« 俺と文鳥と長野 | Main | 俺と文鳥と『心の旅』 Part1 »

俺と文鳥と夏の旅


俺と文鳥は元気である。

いうほど暑くない。ジムに行ったら、お腹が空いて、食べて太って。人生ってそういうもんだ。

また文鳥の羽が抜けて、その羽が抜けた原因がおそらく彼女の尻尾の後ろ位にあると想定して、何もない虚空に向かって攻撃している。

文鳥は機嫌が悪い。

俺の肩にとまってるときなど、俺の首筋あたりが自分の羽が抜けた原因と勘違いして、すごい勢いで首筋を噛むからたまらない。

祖母がまた入院してしまったので、今年の盆は再び山口に帰ろうと思っているのだが一日だけ早めて、昔、住んでいていた街に行ってみようかと思う。

『なんか?そういうのばっかしてない?』

『自分、、、、とか、、、、、探してる?』

という声が聞こえてくるが、山口県内で引っ越しまくっているのでそれも仕方ないのだ。昨年は山口県の『周南市』の『徳山』という場所に行ったが、今年は同じ山口県でも『山口市』に行ってみようと思っている。県庁所在地でありながら駅がまだ自動改札でないという噂がある町である。

中学3年生から高校3年生まで住んだ町。高校3年、最後の1年間は『末次旅館』という旅館に住むという漫画でありそうな生活をしていた。

どうもネットなどによるとその旅館自体はつぶれてるか、廃業している模様。はたしてどうなっているのか。1泊できればその旅館に泊まれればと思っている。

きっといろいろ当時の事を思い出すだろう。はてはてどうなるか。来週向かうのでblogの更新を乞うご期待。


|

« 俺と文鳥と長野 | Main | 俺と文鳥と『心の旅』 Part1 »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/52409783

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥と夏の旅:

« 俺と文鳥と長野 | Main | 俺と文鳥と『心の旅』 Part1 »