に年をとったらこんな顔になるんだろうか。水滸伝の武将にいそうな、渋さ。シワが深く刻まれているが、顔は日に焼けている。

「質問は何かありますか?」と丁寧な口調で先生が聞いてくる。俺はしどろもどろしながら

「スランプの時とかどうされてますか?」と尋ねた。

「一日中、真っ白の原稿用紙の前に座る。そうすると、自分が自分でないような錯覚がしてくる。そんな時ペンが勝手に動く、するといい文章がかけてるんだよなあ」と笑いながら答えてくれた。

50歳は超えている。いまだ最先端で新しいモチーフにチャレンジし、しかも最高に面白い。

年をとるってのはいいことだと思った。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »