文鳥小説 第二羽 「掃除」


前回までの文鳥小説。

渋谷で拉致された俺は、謎の和服美女に8人の文鳥使いの一人であることを告げられる。そして残りの7人を探して東京を災厄から守る使命を託されたのであった。

------------------------------------------------

俺は家に帰った。俺の文鳥は元気だろうか。心配だね。玄関の扉をあけると、文鳥の鳴き声が聞こえてきた。よかった無事だったわ。

俺は部屋に戻って文鳥のゲージを開けてやった。文鳥が鳴きながらいつもの定位置の扉の上に止まった。文鳥は世間の人が思ってるよりも頭がいい。多分、猫とか犬くらいは頭がいい。うちの文鳥は白文鳥といって真っ白の羽にピンクの嘴。きれいだわ。

しかし文鳥使いといってもな。東京を守れと言われてもな。何から始めればいいのやら検討もつかない。困ったな。ネットとかで調べたらいいのかな?

「オレブンさん、オレブンさん」

一人暮らしの俺の部屋に女性の声がする。どうも文鳥の奴がしゃべっているらしい。

「おい、ブンちゃん。どうして人間の言葉をしゃべるようになった?」

「私が推薦しといだんですよ。オレブンさんを文鳥使いに。そしたら文鳥会議で可決されたらしくて。よかったですね。」

「いいも悪いもないけど。まあうちのブンちゃんのお願いだったら聞かないわけにいかないな。」

「いやあ、私嬉しいです。オレブンさんと人間の言葉で話ができて。いつも餌もう少し早く交換してくれるとうれしいんでが。」

「ごめんね。朝、俺遅いから。」

「お仕事見つからないんですか?」

「不況ってやつだわ。」

そう俺は三ヶ月ほど仕事が見つかっていない。文鳥使いを探してる場合ではないが、探す時間は腐る程ある。

「文鳥は文鳥が仕事です。オレブンさんは、オレブンさんでいることも仕事ですよ」

「ありがとう」

東京で暮らすのにはお金がかかる。わずかな貯金と、文鳥。なにもない。俺は思った。

「まずは、ちょっとゲージが汚れてるから掃除するわ。」

「ありがとう、オレブンさん。」

文鳥は嬉しそう肩の定位置に乗った。俺は風呂場でゲージをこすった。汚れがたまっている。ゴシゴシこする。きれいになる。

東京を救うのは、大きいことだ。だが、まずは目の前の文鳥だ。大事にしている文鳥が話せるようになった。

無職になってからの荒んだ生活。何かを取り戻したかった。

どんな道でも、まずは一歩だ。

「オレブンさん、ほらそこも汚れてますよ」

「わかった、わかった。」

風呂場で洗いもをしていると、中腰のせいで背中が痛んだ。しかしゲージはかつてないほときれいになった。部屋ももともとがらんとしていだか、ちょっと雑巾で水拭きするか。

雑巾をギュッとしぼった。文鳥が「チュンチュン」鳴いた。

続く

| | Comments (6) | TrackBack (0)

文鳥小説 第一羽 「東京」

渋谷を歩いていた俺は突然、BMWに拉致られて、どこかの豪邸に連れて行かれた。額には固くて冷たいものが当てられてた。なんだろね。目隠しされてた。

急に目の前が開けた。でかい日本家屋だった。広い和室に黒服が10名。マンガみたいだね。中心に美人の真っ白の和服の女性が座っている。美人は俺にこういった。

「始まります、、、、、災厄が。何かが」

「何ゆえ?」

俺は美人に尋ねる。まだ若い。俺が32だから10くらい若いよね。20前後?多分。

「東京に危機が迫っています。それを防げるのは8人の文鳥使いだけ。あなたはその人たちを見つけなければいけない。あなたは文鳥使いの一人なのだから。」

「俺は文鳥好きだし、確かに文鳥blogを書いてましたが、最近は更新もあんまりしてねーっす。文鳥がカメラ嫌がるんで。」

「オレブンさん。あなたの事を調べました。32歳にしていまだ文鳥を愛する心を忘れない。それは大事な事。小さな鳥達の思いがあなたにかかっています。江戸に幕府が開かれるもっと前からこの地は小鳥達の思いによって守られてました。いまはその役目を人間も協力しているのです。それが文鳥使いです」

美人は必死に訴えてくる。真面目な人なんだろうなきっと。若いのに苦労してんだろうなきっと。

「突然だし、急だけど、俺あんたみたい美人に頼まれては仕方ないやりましょう。でも俺は文鳥使いとかじゃねーですよ。そもそもそれなんですか。」

「文鳥使いとは、文鳥に愛されて10年以上たった人間が文鳥たちから選ばれるのです。文鳥使いになれば文鳥がいろいろあなたを助けてくれます。」

「そうですか。俺は前の彼女に振られて文鳥を飼い始めてから文鳥に助けられっぱなしですが、確かにもう10年くらい経ちますね。選ばれたってのは光栄なことです。さて、その他の7人はどこに?」

「一人は下北沢。もう一人は練馬の江古田にいると占いで出ています。ただそれだけしか私には分かりません。」

「あなたみたいな金もってそうな人だったらすぐに分かりそうなもんだけどね。ようござんしょ。俺はやりますよ。残りの文鳥使いを見つけて、この東京を守ります」

困ってる人がいたら助ける。それが俺が死んだ祖父、生きている父からいつも言われてきたこと。なんかあったらすぐ俺に言え。大好きなラッパーもそう言っている。




俺は渋谷の松涛あたりの公園で下ろされた。自宅のある幡ヶ谷まで歩いて帰った。東京に迫る危機?謎の白い和服の美女?東京を守るってどういうこと?すべては謎に包まれている。

文鳥。。。。

そういや、うちの文鳥は大丈夫だろうか?変な感じになってたらイヤだな。俺は家に走った。夜は大分更けていた。月が不気味に光っていた。

---------------------------------

俺ブンです。文鳥も俺も元気です。急に小説が書きたくなったので書きました。全部フィクションです。今日から始まった新シリーズです。また書くかもしれねっす。


| | Comments (6) | TrackBack (0)