« 俺と文鳥と結婚など | Main | 文鳥小説 第一羽 「東京」 »

俺と文鳥と昔住んでた町

皆さん元気だろうか、お久しぶり。俺と文鳥は元気である。

先日、実家のある山口に嫁さんと文鳥を連れて帰った。

嫁さんは一人で先に帰ったので、俺は途中でBACK TO BASIC昔を思い出すべく一人途中下車の旅を敢行した。
徳山という街である。徳山市という市だったが、今は合併して周南市になっている。

徳山という街には幼稚園~小学校6年生まで住んだ。人格形成においてもっとも重要な部分を占めている時代をこの街で過ごしたといっても過言ではないだろう。

今でもよく夢にこの街が出てくる。そんなこともあるので振り返る。人生の節目にまさにふさわしい旅になった。非常にプライベート。ほとんどの人にとって全くどうでもいい記事。だが書かせてくれ。俺のChildhoodを!!

●俺の旅 2010

Rimg10286

⇒山の中腹にあるアパート。坂を上るのが子供の頃は大変だった。今は平気。このアパートで最初に雀を飼い始めたのが今につながる小鳥好きの系譜である。ちなみにイモリもこの頃飼っていた。

Rimg10287

⇒昔は草がここまで伸び放題になっていなく、きれいな水が流れていた。この草ぼうぼうのなかに土管があって俺達はそこを秘密基地にしていた。しかしよくこんなところで遊んでたな、、、。

Rimg10288

⇒写真の中央の木は、俺の子供の頃には俺よりちょっと大きいくらいだったように思うが、、。もはや大木。
20年の月日ってのは恐ろしい。

Rimg10316

⇒あんまり興奮して昔よく登っていたアパートの裏山にに一人登ってみた。帰りに昔通っていた道がなくなっていて、一人で沢くだりをすることになる。小学生にして山登りを趣味にしていたとは、、、。防空壕が残っていたり、謎の祠があったりと子供の好奇心を刺激するもので一杯だった。

Rimg10322

Rimg10280

⇒よく遊んだ興元寺という寺。今見ると寺にしてはお城のようにものものしい。杉元相という人を祭る杉神社という
ほこらがすぐ側にある。この神社が「あったか、なかったか記憶がはっきりしないでも夢にはよく出てくる神社」でここにたどり着いたときは記憶のピースがはまるような感触があった。

Rimg10373

⇒「おもちゃのくすの木」この玩具屋にどれだけ心奪われたことか。この裏にあった模型屋と合併?したのかな広くなっていた。相変わらず子供の心をわしづかみにするような品揃えだった。

Rimg10385

Rimg10384_2

⇒子供の頃に社会見学に行って知っていたが、徳山という街は回天という人間魚雷で有名な町。子供の頃はよく分かっていなかった。回天ってのは、、、そばでみるとただの魚雷だな。絶対に入りたくない。

町を一通り歩いても大して時間がかからないくらい、そんな小さな町なのだが歩けば歩くほど脳の中で記憶がふつふつとよみがえってきた。これはすごく不思議な感覚だった。

俺は海と山と工場に囲まれた町で幼年期を過ごしたのだ。まあ、、、全く文鳥と関係ないな。


|

« 俺と文鳥と結婚など | Main | 文鳥小説 第一羽 「東京」 »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
時々見させていただいてます。
ご結婚おめでとうございます。

私は、就活に忙しくて、結婚はまだまだです(;;)。
また、楽しみに読ませていただきます。

白文鳥大好きです。

Posted by: さえ | 2010.09.25 at 04:23 PM

はじめまして。時たまブログを拝見させて頂いてます。
そしてご結婚おめでとうございます!
私は女の子ブンを二羽飼っておりまして、毎日彼女たちの我が侭に悶えております。
一羽飼いの率直な愛情がうらやましいです、そして微笑ましいです!
そして私も徳山出身で現在も住んでいるので驚きました!

Posted by: 名無子 | 2010.10.07 at 08:15 PM

さえさん

返事遅れてすいません。
文鳥も私も元気です。

就職活動は大変ですよね。私の時も氷河期でした。
もう10年くらい前の話ですけど。

がんばってください。

Posted by: 俺ブン | 2010.10.08 at 12:18 AM

名無子さん

こんばんわ俺ブンです。

徳山出身の人からコメントがあるとは!!
すごく嬉しいです。
相変わらず素敵な町で、訪れて夢が叶った思いでした。

商店街とか昔と比べるとニチイもトポスもなくなってて
駅ビルもお店がなくなってましたけど。昔からある店も残ってて
嬉しかったです。

文鳥は2羽で飼うのもいいですよね。
昔、文鳥を2匹飼ってたこともあります。
懐かしいです。

Posted by: 俺ブン | 2010.10.08 at 12:24 AM

私も何年か前から俺ブンさんのブログを拝見していましたのでこの度びっくりしました!そして私もすごく嬉しいです。
何枚目かの写真のすごく近くに住んでいます(どれとはここでは言えませんが/笑)
ニチイもトポスも懐かしいです!私はトポスの向いのアピーナという雑貨屋さんが好きだったのですが無くなってしまって寂しいです。
二羽は人間の双子と同じような感じがします☆それはそれで大変ですが見ていて飽きませんね。飼い主としては時々寂しいですが。
長くなりましたが、徳山が素敵な町だなんてここ最近全く思っていなかったのでとても新鮮な気持ちになれました。長年住んでいると慣れてしまって素敵なところに気づけなくなるものです。
これからもブログ楽しみにしてます!

Posted by: 名無子 | 2010.10.10 at 08:27 AM

名無子さん

こんばんわ。俺ブンです。

今、東京に住んでみるとあの頃の徳山の通りの名前って東京を意識したもんだったんだなと始めて分かりました。

岐山小学校、河原幼稚園が私が通ったところなんですがあんまり変わってなかったですね。

もっと商店街に映画館が多かったような気がするんですが、、
時の流れでしょうか。

ロッテリアしかなくて、ちょっと離れた場所にマックが出来た時に家族と行って張り切りすぎて朝マックしか置いてなくてショックだったのはいい思い出です。

その時撮った写真です。私の通学路を中心に懐かしい場所を写真に撮ってます。名無子さんにはいつもの場所かもしれないですが、、、、。

http://picasaweb.google.co.jp/orebun/20100816?feat=directlink

Posted by: 俺ブン | 2010.10.11 at 11:03 PM

こんにちは。
ロッテリア懐かしいです!ロッテリアもマックも今では無くなってしまいましたが。
映画館も閉鎖気味になってますね…隣の市にショッピングモールが出来てそこに映画館もあるのでみんなの足が遠のいてしまったのかもしれません。
写真拝見しました。俺ブンさんの通学路、私もよく通りましたね(笑)
あの辺はほとんど変わってないですね。
ご近所が写っていて何だか妙な気分です。

Posted by: 名無子 | 2010.10.12 at 01:12 PM

名無子さん

私の実家が今ある下関も大きなショッピングモールができていて
中に入っているお店は東京のお店とあんまり変わらなかったりしてます。

小さいお店はどんどんなくなってしまいますね。

通学路通りましたかw
なるほど。

今回はあんまり時間がなくていけなかったのは
福田寺っていうお寺の息子とよく遊んでたんですが、そこの近辺と。栄谷という山の方と、動物園なんです。次回はぜひ。

動物園は昔、ゼロ戦が置いてあったくらい前から知っているんですがもう大分変わってると思います。

私は父の転勤、進学で大阪、就職で東京と点々としてるのでたまに昔住んでた町に行くとタイムカプセルのふたを開けるような気持ちになります。タイムカプセルを開けたことはありませんが、、、。

コメントありがとうございます。

Posted by: 俺ブン | 2010.10.13 at 01:46 AM

With something for everyone, the Simpsons are a gift to the world, injected with undying humor, love and most of all, family. The tv show has been on the air since 1990 and without a doubt, it has been noted as the greatest animated television program for its time. was a laugh-riot that centered on a mystery drink that was named.

Posted by: simpsons tapped out donut hack | 2014.10.04 at 09:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/49253255

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と昔住んでた町:

« 俺と文鳥と結婚など | Main | 文鳥小説 第一羽 「東京」 »