« 俺と文鳥とマイケル・ジャクソン | Main | 俺と文鳥と夏の終わり »

俺と文鳥と北方謙三


友人に誘われて、北方謙三さんのサイン会に行った。

古くはホットドックプレスの悩み相談から、最近は水滸伝がとにかくかっこいい。

場所は新宿の紀伊国屋、北方さんはそこにいた。

驚いたのは顔だ、どんな風に年をとったらこんな顔になるんだろうか。水滸伝の武将にいそうな、渋さ。シワが深く刻まれているが、顔は日に焼けている。

「質問は何かありますか?」と丁寧な口調で先生が聞いてくる。俺はしどろもどろしながら

「スランプの時とかどうされてますか?」と尋ねた。

「一日中、真っ白の原稿用紙の前に座る。そうすると、自分が自分でないような錯覚がしてくる。そんな時ペンが勝手に動く、するといい文章がかけてるんだよなあ」と笑いながら答えてくれた。

50歳は超えている。いまだ最先端で新しいモチーフにチャレンジし、しかも最高に面白い。

年をとるってのはいいことだと思った。

|

« 俺と文鳥とマイケル・ジャクソン | Main | 俺と文鳥と夏の終わり »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/45984965

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と北方謙三:

« 俺と文鳥とマイケル・ジャクソン | Main | 俺と文鳥と夏の終わり »