« October 2012 | Main | June 2013 »

俺と文鳥と子供と全身全霊で

俺と文鳥は元気である。

5月も終わりを迎えようとしているが皆はどうだろうか、元気だろうか?
もうすぐ梅雨だ、梅雨だ。

前回に引き続き、子供の事を書こうかと思う。

子供を育てたことのある人だと思い当たるかもしれないが、とにかく笑顔がすごい。
よく居酒屋でおっさん達が「いやー子供の笑顔がかわいくって」なんて言っているのを聞いているかおしれない。、、、があれは大体はあっているのだが、正確には伝えていない。そんなもんじゃない。

うちの義母は「孫なんてまったく興味ない。」と生まれた瞬間は公言してはばからなかったが、今では孫に会う事が人生の最大の楽しみになってしまった。

子供の笑顔は不思議なもんで、「俺の人生で一番、今、この瞬間が楽しくてしかたない!」という笑顔である。これには私や嫁はたまた親族までまいってしまう。

逆に泣いているときもそうで「本当に、俺は今、夕食を手でぐちゃぐちゃにしたかったのにー!!」と全力でくる。

全身全霊、人一人がすべてをささげたときに恐ろしいパワーが生まれる。俺は最近そう思う。

9ヶ月の赤子が、人生のすべてをかけてくる。全身全霊で今を生きているのである。アップルのスティーブン・ジョブズが「明日、死ぬとわかっていてもそれはいまやりたいことか?鏡の自分に問いかける」と言っていたが赤子は自然とそれをやっているということなのだ。

そして俺はいま、子供に全身全霊で向き合っている。相手が何をしたいのか、真剣に考えている。全身全霊でそれを受け止めようとする。しかし受け止めきれるはずもない、相手は命がけなのだ。

命がけでバナナを握りつぶしているのだ。

全身全霊でウンチまみれのオムツを触ろうとするんだ。

おなかをくすぐっただけで世界中の幸せが集まったみたいな笑顔でくるんだ。

俺は、そんな瞬間に立ち会えたことにうれしくなるんだ。

Peace !!

今日の一曲

⇒NHKの「あまちゃん」見ていたら80年代を思い出して仕方ない。角川映画の主題歌はどれもいいんだよね。俺にはこの頃の映画も曲はずいぶん大人のものだと感じたよ。もう、その時の親父よりも年上になっちまったけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俺と文鳥と子供と【価値観変え技】

俺も文鳥も元気である。

もうずいぶんとこのblogってやつを更新していなかったが子育ての忙しさも一段落し、今年の4月から待機児童が多いこの東京で無事保育園に入ることもできた。幸せなことである。

文鳥の事は書きやすい。かわいいことだけを書けばいい。しかし自分の子供となると話は別である。

元々、このblogは文鳥という【かわいい小鳥】を題材にしたものであるから、年齢高めの女子率が高かったので文鳥のことだけでなくたまには子供の事も記していくこととする。

テーマは【オーバーザイクメン ~イクメンの向こうに~】世にはびこるなんちゃってイクメン達の先をいく、新感覚の記事をたまにこのblogに投下していく予定である。

しかし、なかなか共感が湧かず自分の説明べたをうらんでいるのだが。
子供ができるというのは、俺に【価値観変え技】を使ってくると思っている。

人間というものはそうそう価値観が変わるものではない。俺も今年で35歳だが、17歳くらいから趣味嗜好が変わっていないように思う。

どういう【価値観変え技】を使ってくるかというと以下のとおりである。

①子供を見ると、ロードオブザリングのリングを見つけたモンスターみたいに素晴らしさのため悶絶する。

②子供のためなら結構死んでもいいかなと思えるようになる。

③意外と、自分自身(俺)もこういう風に愛情を受けて育ったんじゃないかと思いはじめる。たぶんそうだろう。

④ってことはあんまり気に食わないあいつも、その辺歩いてるやつもそうだったんじゃないか? ←今ここ

まさに今、俺は【価値観変え技】を食らっている最中。この先どうなるのか。まだ俺の息子が来てからまだ9ヶ月だぜ。どうなっちまうんだ俺は。これがいわゆる愛ってやつなのか?愛なのか?まさか、そうなのか?教えてくれよMy MEN。

価値観や人生観がフワフワしている今日この頃である。

歯になにか挟まったような言説になってしまい、このblogのファンの皆さんには申し訳ない。どうにも歯切れが悪いのだ。

文鳥にもかなり、俺自身救われたと思うが。子供はさらに結構やべーかもしんねー。やべーやべー。

皆も元気で!!

Peace !!

●今夜の一曲


⇒ライムスターの「そしてまた歌いだす」こいつは名曲だぜ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | June 2013 »