« June 2013 | Main | August 2013 »

文鳥小説 第二羽 「掃除」


前回までの文鳥小説。

渋谷で拉致された俺は、謎の和服美女に8人の文鳥使いの一人であることを告げられる。そして残りの7人を探して東京を災厄から守る使命を託されたのであった。

------------------------------------------------

俺は家に帰った。俺の文鳥は元気だろうか。心配だね。玄関の扉をあけると、文鳥の鳴き声が聞こえてきた。よかった無事だったわ。

俺は部屋に戻って文鳥のゲージを開けてやった。文鳥が鳴きながらいつもの定位置の扉の上に止まった。文鳥は世間の人が思ってるよりも頭がいい。多分、猫とか犬くらいは頭がいい。うちの文鳥は白文鳥といって真っ白の羽にピンクの嘴。きれいだわ。

しかし文鳥使いといってもな。東京を守れと言われてもな。何から始めればいいのやら検討もつかない。困ったな。ネットとかで調べたらいいのかな?

「オレブンさん、オレブンさん」

一人暮らしの俺の部屋に女性の声がする。どうも文鳥の奴がしゃべっているらしい。

「おい、ブンちゃん。どうして人間の言葉をしゃべるようになった?」

「私が推薦しといだんですよ。オレブンさんを文鳥使いに。そしたら文鳥会議で可決されたらしくて。よかったですね。」

「いいも悪いもないけど。まあうちのブンちゃんのお願いだったら聞かないわけにいかないな。」

「いやあ、私嬉しいです。オレブンさんと人間の言葉で話ができて。いつも餌もう少し早く交換してくれるとうれしいんでが。」

「ごめんね。朝、俺遅いから。」

「お仕事見つからないんですか?」

「不況ってやつだわ。」

そう俺は三ヶ月ほど仕事が見つかっていない。文鳥使いを探してる場合ではないが、探す時間は腐る程ある。

「文鳥は文鳥が仕事です。オレブンさんは、オレブンさんでいることも仕事ですよ」

「ありがとう」

東京で暮らすのにはお金がかかる。わずかな貯金と、文鳥。なにもない。俺は思った。

「まずは、ちょっとゲージが汚れてるから掃除するわ。」

「ありがとう、オレブンさん。」

文鳥は嬉しそう肩の定位置に乗った。俺は風呂場でゲージをこすった。汚れがたまっている。ゴシゴシこする。きれいになる。

東京を救うのは、大きいことだ。だが、まずは目の前の文鳥だ。大事にしている文鳥が話せるようになった。

無職になってからの荒んだ生活。何かを取り戻したかった。

どんな道でも、まずは一歩だ。

「オレブンさん、ほらそこも汚れてますよ」

「わかった、わかった。」

風呂場で洗いもをしていると、中腰のせいで背中が痛んだ。しかしゲージはかつてないほときれいになった。部屋ももともとがらんとしていだか、ちょっと雑巾で水拭きするか。

雑巾をギュッとしぼった。文鳥が「チュンチュン」鳴いた。

続く

| | Comments (7) | TrackBack (0)

俺と文鳥とゲリラ豪雨

俺も文鳥も夏バテである。

先日、虹をみた。虹は見たら、願い事が叶うんだっけ?いやそれは七夕だったような。流れ星だったか。

『うちの子、はじめて虹みるかもな?』と思って、みせようと思ったら寝ていた。

会社の人が『うちにもしも子供がいたら、今まで親に見せてもらったもの全部見せたい』と言っていた。

そういう考えかたもある。

1373504918256.jpg
⇨うちの近所だと、いつもこの辺りに虹が出る気がする。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

俺と文鳥とクリーニング屋


俺と文鳥は相変わらず元気である。

皆さんはいかがお過ごしであろうか。日々の子育ては、波乱と驚き、喜び、そして疲労の連続である。

こうやって、エネルギーを次の世代に渡して人類は生きてきたのである。まだこの街がジャングルだった頃からそうなのである。

俺が勇者だと思ってたら、子供が勇者だったのか。とドラクエ5をやって思ったものだが。堀井雄二さんはその頃から、子供たちにそういうメッセージを送っていたのかもしれぬ。

話は、変わって

家の近所のクリーニング屋の話である。ほとんど、行かないのに俺の名前をフルで覚えている。伝票も見ない。顔を見ただけで、どの服を預けていたか膨大な服の山の中から探し出す。

挙句の果てには、預けていた紙袋でさえ覚えている。年は50歳から60歳くらいの女性なのだが、記憶力が異常である。

先週の土曜日、あまりにも気になって聞いてみた。

『どうやったら、そんなに覚えられるんですか?』

女性は少し照れたような、困ったような顔でこう答えた。

『全部、子供みたいなものだから。』

答えになっていないような、すべてを答えているような。真実は彼女の中にある。

俺はクリーニング屋を後にした。

1373420384519.jpg

⇨だいぶんおばあちゃんのはずだかまた美人になってきたで!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

俺と文鳥と最近

1372607235718.jpg

1372607237182.jpg

年の割には相変わらず元気である。握り文鳥って言葉があるらしい。文鳥握りではない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

俺と文鳥とファイトクラブ

俺と文鳥は元気である。

皆は元気であろうであろうか?梅雨で気圧や気温が変わりやすい、俺は子供の風邪がうつってのどが痛い気をつけよう。

ボクシングジムに通い始めてはや2年。早いものだ。大人になると、時間が過ぎるのが早いからいいね。子育ての合間をぬって週1で通っている。

ようやっと最近、マスボクシングという寸止めで当てないボクシングをやりはじめた。最初の頃は1ラウンドもたないくらいしんどかったが、今日の練習でちょっとうまくいけそうな気がしてきた。2ランウド6分、冷静にプレイできた。

あと、最初の頃は打ち合いの時に何にも周りが見えなかったが、一歩引いてみると相手の動きがすごくよくわかるようになった。不思議。いつもは実戦だとKOされてるくらい、やられるのだけれども今日はなんかうまくいった。うれしい。

不思議なもんで、どんなに腕力鍛えてもいいパンチが打てなかったが下半身を鍛えるようになってからちっとはましなパンチがうてているような気がする。(あくまでも自己満足レベルです)

ボクシングに蹴り技はないと思っていた時代が俺にもありましたが、やはり下半身が重要なよう。下半身は地味だしあんまりおもしろくないんだけど、、、赤子を抱えてスクワットした甲斐があったのかしらん。

映画「ファイトクラブ」でタイラーダーデンが言う。

「今すぐ死ぬとしたら、今までの人生をどう思うんだ?」

仕事や家庭、文鳥やネズミそしてイモリ

守らなければいけないものが多い中、俺は今死んだらどうするんだろうと考える。子供や嫁。仕事。

もっともっとの向上心と現状の足るを知るというのは、プラスやマイナスなんかじゃないじゃないか。それは、、併存そばにいて仲間みたいなもんじゃないかと思う次第です。(うーんハイボールを二杯飲むんじゃなかった。)

俺はうまく立ち回ったり、自分を大きく見せたり、全部自分の手柄にしたり、誰かを蹴落としたり、、、そういうのが苦手なので今は、ひたすらスクワットのように地道にいこうと思うのであった。

運や人や文鳥とのめぐりあわせだけは、俺はいいからな。それだけだから。

SHINGO☆西成「頑張ってれば」

⇒最近、SHINGO☆西成の「ぶれない」というアルバムばっかり聞いてる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »