« 俺と文鳥と父親 | Main | 俺と文鳥と最近 »

俺と文鳥とファイトクラブ

俺と文鳥は元気である。

皆は元気であろうであろうか?梅雨で気圧や気温が変わりやすい、俺は子供の風邪がうつってのどが痛い気をつけよう。

ボクシングジムに通い始めてはや2年。早いものだ。大人になると、時間が過ぎるのが早いからいいね。子育ての合間をぬって週1で通っている。

ようやっと最近、マスボクシングという寸止めで当てないボクシングをやりはじめた。最初の頃は1ラウンドもたないくらいしんどかったが、今日の練習でちょっとうまくいけそうな気がしてきた。2ランウド6分、冷静にプレイできた。

あと、最初の頃は打ち合いの時に何にも周りが見えなかったが、一歩引いてみると相手の動きがすごくよくわかるようになった。不思議。いつもは実戦だとKOされてるくらい、やられるのだけれども今日はなんかうまくいった。うれしい。

不思議なもんで、どんなに腕力鍛えてもいいパンチが打てなかったが下半身を鍛えるようになってからちっとはましなパンチがうてているような気がする。(あくまでも自己満足レベルです)

ボクシングに蹴り技はないと思っていた時代が俺にもありましたが、やはり下半身が重要なよう。下半身は地味だしあんまりおもしろくないんだけど、、、赤子を抱えてスクワットした甲斐があったのかしらん。

映画「ファイトクラブ」でタイラーダーデンが言う。

「今すぐ死ぬとしたら、今までの人生をどう思うんだ?」

仕事や家庭、文鳥やネズミそしてイモリ

守らなければいけないものが多い中、俺は今死んだらどうするんだろうと考える。子供や嫁。仕事。

もっともっとの向上心と現状の足るを知るというのは、プラスやマイナスなんかじゃないじゃないか。それは、、併存そばにいて仲間みたいなもんじゃないかと思う次第です。(うーんハイボールを二杯飲むんじゃなかった。)

俺はうまく立ち回ったり、自分を大きく見せたり、全部自分の手柄にしたり、誰かを蹴落としたり、、、そういうのが苦手なので今は、ひたすらスクワットのように地道にいこうと思うのであった。

運や人や文鳥とのめぐりあわせだけは、俺はいいからな。それだけだから。

SHINGO☆西成「頑張ってれば」

⇒最近、SHINGO☆西成の「ぶれない」というアルバムばっかり聞いてる。

|

« 俺と文鳥と父親 | Main | 俺と文鳥と最近 »

★ 1:エッセイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14890/57700207

Listed below are links to weblogs that reference 俺と文鳥とファイトクラブ:

« 俺と文鳥と父親 | Main | 俺と文鳥と最近 »