« May 19, 2013 - May 25, 2013 | Main | June 9, 2013 - June 15, 2013 »

俺と文鳥と子供と全身全霊で

俺と文鳥は元気である。

5月も終わりを迎えようとしているが皆はどうだろうか、元気だろうか?
もうすぐ梅雨だ、梅雨だ。

前回に引き続き、子供の事を書こうかと思う。

子供を育てたことのある人だと思い当たるかもしれないが、とにかく笑顔がすごい。
よく居酒屋でおっさん達が「いやー子供の笑顔がかわいくって」なんて言っているのを聞いているかおしれない。、、、があれは大体はあっているのだが、正確には伝えていない。そんなもんじゃない。

うちの義母は「孫なんてまったく興味ない。」と生まれた瞬間は公言してはばからなかったが、今では孫に会う事が人生の最大の楽しみになってしまった。

子供の笑顔は不思議なもんで、「俺の人生で一番、今、この瞬間が楽しくてしかたない!」という笑顔である。これには私や嫁はたまた親族までまいってしまう。

逆に泣いているときもそうで「本当に、俺は今、夕食を手でぐちゃぐちゃにしたかったのにー!!」と全力でくる。

全身全霊、人一人がすべてをささげたときに恐ろしいパワーが生まれる。俺は最近そう思う。

9ヶ月の赤子が、人生のすべてをかけてくる。全身全霊で今を生きているのである。アップルのスティーブン・ジョブズが「明日、死ぬとわかっていてもそれはいまやりたいことか?鏡の自分に問いかける」と言っていたが赤子は自然とそれをやっているということなのだ。

そして俺はいま、子供に全身全霊で向き合っている。相手が何をしたいのか、真剣に考えている。全身全霊でそれを受け止めようとする。しかし受け止めきれるはずもない、相手は命がけなのだ。

命がけでバナナを握りつぶしているのだ。

全身全霊でウンチまみれのオムツを触ろうとするんだ。

おなかをくすぐっただけで世界中の幸せが集まったみたいな笑顔でくるんだ。

俺は、そんな瞬間に立ち会えたことにうれしくなるんだ。

Peace !!

今日の一曲

⇒NHKの「あまちゃん」見ていたら80年代を思い出して仕方ない。角川映画の主題歌はどれもいいんだよね。俺にはこの頃の映画も曲はずいぶん大人のものだと感じたよ。もう、その時の親父よりも年上になっちまったけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 19, 2013 - May 25, 2013 | Main | June 9, 2013 - June 15, 2013 »