« April 2011 | Main | June 2011 »

俺と文鳥と梅雨


雨降るねー。

iphoneの天気予報が全部雨でビビった。部屋で本とか読むのがいいんだろうね。かわいい文鳥ちゃんの写真をあげておきます。

一眼レフとかもってたら、飛んでる文鳥とか撮れるんだろうけど。他に飛んでるもんあんまり撮らねーので。。。

なんか最近、文鳥がやたらさみしがるんだが、なんかそういう気分なのかな。

Rimg1259

Rimg1283

Rimg1284

Rimg1289


| | Comments (11) | TrackBack (0)

俺と文鳥と「元気が出る曲」

俺と文鳥は元気である。

ただ元気ない時もある。

あれ?

ひょっとして、、、

あんたそうかい?元気ねーのか?

よかったちょうどおすすめのHIPHOPがあるんだよ。え?HIPHOPなんか聞かない?そりゃあんた耳を貸すべきだぜ。

まあ俺が最近いいなと思って元気が出た曲を紹介しますよ。奇しくもすべてライムスターの最新「POP LIFE」アルバムからなんだ。このアルバムはかなりいいよ。前のもアルバムよかったけど。
ますますいいよ。

ライムスター 「そしてまた歌いだす」←リンクで歌詞に飛びまする。

この曲自体は震災前の曲なんだけど、深いよ。俺や文鳥なんかもそうなんだけどさ、あんまり人の生き死なんかにかかわる仕事をしてないんですよ。どちらかといえばあるとちょっといい程度のもんなんですよ。文鳥なんてかわいいだけだよ。でもさ、「いまあんたがそんな事してる場合なの?」なんていう奴は怪しいんだよ。

この曲の歌ってとこを自分の仕事や、好きなもんにあてはめてみるとさ、感じるものがないだろうか。

"要は無駄か 歌や言葉は どうも疑いがち 利口な大人は だが俺にいわせりゃだから出番”このフレーズとかなんかさ、やってやろうじゃねーかって思わないかい?俺は好きなんだよね。

ライムスター 「POP LIFE」

毎日さ、生きてる、どうでもいい日みたいな感じもするときもある。

でもさそれが最高なんだよな。文鳥のゲージ開けて、文鳥にふんされて、嫁さんが怒ったりして、俺も腹が立つからさ「文鳥にもっと優しくろ」なんて喧嘩になったりさ。後で、言い過ぎたかなみたいとか後悔する。そんなまあどうでもいい毎日が実は最高なんだよね。

時々、忘れがちになるよな。ひょっとしたらいまのすべてが一瞬で消え去ることだってあること。

毎日、そうそううまくいかねーよ。俺も文鳥もさ。

でもさ、まあやるんだよな。それいいんだよな。

Peace !!


| | Comments (27) | TrackBack (0)

俺と文鳥と洗濯

俺と文鳥は元気である。嫁さんも元気である。

最近、どうでもいいけど。シャツを手洗いするようになった。
世間的にはあたりまえですよね。すいません。

夜型の生活のせいか、クリーニングに出すのが面倒でしかたない。今まで結構出してた。洗濯乾燥機に洗濯物をいれるとあんまりシワシワになり、シャツを洗面所で手洗いする。

手洗いすると、どんどん水が濁ってくる。こんなに汚れてたのかと思う。洗ってると、ちょっとその服が好きになる感じがある。不思議だ。ただ洗ってるだけなんだけど。愛着がわくよ。自分で手をかけてる感じがいいのかな。

帽子も手洗いしたことがある。先輩からもらったもの。タバコを吸う人だったので(俺は吸わない)結構汚れてたので手洗いした。すごい、水が真っ黒になった。タバコって怖いね。2回洗ったよ。

ちょっと手をかけると、すげーいろいろ楽になるのにって事がある。毎日の生活の死角になってんだよな。

先日、もともとうちについていた換気扇みたいなものが実は、外との温度を調整するためのものと知って驚いた。スイッチをいれると確かに涼しくなる。なんでついてるのか全く謎だったが、ググッたらすぐでてくるんだよ。6年近く住んでるのにね。

毎日を快適に暮らしたいもんである。今日はどうでもいい話だな。すまぬ。

2011rimg12391_3

2011rimg12397_3


⇒羽が生え変わって文鳥もますます美人になった。文鳥のゲージも月1で洗ってるぜ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

俺と文鳥と幡ヶ谷

俺と文鳥は渋谷区の幡ヶ谷という町に住んでいる。京王新線沿線の静かな町。

先日、俺と文鳥を読んでくれている人にたまたま飲み屋であった。
その人は幡ヶ谷に来てまだ2週間。いろんな店で俺ことオレブンがいないか聞いて回ってくれていたとのこと。
なんで2週間目で俺に会ってるかは、どうしてあちこちの店で聞いて回ってるのか未だよくわからないが不思議なことがあるもんだ。

このblogを読んでいてくれている、知り合い以外の人に会うのが初めてだったのでおそらく失望させてしまったと思う。普段の俺は別に文鳥を肩にのせていたりしない、いたって普通の男だからである。

まあ、そんなこともあり数少ない、文鳥好きでなおかつ、幡ヶ谷、笹塚近辺の人へおすすめのお店なんぞを紹介しようと思う。非常に限定された情報であり、世間一般の文鳥好きの皆さんには申し訳ない。

●服
A Moral Code
http://www.ekiten.jp/shop_78654/
⇒俺みたいに、服にあんまり興味がない人間にはほっといてもおしゃれな服しかないので気に入っている。
入りにくいが入ってしまえば問題ない。

●中華
チャイナハウス
http://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13020833/
いついってもおいしい。薬膳中華ならここ。有名だよね。

●バー
ウォーカー
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13113436/
⇒男だったらここ行くでしょ。間違いない。ハードボイルドになった気にさせてくれるいいお店です。

●寿司
紋寿司
http://monzushi.com/
⇒ちょっといいことあったらここで寿司でも。うまいよ。ただタバコ吸うお客さん多いんだよね。

●焼肉
大昌園
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13001063/
⇒なんかおいしい。不思議なお店。

●タイ料理
セラドン
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13004321/
スパイスマーケット
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13057790/
ヤムヤムキッチン
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13122797/
⇒幡ヶ谷のタイ料理は全部おいしい。セラドンが一番高級店。あとは庶民的なり。

ここまで書いたが、おいしいお店がありすぎて書きれないのでこの辺で。また暇を見て第二弾を、、、。いい街だよ。渋谷の西武のペットショップにも近いから文鳥のエサも困らないし。

レイザーラモンRGの幡ヶ谷あるある。熱い!!本物かしら。このあるあるを聞いて、RGのあるあるは本当にちゃんとあるあるなんだなと思った。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

俺と文鳥と「天国に一番近い島」

暑くなってきた。もうすぐ夏が来る。

俺も文鳥も元気である。文鳥はちょっと前まで羽が生え変わる真っ最中でずいぶんイライラしていた。顔中刺だらけになっていたが、今はすっかり前の美人に戻っている。小鳥が羽が生え変わるとき、顔がトゲトゲになることを知らない文鳥を飼ってたないあなた。今すぐ手乗り文鳥を飼うのがいいと思う。

ところで、GWに新婚旅行で「ニューカレドニア」の離島「ウベア島」に行ってきた。かつて映画にもなったエッセイ「天国に一番近い島」の舞台である。

俺は文鳥をこよなく愛す、ハードボイルドな男。バックパックでアフリカを股にかけた男である。ツアー的な、ほかの新婚さんと一緒のバスに乗ってでかけるような、そんなもん楽しめるわけがない。と思っていた自分の偏見を日本刀でぶった切った。

いやいやすごく楽しんだ。成田離婚も懸念していたが、旅行嫌いの嫁も楽しそうで大丈夫であった。

すっかり南の島が好きなった。

文鳥には一泊1,500円の高級ペットホテルに泊まってもらった。

簡単に以下、報告と写真である。まあとにかくきれいだったよ。

Rimg0306
⇒ニューカレドニアにあるウベア島に泊まった。すげーいいとこだ。夜は星がきれいだったが、デジカメでは撮れなかった残念。

Rimg0025
⇒なんかの花なのかな。町のあちこちで落ちているのを見つけた。ケセランパサラン的な?

Rimg0280
⇒猫がかわいかった。

Rimg0264
⇒さらにかわいい猫。南の島は動物ものんびりしている。

Rimg0458
⇒コテージに勝手に入ってきた。

Rimg0456
⇒ベットで勝手に昼寝してた。かわいいな。猫が飼いたくなったよ。文鳥、、、浮気してすまん。

Rimg0481
⇒ウベア島にはニューカレドニアの本島からプロペラ機で向かう。思ったより揺れない。

Cimg5555
⇒ウベア島の女の子。俺と嫁さんにチョコフレークをくれた。いい子である。照れまくってた。

Cimg5566
⇒自転車で砂浜を走った。先が見えない。どこまで白い砂浜が続く。人はいない。

Rimg0360
⇒すげーーいいところだ。なんもない。俺の後ろ姿。ここがウベア島の中心部。

Rimg0029
⇒釣りをしてるおっさん。

ニューカレドニアの本島も結構楽しかったが、やはりウベア島という離島がすばらしかった。また行きたいが、なかなか行く機会ないんだろうなあ。

社会人になってプライベートで海外に行くのは初めてだった。なんでもっと早くいかなかったのかと悔やまれるしだいである。

今回の旅行で、素潜りの楽しさを知った。3mぐらい潜った。本格的にシュノーケリングでもやってみようかと思う。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »